« 紅白の南天 | トップページ | 庭園鉄道のあるお花屋さん »

2005年12月17日 (土)

所変わればマンリョウも…

manryou01

正月を目前にして、
マンリョウの実が真っ赤に色づいている。
(ややくすんだ赤だが…)

万両(マンリョウ)と言えば、
十両(ヤブコウジ)、百両(カラタチバナ)、千両と並んで、
日本では縁起のいい植物である。

でも、とし爺様の「とし爺さんの花便り」の
マンリョウ(日本に福を、米国には害を持ち込む植物)」という記事によると、
アメリカでは「除去すべき外来有害植物」に指定されていると言うことである。

確かに、葉の上の方に実をつける千両に対して、
万両は葉の下に実をつけるので、
鳥に食べられにくいから
周囲にびっしりはびこってしまうのかもしれない。
もっともこのお陰で、
日本では、マンリョウの実を夏でも楽しめるわけだが…。

まさに、「所変われば品変わる」である。
古今東西、かつての園芸植物が
増えすぎて雑草化してしまうことはよくあることだが、
生態系の保護とガーデニングのバランスをとっていくことは、
実に難しい問題だと思う。

|

« 紅白の南天 | トップページ | 庭園鉄道のあるお花屋さん »

ガーデニング」カテゴリの記事

庭園鉄道」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

万両増えますねぇ~
始めから植えてないのですが、鳥の落し物?からか、いっぱい増えてしまいました。
千両は、あったのですが、それほど増えません。
同じような赤い実でも、発芽率(とでもいうのかな?)違うんですネ
アメリカでは「除去すべき外来有害植物」・・・なんですか!
アメリカからきた「除去すべき外来有害植物」もいっぱいありますものネ
所変われば・・・ですネ

投稿: orenge | 2005年12月19日 (月) 午前 01時25分

おはようございます。
私もマンリョウがアメリカでは外来有害植物となっているとは知りませんでした。
皆々様のブログは、本当に勉強になりますね。

投稿: どてかぼちゃ | 2005年12月19日 (月) 午前 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/7658150

この記事へのトラックバック一覧です: 所変わればマンリョウも…:

« 紅白の南天 | トップページ | 庭園鉄道のあるお花屋さん »