« 15インチゲージ版
てトロ381形、恐るべし!
推定半径1.5mの急曲線を通過!
| トップページ | 表庭進出への大きな布石!
渡り板風四線式軌框敷設で
既得権益獲得か…!? »

2009年7月 9日 (木)

15インチゲージの
足尾のフォードも登場か…!?
足尾歴史館ガソリンカー祭の
お知らせ

Photo

せんろ商会の岡本憲之氏
(NPO足尾歴史館・足尾駅博物館準備室)から、
「足尾歴史館ガソリンカー祭」が
8月8日(土)・9日(日)に
開催されるというお知らせをいただいた。
実は、先頃、「足尾のフォード」として有名な
「ガソリンカー」が見事に復元されたであるが、
このお祭りでは、その「ガソリンカー」
がお披露目されるのである。
その他、詳細については、以下の告知の通りである。

15inch01

話変わって、当社がモニターとしてお預かりしている
せんろ商会みたちおもしろ機械工房の開発・製造の
15インチゲージ動力台車の試作機であるが、
実は、この試作機は、もう1輌あって、
それは、みたちおもしろ機械工房にあるのである。
7月7日付の「みたちおもしろ機械工房奮闘記」の
Sブ長の工作予告 踏切警報機はまだ完成してないのに…
の記事によると、
なっ、なんとこの動力車が、
8月「足尾歴史館ガソリンカー祭」の会場で、
15インチゲージ版ガソリンカーとして
登場するらしいのである。

足尾のガソリンカーと言えば、
あのかわいらしいボンネットが
チャームポイントだが、
私のような技量のない者にとっては、
この形の見ただけで、
「こりゃ作れそうもない(泣)」
となるわけだが、
そこは、プロの職人集団のなせる技である。
果たして、どんなガソリンカーとなって登場するのか、
ある意味、主役の復元ガソリンカーよりも
興味があるかも…。
(すみません、こんな失礼なことを言って…)
でも、同じ動力台車を
お借りしている者としては、
実に楽しみな企画だし、
どんな風に形になっていくのか
実に楽しみである。

15inch02

なーんて他人事のように
言っている場合じゃないんですよねー(汗)。
当社としてもお借りした動力台車の
上回りをどうするかを決めなくてはいけないし、
上回りをできれば、
JAMの第10回国際鉄道模型コンベンション
で展示できたら…と考えている(できるの?・汗)。
でも、なんせ当社技術陣の
貧脳と不器用な技術力から生まれる上回りなので、
たかがしれているわけだし、
みたちおもしろ機械工房のガソリンカーの
足元にも及ばないことは明らかである。
まー、所詮、当社としては、
15インチキ鉄道らしく、
身の丈にあった上回りを考え作るつもりである。
(ホントにできるのか…!?・汗)
でも、こうやって宣言することで
自分を追い込んでいかないと
いつまでも進まないので…(笑)。
まー、例によって、
企画倒れになる可能性も大だが、
みたちおもしろ機械工房の皆々様を
見習って頑張ってみようと思う。

みたちおもしろ機械工房の皆々様、
完成を楽しみにしております。
また、できれば私も
足尾歴史館ガソリンカー祭に行きたい所だが、
その頃は、国際鉄道模型コンベンションの準備で
てんてこ舞いかも…(泣・笑)。

15inch03
【写真】わたらせ渓谷鐵道
トロッコ列車「わたらせ渓谷号」の始発駅・大間々駅

「足尾歴史館ガソリンカー祭」開催のお知らせ

NPO法人 足尾歴史館

大正の末期…
足尾銅山工作課では
アメリカ・フォード社製自動車の
エンジンを利用して、
自力で機関車を作り上げました。
銅山の資材や生活物資の
運搬用トロッコや小さな客車の牽引に、
馬に代わって登場したガソリン機関車は、
「ガソリンカー」とか「定時」とも呼ばれ、
足尾の風物詩として親しまれました。
町中を走る姿は、昭和28年に
トラックやバスに代わって廃止となりましたが、
今でも懐かしい思い出として語られています。

その当時のままの「ガソリンカー」が、
精密に復元され、いよいよ足尾歴史館内野外展示場の
「足尾ガソリン軌道・歴史館線」に登場します!!

【開催場所】
足尾歴史館

【開催日】
平成21年8月8日(土曜日)・9日(日曜日)の2日間

【開催時間】
10:00~16:00

【開催予定内容】
●ガソリンカー復元記念式典8月8日(土曜日)13時~
●2台のトロッコ機関車(加藤製作所4トン機関車とガソリンカー)の競演
●歴史館内でガソリンカーがテーマの企画展示開催
●鉄道模型と&おもちゃ鉄道の大集合ほか
●わたらせ渓谷鐵道沿線と地元住民による「あおぞら市場」開催

【交通】
わたらせ渓谷鐵道「通洞駅」下車徒歩3分
JR日光駅・東武日光駅と通洞駅間の日光市営バスもあります。
(1日4往復、片道約40分要問合TEL:0288-93-3113市民課)

【入場料】
あおぞら市場は入場無料ですが、
足尾歴史館の入館と足尾ガソリン軌道歴史館線の
乗車には歴史館の入館券をお求めください

※お願い※
駐車場は限られています。
わたらせ渓谷鐵道か日光市営バスをご利用ください。

◇お問合せ◇
NPO法人 足尾歴史館 
〒321-1523
栃木県日光市足尾町松原2825 
TEL/FAX: 0288-93-0189
ホームページ:http://www18.ocn.ne.jp/~rekisikn

|

« 15インチゲージ版
てトロ381形、恐るべし!
推定半径1.5mの急曲線を通過!
| トップページ | 表庭進出への大きな布石!
渡り板風四線式軌框敷設で
既得権益獲得か…!? »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

八木軽便鉄道の次期主力戦闘機じゃない主力車両を期待しております。社主独自の着眼点からの上回り…まっておりまする。

投稿: 同僚の○○ | 2009年7月11日 (土) 午前 07時23分

同僚の○○様
動力台車は、せんろ商会から
モニターとしてお借りしているものですから、
15インチキの主力機関車と
なり得るかはわかりません。
(買い取りできるかどうかも含めて不透明なので…。)
現在、上回りよりも前に、
下回りの機械式ブレーキを
どうするかを思案中です。
さて、なんせ低技術力の当社ですから…(泣・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年7月12日 (日) 午前 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/45579690

この記事へのトラックバック一覧です: 15インチゲージの
足尾のフォードも登場か…!?
足尾歴史館ガソリンカー祭の
お知らせ
:

« 15インチゲージ版
てトロ381形、恐るべし!
推定半径1.5mの急曲線を通過!
| トップページ | 表庭進出への大きな布石!
渡り板風四線式軌框敷設で
既得権益獲得か…!? »