« 初めての山登り~筑波山登山~ | トップページ | 筑波山で見かけた春の花々 »

2006年5月 4日 (木)

筑波山の二輪草(にりんそう)

Nirinsou01

昨日、筑波山に親子で行ってきた
登山道には、様々な花々が咲いていた。
中でも見事だった(ちょうど見頃だった)のは、
二輪草(にりんそう)が群生して咲いていた所である。

Nirinsou02

二輪草は、平地から丘陵地の
明るい林の中に生える多年草である。
名前の由来は、
1本の花茎に2個の花がつくことであるが、
実際は1~4個の花をつけたものもよくあるそうだ。
キンポウゲ科としては珍しく、
若葉は山菜として利用される。
しかし、葉の形が猛毒のトリカブトに似ているので、
山菜採り素人は要注意の山菜のようだ。
(見比べると随分違うが…。)

Nirinsou03

息子たちと山登りの途中だったので、
じっくり眺める間もなく、
数枚の写真を撮って先を急いだのであった(泣)。
それにしても、本当に見事な二輪草の群生であった。

Nirinsou04

|

« 初めての山登り~筑波山登山~ | トップページ | 筑波山で見かけた春の花々 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/9905884

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山の二輪草(にりんそう):

« 初めての山登り~筑波山登山~ | トップページ | 筑波山で見かけた春の花々 »