« 鉄分なしの
家族旅行のはずだったが…!?
| トップページ | 朝日新聞にミニ鉄道紹介記事
15インチゲージの
櫻谷軽便鉄道と明野軽便鉄道 »

2007年8月19日 (日)

誰のための自由研究…!?
成田ゆめ牧場のまきば線で
蒸気機関車を堪能!

Makiba01

羅須地人鉄道協会が協力する形で、
「本物のSL 蒸気機関車で自由研究」が
成田ゆめ牧場のまきば線で行われ、
親子で参加してきました。

Makiba02

このイベントでは、
「蒸気機関車がどうして動くのか?」という
小学生や幼稚園児(保育園児)にとっては、
かなり難しいことを、
羅須地人鉄道協会の方々が
クイズやビデオなどをまじえて、
実にわかりやすく講義をしてくれました。
そして、最後には、
羅須地人鉄道協会が大切に動態保存されている
蒸気機関車の3号機でまきば線を2周する
体験乗車で終了しました。
ちなみに、体験乗車した3号機は、
小さいながらもバス並みの重さがあるそうで、
息子たちもびっくりしていました。

Makiba03

息子たちは、この自由研究のあと、
ヤギや羊にエサをあげたり、
釣りをしたり、芝ソリをしたり、
スプリンクラーで水遊びなどをして、
成田ゆめ牧場で丸一日楽しんだのですが、
息子たちに感想を聞いてみたら、
「蒸気機関車が一番つまらなかった」
と言っていました(私への当てつけ)。
でも、講義の時も体験乗車の時も
常に一番前に陣取って
一番盛り上がっていたことは
確かなのですが…(笑)。
まー、当然のことながら、
一番盛り上がっていたのは私で、
運転室についている各種計器やハンドルを見ながら、
当たり前のことですが、
当社のサファイアとほとんど同じだなーなんて
妙に親近感を感じた次第です(笑)。

Makiba04

というわけで、誰のための自由研究だったのか?
と問われると、?印ですが、
一番盛り下がっていたのが
家内であったことは言うまでもありません(笑)。
何はともあれ、昨日は、蒸気機関車の魅力を
大いに堪能させてもらったのでした。

Makiba05

それこそ、このイベントのために、
羅須地人鉄道協会の方々は、
当日も暑い中、早朝6時前から準備をして下さり、
本当にありがとうございました。

羅須地人鉄道協会
(らすちじんてつどうきょうかい)関連サイト

So-net blog羅須地人鉄道協会まきば線にようこそ
(公式ホームページ)
http://blog.so-net.ne.jp/rass-rail/

RASSまきば線ぎゃらりぃ
http://www5f.biglobe.ne.jp/~makibalg/index.htm

羅須地人鉄道協会掲示板
http://i-bbs.sijex.net/imageBoard.jsp?id=rassrail

みのむしつうしん
http://www11.plala.or.jp/mikai2113/
(2004年4月~)
http://www.geocities.jp/mikai2113/
(~2004年3月)

|

« 鉄分なしの
家族旅行のはずだったが…!?
| トップページ | 朝日新聞にミニ鉄道紹介記事
15インチゲージの
櫻谷軽便鉄道と明野軽便鉄道 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

よかったですね~。
ぼくも一番行ってみたいところです。
模型のような本物(でよかったのかな?)を見ながら模型を考える、最高ですね。

投稿: おおきにくに | 2007年8月20日 (月) 午前 06時28分

まきば線のマフポッター号が牽引する車輌には、一昨年のJAMコンベンションの際に乗車しましたが、楽しいですね。成田ゆめ牧場もオフ会場候補の一つにしておけば宜しいかと?

ご内儀は一番盛り下がってらしたとのことですが、拙宅よりは遥かに素晴らしい状況です。家内は、私の鉄道楽には絶対に同行してくれませんから。それでも「てトロ」にだけは多少興味があるようですが。

投稿: 松本哲堂@風雅松本亭 | 2007年8月20日 (月) 午前 07時29分

まきば線 小生も一度は行って見たいところです 牧場製造の乳製品が好きで以前からその存在は知っていましたがなかなか訪れる機会がありません

各社主さまとも御内儀の動向にはご苦労なさってる様子 幸いに当社は非常に協力的!有煙化もやってみればと言ってくれるのですが先立つ物の無い悲しさ・・・
 

投稿: 釜爺 | 2007年8月20日 (月) 午前 09時46分

おおきにくに様
こんにちは。
ナローゲージ好きな者にとっては、
最高の楽園ですね。
無造作に置かれた感じの
いろいろな実機が製作意欲を
沸き立たせてくれます。

投稿: どてかぼちゃ | 2007年8月20日 (月) 午前 11時29分

松本哲堂@風雅松本亭様
こんにちは。
松本様のところは、
ご子息がしっかりと鉄分を引き継がれているところが頼もしいですね。
当社の息子たちは、いずれ非鉄系に進むのではないかと思います(泣・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2007年8月20日 (月) 午前 11時31分

釜爺様
こんにちは。
有煙化にご理解のある奥様とは
うらやましい限りです。
なかなか遠方から出かけるには、
不便なところですが、
ナローファンには必見の場所だと思います。

投稿: どてかぼちゃ | 2007年8月20日 (月) 午前 11時34分

どてかぼちゃさま
羅須地人さんたち関連サイトの紹介、ありがとうございました。凄い活動!本物はやっぱりちがいますね~。

投稿: おおきにくに | 2007年8月21日 (火) 午前 05時16分

おおきにくに様
おはようございます。
産業文化遺産を動態保存していくことは
とても大変なことだと思います。
以前、NHKでダージリン・ヒマラヤ鉄道について紹介していましたが、
整備に必要なすべての部品は、
鉄道会社で全て自作しているということでした。
また、赤字部分については、世界中のファンからの寄付などでまかなわれているということでした。
その点において、羅須地人鉄道協会の活動には、
好きとかいうレベルを超越したものがあると思います。

投稿: どてかぼちゃ | 2007年8月21日 (火) 午前 05時56分

これだけヤードが立派だと、ちょっと侮れませんね。線路好きとしては行ってみたくなりました。

コメントを書くときの名前とかの情報が消えてしまっていたみたいです。今度はちゃんと登録しなおしました。たぶん大丈夫でしょう(笑)失礼しました。

投稿: LUN | 2007年8月21日 (火) 午後 08時20分

LUN様
おはようございます。
草むした感じの線路は、
廃線跡好きの方やナローファンには
たまらない魅力だと思います。
9月29日・30日にも
蒸気機関車の運転が予定されているようです。

投稿: どてかぼちゃ | 2007年8月22日 (水) 午前 06時02分

成田ゆめ牧場かあ~いいですね!
なかなか行くチャンスがなさそうなので、すごく残念だけど、まきば線というのがあったんですね。
いろんなものが楽しめて、息子さんたちも嬉しかったことと思います!

投稿: minigarden | 2007年8月23日 (木) 午前 09時32分

minigarden様
おはようございます。
ご無沙汰しております。
少しずつ社会復帰?しているところです(笑)。
ガーデニング的に成田ゆめ牧場を見た場合、
まきば線の中には、夏はひまわり、秋はコスモスといった花々が植えられます。
また、ひまわり迷路なんてのが夏場はあります。
今年は、酷暑のためか、ひまわりの花も今ひとつ元気がありませんでした。
小さいお子さんには、
いろいろと楽しめていいのではないかと思います。
ちなみに、当社の庭園鉄道も酷暑の影響は深刻で、
葉焼けしてしまったり、枯れてしまったりと
惨憺たる状況です(泣)。

投稿: どてかぼちゃ | 2007年8月24日 (金) 午前 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/16174628

この記事へのトラックバック一覧です: 誰のための自由研究…!?
成田ゆめ牧場のまきば線で
蒸気機関車を堪能!
:

« 鉄分なしの
家族旅行のはずだったが…!?
| トップページ | 朝日新聞にミニ鉄道紹介記事
15インチゲージの
櫻谷軽便鉄道と明野軽便鉄道 »