« ヤゴ発見 | トップページ | 「けいべん」と「けいびん」・その2 »

2005年8月 4日 (木)

「けいべん」と「けいびん」・その1

yagi-hptop

当社の社名にもついている
「軽便鉄道」の「軽便」はどう読むのか?
私自身も、幼い頃は、
「けいびんてつどう」と迷うことなく読んでいた。
ところが、その後、「けいびん」ではなく、
一般的には「けいべん」と読むことをかなり大きくなってから知った。

でも、最近さらに詳しく調べてみると、
地域(地方)や社名によって、
呼び方が違うらしいこともわかってきた。
以下は、「軽便鉄道」を「けいびんてつどう」と読む
具体的な事例をネットで調べた結果である。

私は鉄道の専門家でもないし、
当社は、明治に定められた
「軽便鉄道法」(すでに廃止)に基づいた鉄道でもないし、
当社は、下手の横好きで
鉄道模型とガーデニングを始めた社主が、
経営?する庭園鉄道であり、
あくまでも実在しない架空鉄道である。
そんなわけで、どちらで呼んでいただいてもいいことにしている。

ただ、社主自身としては、
幼い頃から「けいびん」と呼んでいたし、
新婚旅行も沖縄だったし、
「クイズ100人に聞きました」ではないが、
私の知人であまり鉄道に関心のない方のほとんどは「けいびん」と読むので、
「けいびん」の方が愛称としては親しみがあっていいかなって思う(笑)。

【「軽便鉄道」を「けいびんてつどう」と読む具体的な事例】
1.沖縄県営鉄道(軽便鉄道)
加田芳英著「図説・沖縄の鉄道〈改訂版〉」の書籍をはじめ、多くのホームページに県民から「けーびん」・「けいびん」の愛称で親しまれたという記載がある。

2.宮沢賢治著「銀河鉄道の夜」
宮沢賢治著の「銀河鉄道の夜」の「第六章”銀河ステーション”」の一節に「軽便鉄道」という言葉が出てくる。著者・宮沢賢治氏自身が、どう読んだかは定かではないが、以下のホームページの漢字クイズでは、この一節の「軽便鉄道」を「けいびんてつどう」と読むと解説している。他のホームページでも、「けいびんてつどう」と読ませている。

賢治の見た夢~銀河鉄道の夜~
http://contest2002.thinkquest.jp/tqj2002/50133/

漢字クイズ「第六章”銀河ステーション”」の「軽便鉄道」
http://contest2002.thinkquest.jp/tqj2002/50133/k/kanji-6.htm

3.宮崎駿作「天空の城ラピュタ」
原作者の宮崎駿氏自身が、どう呼んでいるのか定かではないが、以下のホームページに、「天空の城ラピュタ」に出てくる機関車の軌道を、「けいびんてつどう」と読ませている。

究め!天空の城ラピュタ(スタジオジブリ,宮崎駿)グッズ,イラスト,用語集,素材集など
http://page.freett.com/laputa/

天空の城ラピュタ用語集
http://page.freett.com/laputa/jiten-index.html

4.欠伸軽便鉄道
森博嗣氏が経営する架空鉄道会社「欠伸軽便鉄道」は自身が幼き頃からそう呼んでいたことから社名の呼び名は「あくびけいびんてつどう」としている。

ミニチュア庭園鉄道(浮遊工作室機関車製作部)
http://www.ne.jp/asahi/beat/non/loco/loco00.html

5.熊本軽便鉄道
熊本市の公式ホームページのキッズページの中の「熊本市のあゆみ」の中に、「熊本軽便鉄道」は「けいびん」とふりがながふられている。

熊本市キッズページ 子ども部屋
http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/Content/web/kids/default.asp

熊本市のあゆみ
http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/Content/web/kids/ayumi/ayumi2.htm

6.町営の軽便鉄道(けいびんてつどう)「岩井軌道」(鳥取県)
「とっとり県政だより」2005(平成17年)7月号(第543号)「とっとり歴史散歩 岩美町周辺」の一節に、 「大正十一年には岩美駅と岩井温泉駅を結ぶ町営の軽便鉄道(けいびんてつどう)「岩井軌道」が開通し、最盛期を迎えました。」という記述があり、軽便鉄道のふりがなを「けいびんてつどう」としている。

とりネット/鳥取県公式ホームページ
http://www.pref.tottori.jp/

とっとり県政だより(2005-07)10-12
http://www.pref.tottori.jp/kouhou/dayori/2005-07/10.htm

7.川上軌道(佐賀軌道)
佐賀市の学校図書館(こども)の「佐賀市の情報(その他)」に「大正元年(1912)川上軌道(きどう)が佐賀駅から大和町の川上まで軽便(けいびん)機関車を走らせました。この会社は大正8年合ぺい、名前を佐賀軌道株式会社としました。」という記述があり、「軽便鉄道」のふりがなを「けいびんてつどう」としている。

さがしのがっこうとしょかん(こども)
http://lmc.city.saga.saga.jp/index.html

さがしのがっこうとしょかん(こども):佐賀市の情報(その他)
http://lmc.city.saga.saga.jp/kids/joho_sonota_01.html

8.加太軽便鉄道と浜松軽便鉄道
南海電鉄加太線(和歌山県)の前身・加太軽便鉄道と遠州鉄道(静岡県)の前身・浜松軽便鉄道を公式にどう読んでいたかは定かではないが、以下のホームページの会社名検索では「かだけいびんてつどう」としている。

日本鉄道切符公園
http://www2.ttcn.ne.jp/~kittup/

日本鉄道切符公園/50音順鉄道会社名索引
http://www2.ttcn.ne.jp/~kittup/sakuin.htm

|

« ヤゴ発見 | トップページ | 「けいべん」と「けいびん」・その2 »

ガーデニング」カテゴリの記事

八木軽便鉄道倶楽部」カテゴリの記事

庭園鉄道」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

5インチゲージ」カテゴリの記事

Gゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/5303225

この記事へのトラックバック一覧です: 「けいべん」と「けいびん」・その1:

« ヤゴ発見 | トップページ | 「けいべん」と「けいびん」・その2 »