ylr.cocolog-nifty.com > 線路の敷設

八木軽便鉄道の裏庭線の線路の敷設方法について説明します。
乗用鉄道模型の場合、安定した走行を確保し、メンテナンスを少なくするためには、コンクリートを打った道床の上に、線路をボルトで固定する方法がもっとも一般的である。
ただ、これだと個人鉄道ではあまりにも工事が大がかり過ぎますし、のちのち線路配置を容易に変更することも困難です。
そこで、当社としては、ブロックで路盤を作り、その上に砕石を敷く道床としました。
但し、豪雪地帯のように地盤が凍結したりするような地域では、もっと本格的に施工が必要です。