« 秋の夜長のトロッコ工作 | トップページ | 十月桜の一番花が開花 »

2005年10月22日 (土)

線路を占拠するヒメツルソバ

himeturusoba01

裏庭線の線路脇に
こぼれ種のヒメツルソバが、
線路を占拠するほど大きく育ち、
桃色の可愛らしい
金平糖のような花をつけ出した。
(「線路脇の悩み」の記事参照)

ヒメツルソバ(ポリゴナム)は、
インド北部からヒマラヤにかけて自生している
タデ科イヌダテ属の常緑多年草だそうだ。
明治の中頃にロックガーデン用に導入されたそうで、
暖地の海岸に生えるツルソバに似て小型だから、
ヒメツルソバと名づけられたそうだ。

丈夫で花期(5月~1月)が長く、
ツルで地面をしっかりと覆ってくれるので、
雑草抑制や景観向上に役立つ
グランドカバープランツとしての利用に向いているが、
その繁殖力の強さから一部野生化しているようである。
(我が家の庭でも雑草のように増えている。)

さて、このヒメツルソバをどうするか?
ヒメツルソバは、
花の少ない晩秋から初冬にかけて
花を咲かせてくれるとても重宝な花である。
でも、このままでは列車の運行に支障をきたしてしまうので、
近々移植しようと思う。

でも、どこに移植したものか…!?
鉄道経営?とガーデニングの共生はなかなか難しいが、
それがまた庭園鉄道の楽しみでもあるのかな…!?

|

« 秋の夜長のトロッコ工作 | トップページ | 十月桜の一番花が開花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

庭園鉄道」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

5インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

我がエルランド同様最近運休が続いているようですね。
我がエルランドの線路は完全に錆び付いております。

投稿: こだま | 2005年10月22日 (土) 午前 05時38分

こだま様
線路が使えないだけでなく、
週末は雨が続きましたし、
運転士も不在が多かったですから…。
とりあえず、この土日で移植するつもりではいるのですが…。

投稿: どてかぼちゃ | 2005年10月22日 (土) 午前 06時42分

おはようございます。
ヒメツルソバいいですねぇ。
本当の線路の雑草(失礼?)みたいです。
我が家のベランダ鉄道も竜の髭というものをたくさん植えて(というよりそのまま並べて)みたのですが、あっけなくドライフラワーになってしまいました。
地面がたくさんある鉄道会社さんはうらやましいです。

投稿: LUN | 2005年10月22日 (土) 午前 07時39分

LUN様
おはようございます。
ベランダは植物にとっては厳しい環境であることに間違いはないですが、
樹種を選べば、結構いろいろな草木が楽しめます。
ベランダは乾燥しやすいので、
グランドカバーには比較的乾燥に耐える多肉植物の
メキシコマンネングサや
日本の自生種のオノマンネングサなんかがいいのではないでしょうか。
いろいろと試行錯誤するのも
ベランダ庭園鉄道の醍醐味と考えて
諦めずにぜひ再挑戦してみて下さい。

投稿: どてかぼちゃ | 2005年10月22日 (土) 午前 09時03分

おはようございます。
ヒメツルソバは可憐な花を咲かせて、おとなしそうに見えますが、石ころだらけの路線にも広がる頑強な植物なのですね。鉄路の維持管理と花の観賞の両立をどのようにして解決するか。いいテーマですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2005年10月22日 (土) 午前 09時59分

こんばんわ!
ヒメツルソバてホントに繁殖力旺盛ですね。
どんどん蔓延って線路を占拠される前に少し引っ越ししていただきましょう~。
お花屋さんで、えぇこんなに高いの??と思ったりしますが・・・・
うちの傍の善福寺川に護岸を覆い尽くすように垂れ下がっていますよ。

投稿: のらぼん | 2005年10月23日 (日) 午前 12時11分

ぴょんぴょん様
おはようございます。
こぼれ種というのはなかなかこちらの
都合通りのところにははえてくれないものですね。
日陰にも強い植物なので、
引っ越してもらうつもりです。

投稿: どてかぼちゃ | 2005年10月23日 (日) 午前 04時59分

のらぼん様
我が家の近所でもこの時期よく見かけますが、
グランドカバー用として小さなポット苗が
200円弱くらいで売っていますね。
その株だけみると、いくつも買わないという感じになりますが、
繁殖力を考えると、1株で十分って感じですね。
でも、花の感じはかわいらしくて好きですが…。

投稿: どてかぼちゃ | 2005年10月23日 (日) 午前 05時03分

トラックバックとコメントありがとうございました。
いいなあ>庭園鉄道。
そういえば私も通り道の駐車場のコンクリートがはがれて土が出てるところから思いっきり繁っているヒメツルソバが気になったのが、こいつを植えるきっかけでした。
確かに秋から冬にいっぱい花を咲かせてくれるんですよね。

投稿: GreenThumb | 2005年10月29日 (土) 午前 12時53分

GreenThumb様
おはようございます。
こちらこそコメント&TBありがとうございます。
庭園鉄道と言っても滅多に運行はしていないのですが、
好きな花を眺めながら運転できるのがいいですね。
さしずめ現代版回遊式庭園ってところでしょうか…!?(笑)
今後ともご乗車の程、よろしくお願い申し上げます。

投稿: どてかぼちゃ | 2005年10月29日 (土) 午前 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/6509964

この記事へのトラックバック一覧です: 線路を占拠するヒメツルソバ:

» その後のヒメツルソバ(Polygonum capitatum) [花とか・ぶろぐ]
小さなポットに2鉢分だけ植えたヒメツルソバ(ポリゴナム)だが、すっかりもっこりも [続きを読む]

受信: 2005年10月29日 (土) 午前 12時48分

» 駐車場の花畑 ( 不明 ) [花とか・ぶろぐ]
通り道の駐車場に何かまーるい花がいっぱい。かなりの繁殖力で、隅っこのコンクリート [続きを読む]

受信: 2005年10月29日 (土) 午前 12時51分

« 秋の夜長のトロッコ工作 | トップページ | 十月桜の一番花が開花 »