« 初雪草(ユーホルビア)のタネ | トップページ | 色とりどりのホットリップス(宿根サルビア) »

2005年10月19日 (水)

オマケにつられて…

omake1

omake2グリコのおまけで育った私は、
昔からオマケに弱い。

いつもペットボトルのお茶は、
サントリーの「伊右衛門」を買うことが多いのだが、
伊右衛門の隣に並んでいた、
コカコーラの「爽健美茶」に
ディズニーキャラクターが
汽車列車に乗っているオマケ(リズムトレイン)が
ついているではないか…。

ちなみに、ウォルト・ディズニー・カンパニーの
創始者であるウォルト・ディズニーは
大の鉄道好きで自宅にミニ鉄道を敷いていたそうだ。
このことがのちのディズニーランド建設につながったとか…。

「爽健美茶」は少々癖があるので
あまり飲んだことがないのだが、
コカコーラの思惑通り、
ついついオマケにつられて買ってしまった(笑)。
当然のことながら、オマケは息子たちにとられてしまったが…(笑)。

|

« 初雪草(ユーホルビア)のタネ | トップページ | 色とりどりのホットリップス(宿根サルビア) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

やはりこういうときは「大人買い(まとめ買い)」をする派ですか?
人によっては「大人が食玩系の商品を購入するとき、1個ずつ買うのは恥ずかしいから、まとめ買いをする」と言う方もいるようです。
ちなみに、私は「大人買い」をするほどお金もないので、1個ずつ買ってちょっとずつ楽しむ派です(笑)。

投稿: ゆかろん | 2005年10月20日 (木) 午前 03時12分

ディズニーを焚き付けたのは社内の、ワードキンボール氏(今英語綴りが出ない)のはずです。
キンボール氏は実物機関車などを個人で動態保存してました。
ディズニーはそれに感化されて、自宅の庭に大規模なライブスチーム線路を敷きました。

ディズニーランド、行ったことがありませんが、平均的日本の常識以上に鉄道が主役なのは知ってます。
それは米国の歴史授業で、国家発展史と鉄道が表裏一体だったとシツコク教えられていることと関係するものと思います。
日本のようにお奉行様が完成品セットで英国から購入したのでなく、自国独自の技術として開発し、それを使って国土も開発したものですから、誇り高いもなのでしよう。

投稿: 鈴木 | 2005年10月20日 (木) 午前 04時35分

ゆかろん様
コメントありがとうございます。
この場合は、本当におまけって感じですし、
本体のお茶自体を複数個買う必要があったので、
いわゆる大人買いでした。
私としては、トロッコ部分だけで十分だったので、
上に乗っている人形をすべて揃えようという思いはありませんでした…。

鈴木様
コメントありがとうございます。
聞いた話ですが、
ウォルトディズニーが経営に行き詰まっていた時に、
鉄道に魅せられてその気持ちが随分癒されたそうですね。
そして、その思いが興じてディズニーランドが出来たそうですね。
ですから、アメリカの本家のディズニーランドは、
かなり鉄道関係のアトラクションが多いそうですね。
(当然、行ったことはありませんが…)

投稿: どてかぼちゃ | 2005年10月20日 (木) 午前 04時59分

1960年頃隔週でデズニー社のTV(白黒TV)が、1時間放映されてたんですが、その中でディズニーの鉄道趣味特集がありました。
デ氏はお金持ちですから、線路も機関車も人を雇って作らせてました。
デズニーが出演して「線路も大分出来てたので、作業中の人の目を盗んでちょっと遊んでみましょう。」
と、フラットカーを線路に置き、その上に腹這いになるや、足で地面を蹴ると、ぐんぐん加速してカーブを走って行く映像がありました。

うらやましかったです。

投稿: 鈴木光太郎 | 2005年10月20日 (木) 午後 01時35分

鈴木光太郎様
トロッコ遊びってさぞかし楽しいだろうなって思います。
本当にうらやましい限りです。

投稿: どてかぼちゃ | 2005年10月20日 (木) 午後 07時26分

どてかぼちゃ様
1970年代にロスに寄ったとき
ディズニーランドに行きました
もう既にいい大人(30~歳)で
アトラクションに乗るなんてとても
と格好つけてましたが場内を
多分一周してたトロッコ列車には
しっかり乗りました

鈴木様
小生も今でも鮮明にディズニーの
あのシーンをおぼえております
我が路線にもかすかに直線部分があり
腹這い走行はとても無理ですが
ウンチングスタイルで無理やり
トムもどきに乗り込み
楽しんでおります!

投稿: 釜爺 | 2005年10月21日 (金) 午前 06時25分

調べたら、1960年1月のTMSミキストに載ってました。NTV(東京で4チャンネル)、1959年末放映のようなので、私が見たのはその1年後の再放送になります。
デズニーの庭園鉄道は1/8縮尺だそうです。

投稿: 鈴木光太郎 | 2005年10月21日 (金) 午後 01時15分

鈴木様
すごい調査能力ですね!
図書館かどかかにお勤めでしょうか
小生等は昨日の昼飯がなんだったか
なかなか思い出せない事が
良くあるのですが・・・

でも30数年前のTVワンシーンが
鮮明に出てきたり勝手なものです

1/8縮尺で線路のゲージは
5インチだったのでしょうか

投稿: 釜爺 | 2005年10月21日 (金) 午後 01時55分

ゥオット、40年前ですね。30年前ならカラーTVで見てるはずですから。

勤めはしがない水商売ですが、最近はサボリ気味です。
デズニーのゲージに関しての記載は見つかりませんでした。
5"(127mm)とかに詳しくないんですが、米国での5"優位確立以前には4.75"(120mm)なんかもかなりあったんじゃないでしょうか?
1970年前後のロスアンゼルスライブ公園には4.75"の機関車も走ってますし。
それとも4.75"と5"は線路共用出来るのかな?

投稿: 鈴木光太郎 | 2005年10月21日 (金) 午後 02時34分

一応こんなのが見つかりました。
デズニーの模型とアニメーター(と言っても私の知る時代では大変なお爺さん)ワードキンボール氏に関して若干の記載(英文のみ)
http://www.disneypix.com/MagicKingdom/MainStreet/2004c/RogerEBroggie.htm

下記の模型は、7.25"ゲージですねぇ。
http://www.burnsland.com/sdra/cprr.html

投稿: 鈴木光太郎 | 2005年10月21日 (金) 午後 02時48分

連投申し訳ないっす。
米国で老舗のロスアンゼルスライブクラブなんかは、今でも4.75"を採用していることが、下記の公式HPで確認出来ました。
http://www.lals.org/railroad.html#_track
「scale」の項目に書いてあります。

投稿: 鈴木光太郎 | 2005年10月21日 (金) 午後 09時21分

釜爺様
本場のディズニーランドは、知人の行った話を聞いても、
鉄道遊びという観点でもなかなか楽しめるアトラクションが多いようですね。
私は、仕事で浦安のディズニーランドに行ったことしかありません(最後が10年前か…!?)が、
肝心の協三工業製の蒸気機関車には乗ったことがありません。

投稿: どてかぼちゃ | 2005年10月22日 (土) 午前 02時00分

鈴木光太郎様
>それとも4.75"と5"は線路共用出来るのかな?

アメリカは縮尺の関係だと思うのですが、
5インチサイズでは、5インチではなく、4.75インチが主流のようです。
当然のことながら、線路は共用出来ません。

投稿: どてかぼちゃ | 2005年10月22日 (土) 午前 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/6467887

この記事へのトラックバック一覧です: オマケにつられて…:

« 初雪草(ユーホルビア)のタネ | トップページ | 色とりどりのホットリップス(宿根サルビア) »