イタリアの職人の方に何年もかけて作られた
逸品中の逸品。
半田は一切使わずに作られた機関車。
購入価格は?千万円とか…。
それにしても、徹底した作り込みにはただただ脱帽である。