« 今年は灼熱地獄の屋外展示場!
八木軽便鉄道倶楽部が
第10回国際鉄道模型コンベンションに出展決定!
| トップページ | 大きな葛籠の中身は…!?
□□インチの○○○○は凄すぎ!!
みたちおもしろ機械工房
修行(見学?)の旅第二弾! »

2009年6月17日 (水)

初試乗!
15インチゲージ・てトロ381形!
みたちおもしろ機械工房の
修行(見学?)の旅は凄すぎ!!

Tetoro01
信号機三兄弟のてトロ381形と127形

群馬県桐生市と言えば、
全国的にその筋の方々にとっては、
大型乗用鉄道模型の産地として有名だが…!?
(世間一般の方々にとっては、
奈良時代から京都・西陣と並ぶ絹織物の産地だが…)
えっ、知らないの?
みたちおもしろ機械工房」の秘密工場のある所なんだけど…。
それこそ、当社も遊ばせていただいているてトロ127形
岡本憲之氏の「せんろ商会」とコラボで設計・開発された会社で、
5インチゲージの動力台車や
ポイントなどを製造・販売されている会社である。
そして、最近では、密かに15インチゲージ製品の
設計・開発を手がけられているのである。

Tetoro02
ミミ糸ワインダー「MWM-62」

実は、「みたちおもしろ機械工房」とは、
三立応用化工株式会社の新規事業開拓室
として立ち上げられたものである。
そもそも三立応用化工株式会社は、
1961年(昭和36年)創業で、
当時使われ始めた工業用プラスチックの用途開発を目的に、
絹織物の産地にふさわしい繊維機械部品の
プラスチック化を先頭に立って推し進めた会社だそうだ。
ちなみに、本社は群馬県伊勢崎市にあって、
そちらの工場では、
主にプラスチック応用製品、
金型・治具の設計・開発・製造が行われているそうだ。
一方、桐生の工場では、
機械製品の設計・開発・製造が行われていて、
主に、糸作り・織物準備機の設計・製造と
新規事業開発室として
「みたちおもしろ機械工房」があって、
大型乗用鉄道模型の設計・製造が行われているのである。

Tetoro03
桐生工場内の特別展示室に並ぶ
5インチゲージ製品

前置きが長くなったが、
大型乗用鉄道模型&庭園鉄道を、
「みたちおもしろ機械工房」の製品で
遊ばせていただいている者として、
以前から「みたちおもしろ機械工房」で
大型乗用鉄道模型の厳しい修行(見学?)をしたいと
お願いしていた所、
このたび、岡本憲之氏のせんろ商会の仲介で、
その夢が昨日の午後、実現したというわけだ。

約束の午後1時にお伺いすると、
すでに工場の庭には、
なにやらあやしいものが並べられていた。
そうすでに「みたちおもしろ機械工房」のブログ
みたちおもしろ機械工房・奮闘記」で、
その一部が紹介されている15インチゲージの
開発途上の試作品群がズラリと並べてあったのである。
(まだ写真が公開できなくてすみません)
いやー、感動!!!涙・涙・涙である。
と書きながらも、まだ開発途上の試作品であるので、
その全容について公開するわけにはいかないが、
今日は、その感動の概要について
ちょこっとご報告したいと思う。

Tetoro04
鉄パイプの簡易軌框

昨日、お披露目していただいたのは、
すでに昨日、「みたちおもしろ機械工房」で初公開された
てトロ127形の15インチゲージ版とも言える
てトロ381形
現物合わせは基本です」の同僚の○○氏から
ヒントをいただいた鉄パイプを使った
15インチゲージの簡易軌框、
それから6キロレールを半径2mに曲げた軌框(まだ未完)、
そして、謎の巨体である。

Tetoro05
ついにお披露目!
「15インチゲージ・てトロ381形」

というわけで、今日は、
すでにお披露目されたてトロ381形に、
栄光の初試乗をさせていただいたので、
このてトロ381形に関して、
レポートしたいと思う。
なお、今回の試乗は、
まだ開発途上の簡易軌框上のもので、
その距離も直線1.5mが2本と
半径2mのS字カーブ1本で構成された
わずか数mだけの
短い試験線での結果であることを予め記しておく。
また、今後、より長い試験線が出来次第、
各種実験が行い、改良を加えていく予定だそうだ。

Tetoro07
てトロの原点・5インチ版
「てトロ127形」試作第1号機

ズバリ、てトロ381形を試乗しての感想である。
それこそ、てトロ127形で半径2mを
スムーズに通過させるには、
レールの内側に固形石鹸の石鹸をこすりつけたり、
呉工業の556を吹きかけたりして、
レールとの摩擦抵抗を小さくしないと、
小さい子が運転するのにはきつかったが、
15インチ版のてトロ381形は、
半径2mのしかもS字カーブを
ほんとにただ手で回す程度の軽い力で
実にスーイスイとスムーズに動いてくれたのである。
しかも、15インチゲージでありながら、
さすがに5インチ版のてトロ127形よりは重いものの、
両手なら大人一人で楽々持ち上げられる重さなのである。
正直言って、5インチ版のてトロ127形は、
大人が乗って運転するには、
ゲージ幅が狭いこともあって、
結構窮屈であったし、
人前で大人が堂々と運転するには
やや引け目を感じるものであった。
しかし、15インチ版のてトロ381形は、
実にゆったりしているし、
ゲージ幅が広いということで安定感もあって、
サドルも大人の高さに合わせて
多少高くしても大丈夫という感じだった。
(試してはみなかったが…。)
それこそ、5インチゲージと15インチゲージの
複線を作ったり、三線式の軌框にしたりして
子どもはてトロ127形、大人はてトロ381形に乗って、
親子で競走なんていうのも
さぞかし楽しいだろうと思った次第である。

逆に、ゲージ幅が広いことが災いして
てトロ381形では、
足を置く位置と車輪の位置が重なる自体が発生していた。
なので、試作機では当初は
5インチ版同様、鉄の丸棒をステップとしたのだが、
それだと車輪に巻き込む事故が起こる可能性のあるので、
昔のクラシックカーのタイヤカバーのような
カバーをつけてみたそうだ。
これはコストアップにはなりそうだが、
安全性はバッチリという感じであった。
(手前味噌だが、これ私のアイデア・誰でも考えますね・笑)

Tetoro06
足回りにカバーがついた「てトロ381形」

色については、今回、きかんしゃトーマスの
ジェームスの赤タイプ
(消防自動車や郵便車の色とも言えるが…・笑)と
東急電鉄世田谷線(玉電)の緑タイプの
2種類が先行試作された。
てトロ127形の黄色と並べれば、
信号機三兄弟の揃い踏みである(笑)。
個人的には、緑色は好きだし、
赤なんかは女の子に人気が出そうな感じである。
いずれにしても、15インチ版のてトロ381形は、
5インチ版のてトロ127形とは
そのゲージ幅の広さと色の違いもあって、
実にかわいらしいルックスに仕上がったという印象である。

Tetoro08
有名な作家によるデザインのキリン帽子?
てトロ127形本体よりも高いかも…!?

そんなこんなであっという間に時が過ぎ、
修行(見学?)終了時刻となった。
そして、帰りがけに、みたちさんの方から、
「小さい葛籠と大きい葛籠の2つを、
ぜひモニターとして持ち帰って下さい。」
と言われ、これまたびっくりである。
当然、正直者のおじいさん?としては、
「はい、小さい葛籠も大きい葛籠も貸して下さい。」
とお願いしたのである(笑)。
小さい葛籠は一人でも軽く持ち上がったが、
大きい葛籠はとても一人では運べない重さであったので、
二人で車に積んでいただいた。
でも、小さい葛籠も大きい葛籠も
私のワゴン車に積めてしまうのである。
いやー、これまたびっくりである。
さて、この小さい葛籠と
大きい葛籠の中身は何なのか…!?
ズバリ!小さい葛籠は、
赤のてトロ381形である。
そして、大きい葛籠は…!?
うーん、これも書きたいところだが、
これはもうちょっとお待ちを…。

Tetoro09
車に楽々納まる「てトロ127形」

何はともあれ、本当に楽しすぎる一時であった。
いやー、15インチゲージ凄すぎである。
せんろ商会の岡本憲之様、
それから、みたちおもしろ機械工房の社長様をはじめ、
社員の皆々様、昨日は貴重なお時間を頂戴し、
しかも、とんでもなく大きな葛籠までお貸し下さり、
本当にありがとうございました(涙)。
ちなみに、帰り道は、
15インチゲージの凄さにふさわしい、
もの凄い雷雨の中、無事帰宅したのである。
本当に15インチゲージ凄すぎである(涙・涙・涙)。
それにしても、充実の15インチゲージ修行(見学?)であった。

【お願い】
15インチゲージ「てトロ381形」は
まだ開発途上の試作品であり、
製品化されるかどうかも含めてまだ未定なものです。
また、「てトロ381形」に関しての問い合わせは、
「せんろ商会」の岡本憲之氏にお願いします。
(「みたちおもしろ機械工房」は
開発・製造メーカーですので、
「みたちおもしろ機械工房」への
問い合わせはくれぐれもご遠慮下さい。)

三立応用化工株式会社(本社)
http://www2.wind.ne.jp/mitachi/

みたちおもしろ機械工房
http://www.sunfield.ne.jp/~mitachi2/

みたちおもしろ機械工房・奮闘記(ブログ)
http://saba.tea-nifty.com/omoshiro/

せんろ商会(岡本憲之氏)
http://senro.na.coocan.jp/

|

« 今年は灼熱地獄の屋外展示場!
八木軽便鉄道倶楽部が
第10回国際鉄道模型コンベンションに出展決定!
| トップページ | 大きな葛籠の中身は…!?
□□インチの○○○○は凄すぎ!!
みたちおもしろ機械工房
修行(見学?)の旅第二弾! »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

小さい葛籠 大きな葛籠
開けたら…パンドラの箱だったりして
大きな混沌があふれてしまうような…でも、その混沌が喜びなら…味わってみたいものです。

こちらも青い鳥でも探しに旅立とうかと思います。なんのこっちゃ。

大きな葛籠…もしかして…。

投稿: 同僚の○○ | 2009年6月17日 (水) 午後 09時24分

社主様

出張お疲れ様でした。
うーんと、
鉄道模型と無縁の私にはいったいなんのことやら…。
ただ私は乗り鉄派なので、面白そうなものをもらってきたのかなーぐらいなことはわかります(笑)。
ただ、その手のワクチンはしっかり持っているので、やってみようという気は起きませんが…coldsweats01

投稿: ゆかろん | 2009年6月17日 (水) 午後 09時44分

同僚の○○様
パンドラの箱、開けちゃいました(笑)。
どんな箱にするか?
うーん悩みますね。
でも、それが楽しみなんですけど…(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年6月18日 (木) 午後 11時08分

ゆかろん様
確かに、ゆかろん様の乗り鉄はすごいですね。
私は、現役のJRや大手私鉄はさっぱりわかりませんし…。
新線ができていることを知らずにびっくりなんてこともありますから…(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年6月18日 (木) 午後 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/45365549

この記事へのトラックバック一覧です: 初試乗!
15インチゲージ・てトロ381形!
みたちおもしろ機械工房の
修行(見学?)の旅は凄すぎ!!
:

« 今年は灼熱地獄の屋外展示場!
八木軽便鉄道倶楽部が
第10回国際鉄道模型コンベンションに出展決定!
| トップページ | 大きな葛籠の中身は…!?
□□インチの○○○○は凄すぎ!!
みたちおもしろ機械工房
修行(見学?)の旅第二弾! »