« 薮蘭(ヤブラン)の開花 | トップページ | 元気はつらつのバーベナ・テネラの仲間たち »

2006年8月27日 (日)

ミニ鉄道は情操(洗脳?)教育の一環!?
川口グリーンセンターを満喫

Kawaguchi01

夏休み最後の日曜日。
昨日はどこに行くかで一悶着。
正美は汽車に乗りたい、正喜はアスレチック。
結局、お互いの希望を兼ねるべく、
今日は、埼玉県の川口グリーンセンター
家族で出かけることに…。

Kawaguchi02

川口市と言えば、
江戸時代から鋳物とともに
植木の町として有名なところである。
川口グリーンセンターに行くまでにも
何軒も園芸店が軒を連ねていた。
(ちょっと立ち寄りたい所だが、今日はお預けということで…。)

Kawaguchi03

川口グリーンセンターは、
自然林と新たに植栽した草木を組み合わせた
植物園のような公園である。
そして、その園内の東側に、
全長600mの5インチゲージのミニ鉄道や
展望滑り台やアスレチック風の遊具がある
わんぱく広場が併設されているのである。

Kawaguchi04

正喜も正美もわんぱく広場に着くや否や大喜び。
正喜と正美は、
わんぱく広場にある展望滑り台をはじめ
数々の遊具とミニ鉄道に乗って遊んだのである。
(ミニ鉄道と動物の遊具以外は全て無料)
ちなみに、ミニ鉄道の運賃は1人210円だが、
130円お買い得な3枚綴りの回数券がある所が
かゆいところに手が届くって感じである。

Kawaguchi05

ミニ鉄道の線路配置はリバースになっていて、
始発駅の梅ヶ丘駅から
わんぱく広場をほぼ1周して、
終着駅の山百合峠駅まで運客運転が行われ、
そのあとは回送列車扱いで、
梅ヶ丘駅に戻って、
機関車は転車台で方向転換して
再び出発する感じである。
途中には、トンネル、鉄橋、2つの通過駅など
とても変化のある景色をゆったりと走る
ミニ鉄道はなかなか乗り甲斐のあるものであった。

Kawaguchi06

ミニ鉄道は、はじめ電動の新幹線とD51の運行であったが、
途中から小川精機のライブスチーム「マウンテン」が運客に入ったので、
正喜と正美はわざわざ新幹線を見送ってライブスチームを満喫したのであった。
(最近のミニ鉄道では蒸気機関車の煙が敬遠されがちのようだが、
少なくとも今日の川口グリーンセンターでは、
新幹線よりも蒸気機関車の方が人気が高かった感じである。)
結局、ミニ鉄道に正喜は4回、正美は3回乗ったのであった。
いやー、これが他の有料遊具であったらとんだ散財という所だが、
ミニ鉄道乗車は、情操(洗脳?)教育の一環であるから、
立派な先行投資である(笑)。

Kawaguchi07

そんなわけで、正喜と正美もミニ鉄道に大満足。
正美は「蒸気機関車が欲しいね。」
なんてうれしいことを言ってくれるし、
行く前は「汽車は嫌だ」と言っていた正喜が、
ミニ鉄道に一番乗ってくれたことは実にうれしい限りである。
そして、帰りの車の中で息子たちは、
「蒸気機関車の煙の香りはいいねー。」と語り合っていた。
その言葉に家内はただただ苦笑するばかりであった。
それにしても、今日はとても有意義な一日であったし、
当社の有煙化に向けてとても大きな前進(援護射撃)かも…(笑)。

Kawaguchi08

|

« 薮蘭(ヤブラン)の開花 | トップページ | 元気はつらつのバーベナ・テネラの仲間たち »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいところですねー。
ちょっと行ってみたいと思っちゃいました。
正喜くん・正美くんの面倒を見るので、今度行くとき誘って下さい(笑)。

投稿: ゆかろん | 2006年8月28日 (月) 午前 12時27分

「煙の香りがいい」なんて涙が出るね。
新幹線よりも蒸気のほうが人気があるなんてすばらしい。川口の皆さんはなんていい人ばかりなんでしょう。
有料とあって設備は充実していて、安全面も考えてあるのでしょうね。これぞまさしく優良なレイアウトでしょう。
久々にいい話を聞き(読み)ました

投稿: Send a tack me | 2006年8月28日 (月) 午前 04時28分

ゆかろん様
おはようございます。
花好きな方や小さい子の子守り場所にはいいところだと思いますよ。
何でしたら、レンタルしましょうか?
もれなく大変がついてきますよ(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2006年8月28日 (月) 午前 06時23分

Send a tack me様
おはようございます。
新幹線が2編成、電動蒸気機関車が1編成(途中からライブスチームに変更)の常時3編成で運用されていましたが、
明らかに昨日は蒸気機関車の方に人気が集中していました。
「わー、本物だー。」と小さい子たちが歓声をあげていましたし、お父さんたちも大満足って感じでした。
もっともお母さんたちは煙たがっていましたが…(笑)。
完全なリバース運転なので、必ず1周したら蒸気機関車は方向転換が必要になりますが、
きちんとした整備された路盤でしたし、
まわりの景色とうまくマッチしていてなかなか楽しめるレイアウトでした。

投稿: どてかぼちゃ | 2006年8月28日 (月) 午前 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/11632141

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ鉄道は情操(洗脳?)教育の一環!?
川口グリーンセンターを満喫
:

« 薮蘭(ヤブラン)の開花 | トップページ | 元気はつらつのバーベナ・テネラの仲間たち »