« 八木軽便鉄道・社長室の設置のご挨拶 | トップページ | Gゲージ線復活か…!? »

2005年3月13日 (日)

新京成鉄道模型館で大はしゃぎ!

DSCF0030今日は、家族で新京成電鉄の鉄道模型館に行ってきた。
新京成電鉄の上本郷駅2階にある鉄道模型館は、
16番ゲージとNゲージのパノラマレイアウトがあって、
時間貸しで運転を愉しむことができるので、
近隣の子どもたちや鉄道模型ファンの大人の人気の的になっているところである。

さほど広いスペースではなく、パノラマレイアウト以外には、
新京成関係の車輌の展示と鉄道シミュレーターくらいしかないところであるが、
息子たちは大はしゃぎであった。
正喜は、電車でGOの鉄道シミュレーターを見つけると、
家内にねだって早速スタート。
正直言って、私はゲームと名のつくものは、
大学時代の頃に流行っていたゼビウス以来、やっていないので、
よく使い方もわからず、いきなり選択を間違えて上級編でスタートしてしまった。
そんなわけで、最初の駅に着いたところでゲームオーバーとなってしまった(泣・笑)。
一方、正美は、きかんしゃトーマスのオブジェを見つけると、
大きな声で「おーちゃん、トーマスだよ」と歓声をあげて喜んでいた。

その後、2人とも16番ゲージとNゲージのパノラマレイアウトを興奮しながらずっと見ていた。
正美は、16番ゲージの蒸気機関車を見て大喜びだったが、
すぐに走らなくなってしまったので、ずっといつ走るのかなーとぶつぶつ言っていた。
また、正喜が新幹線を見て、「つばさ」だと言えば、
正美は、通勤電車を見ては「おとうさんの電車だ」(そういう歌がある)と言いながら、
目の前を行き交う鉄道模型に魅入っていた。
正直言って、最近の電車はさっぱりわからないので、
2人に聞かれたどうしようと内心冷や冷やしていたのである(笑)。
そして、最後に10分間、Nゲージの新幹線100系を
2人で交互に運転したのでした。

家内は、「こんな狭いところじゃすぐに飽きちゃうだろうね」と言っていたが、
約1時間半の時間はあっという間に過ぎ去り、
正喜も、正美も「また来ようね」と大満足であった。
私的には、正美が喜んでいた以上に、
正喜がかなりはまっていたので実に頼もしく思えたのであった。

|

« 八木軽便鉄道・社長室の設置のご挨拶 | トップページ | Gゲージ線復活か…!? »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/3351228

この記事へのトラックバック一覧です: 新京成鉄道模型館で大はしゃぎ!:

« 八木軽便鉄道・社長室の設置のご挨拶 | トップページ | Gゲージ線復活か…!? »