« 月刊とれいんで
「乗る鉄入門」連載中の
道楽ぼーずの新製品紹介
「二軸車両用軸箱」
| トップページ | 誰のための自由研究…!?
成田ゆめ牧場のまきば線で
蒸気機関車を堪能! »

2007年8月18日 (土)

鉄分なしの
家族旅行のはずだったが…!?

Kamogawa01

墓参を兼ねて、千葉県の南端・館山と鴨川に
家族旅行に行って来た。
初日は、墓参のあと、鴨川の海に行ったが、
折しも津波警報が出ていたので、
旅館のプールで遊び、
そのあと海に出て貝拾いをした。
(津波警報は昼過ぎに解除)

2日目は、息子たちが行きたがっていた
鴨川シーワールドに行った。
私にとって鴨川シーワールドは?十年ぶりである。
おそらく、中学校の遠足以来かな…!?
当たり前だが、その当時の印象からすると、
随分小綺麗になっていてビックリであった(失礼)。

Kamogawa02

息子たちは、イルカやシャチ、アシカ、白イルカ
そして、セイウチイルカのショーを楽しんだ。
シャチのショーでは、 ビックリスコールという
夏限定の特別イベントが行われていた。
要するに、シャチがビックリスコールゾーンに
座っている観客に
水しぶきを浴びせるというものである。
正喜はこのイベントに大喜び、
一番前に陣取ってビショビショになったことは言うまでもない。
それにしても、シャチのパワー恐るべしである。

Kamogawa03

ショーを一通り見た後は、
きれいにレイアウトされた
水槽を見て回ったのだが、
息子たちは、スタンプラリーに夢中で、
特に正美なんかは、ほとんど魚なんか見ないで、
スタンプを押すことに生き甲斐を感じていたのであった。
高い入園料を払っているというのに…(泣・笑)。

Kamogawa04

ところで、今回は、鉄分なしの
家族旅行のはずだったが、
最後の最後でトーマスのミニ鉄道に
乗ったのであった。
正喜が乗った方のゲージは10インチくらいだと思う。
一方、正美の乗った方は、
わずか数メートルの往復であった。
いずれも1回200円であったが、
息子たちは、タダの当社庭園鉄道には
あまり興味を示さないが、
お金を払って乗るミニ鉄道は
ありがたいようである(泣・笑)。

Kamogawa05

|

« 月刊とれいんで
「乗る鉄入門」連載中の
道楽ぼーずの新製品紹介
「二軸車両用軸箱」
| トップページ | 誰のための自由研究…!?
成田ゆめ牧場のまきば線で
蒸気機関車を堪能! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

>タダの当社庭園鉄道にはあまり興味を示さないが、
 御社のご令息でもそうなのでしょうか?親の苦労はわからないものですね。
「タダ」には間違いないでしょうけど投資額を回収する訳にもいきませんし。

投稿: おおきにくに | 2007年8月20日 (月) 午前 06時39分

おおきにくに様
こんにちは。
まー、息子たちにしてみれば、
父親の趣味に無理矢理付き合わされているわけですから、
なかなか素直に楽しいとは言えないところでしょうね。

投稿: どてかぼちゃ | 2007年8月20日 (月) 午前 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/16174564

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄分なしの
家族旅行のはずだったが…!?
:

« 月刊とれいんで
「乗る鉄入門」連載中の
道楽ぼーずの新製品紹介
「二軸車両用軸箱」
| トップページ | 誰のための自由研究…!?
成田ゆめ牧場のまきば線で
蒸気機関車を堪能! »