« 趣味こそ最高の良薬!
JAM第7回国際鉄道模型コンベンションを満喫!
| トップページ | JAMコンベンション2006で見つけた気になる製品 »

2006年8月13日 (日)

大阪で見かけた鉄道ライクなもの

Osaka01

仕事柄、京都・奈良にはよく行っているが、
お恥ずかしい話、大阪に行くのは今回が初めてである。
それこそ、大阪と梅田が近いとは聞いていたが、
すぐ隣というかほぼ同じ場所だというのも初めて実感できた(笑)。

大阪の人は歩くのがとても速いし、
エスカレーターも早歩きで行く人がほとんどだと聞いていたので、
朝のラッシュ時にボヤボヤしていたらどやされると思っていた。
でも、実際に、朝のラッシュ時に大阪・梅田あたりから電車に乗ったが、
エスカレーターの立ち止まる側が左右逆なことを除けば、
むしろ東京の方がはるかにせせこましく、混雑も殺人的だと思った。
(東京のラッシュのピーク時は両足が浮いていても立っていられるくらいだし…。)

普段、私は撮り鉄(鉄道写真を撮ること)はあまりしないが、
旅先で鉄道ライクなものをみつけるとついついカメラを向けてしまうものである。
とは言っても、一口に「スポーツが好きだ。」と言っても、
「野球は好きだが、サッカーはどうも…。」というように、
鉄道趣味にも様々なジャンルがある。
私自身は、「ナローゲージ(軽便鉄道・産業軌道等)」、「庭園鉄道」、「大型鉄道模型」が好きだが、
このジャンルをスポーツに例えるならば、
オリンピックやワールドカップで華々しく紹介されるスポーツと言うよりは、
むしろ、地味でテレビや新聞にもほとんど取り上げられないジャンルである。
そんなわけで、今回の大阪旅行でも、何枚か鉄道ライクな写真を撮ったが、
私自身、撮った写真の詳しいこと(形式など)はほとんどわからないのが現実である。

トップの写真は、大阪環状線の写真である。
東京圏に住んでいる者にとっては、
なんで京浜東北線と中央線が一緒に並んでいるの?って感じである(笑)。

Osaka02

同じく大阪環状線の写真である。
大阪環状線は山手線と比べると一回り小さい感じで、
塗色が中央線と同じということもあるが、
車窓からみる景色は山手線沿線というよりは、
中央線のやや郊外って感じある。

Osaka03

大阪城公園内で見つけた蒸気機関車の動輪である。
シャッターの落書きは何処も同じって感じである。

Osaka04

同じく大阪城公園内で走っていたロードトレインである。
これは線路の上を走る鉄道ではなく、道路の上を走る自動車だが、
今回撮った鉄道ライクな写真の中で私の好きなジャンルに一番近い写真かも…(笑)。

Osaka05

関西と言えば、旧国鉄(JR)というよりは私鉄である。
中でも「阪急電鉄」は人気が高いと思うが、
私は不勉強のためにみんな同じ色の電車にしか見えず、
形式などの違いはわからない(阪急電鉄ファンの皆様、すみません。)。

Osaka06

Osaka07

Osaka08

Osaka09

大阪で乗った地下鉄たち。
東京圏同様、相互乗り入れしているようで、
バラエティに富んだ電車が走っていた。
(これまた形式などはわからないが…。)

Osaka10

東京で言えば、「ゆりかもめ」のような電車で、
線路の上を走るというよりは、道路の上を走るって感じで、
全車両自動運転である。
もっとも「ゆりかもめ」と違って、
自動運転ながら結構高速で走っていた。
(もっとも駅付近の加減速は見習い運転士並って感じかな!?)

Osaka11

こちらは完全なトラックだが、
積み荷がJRのコンテナだったので
ついついシャッターを切ってしまった(笑)。

Osaka12

最後は行きつけの旅行業者の斡旋でたまたま泊まった大阪梅田ホテル。
縁は異なもの味なもので、「紀州鉄道」が経営するホテルであった(笑)。
中は普通のビジネスホテルだが、
「紀州鉄道」が描かれたワインや缶ビールが売っていた(笑)。

本当に駆け足の大阪旅行だったし、
大半は、コンベンション会場にいたので、
今度は家族と一緒に大阪の町をゆっくり堪能したいものである。
(息子たちと一緒ではゆっくり堪能できないが…・笑)


|

« 趣味こそ最高の良薬!
JAM第7回国際鉄道模型コンベンションを満喫!
| トップページ | JAMコンベンション2006で見つけた気になる製品 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/11423280

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で見かけた鉄道ライクなもの:

« 趣味こそ最高の良薬!
JAM第7回国際鉄道模型コンベンションを満喫!
| トップページ | JAMコンベンション2006で見つけた気になる製品 »