« 全てはここから始まった
ボンネット部完成
15インチゲージの機関車製作記
その9
| トップページ | 「YMS」に込めた思い
15インチキ機関車お披露目
第10回国際鉄道模型コンベンション
第1日目 »

2009年8月20日 (木)

走るのは当たり前?
強風に耐えた機械式ブレーキ(笑)
第10回国際鉄道模型コンベンション
前日準備

Zenjitsu01
すっかり日が落ちた屋上展示場

今日は、第10回国際鉄道模型コンベンション
主催:日本鉄道模型の会<JAM>)
いよいよ搬入・前日準備である(汗×8)。

Zenjitsu02
赤く塗装した台枠

昨日というか、今日の明け方になって
ようやく塗装ができた(泣)。
まー、普通はこんな悪条件下で
塗装なんてするものではないが、
私の場合、条件が整った状態で塗装しても、
ムラムラになるので、あまり関係ないし、
今日が「搬入・前日準備」という
背に腹は代えられない現実が…(汗・泣)。
そして、夜明けとともに、
塗装された状態を見ると、
一応塗られてはいたが、
予想通り、しっかりダレやムラができていた(泣)。
というわけで、重ね塗りを兼ねて
もう一度吹き直した(泣)。

Zenjitsu03
緑に塗装された上回り

そして、塗装が乾いたのち、
いよいよ部材の再組立と
細かいディティールの取り付けである。
まー、細かいディティールといっても、
ライトやダミーの煙突、手すりの取り付けくらいだが…。
これらのディティール部品は塗装の合間に
組立をしておいたので、
あとはボルトとナットで取り付けである(ホッ)。

まず、下回りの再組立だが、
これが意外と手間取った(汗)。
なんせ、現物合わせなので、
同じように組み立てても
微妙にずれてしまうのである(泣・笑)。
そんなわけで、一部穴を
開け直しての取り付けとなった(泣)。
何とか下回りが完成(ホッ)。

Zenjitsu04
折りたたみ式コントローラー

そして、上回りの細かいディティールの取り付けである。
まず、運転席部分のコントローラーは、
狭い運転席の出入りを少しでも楽にするために、
コントローラーは折りたたみ式とした。
あとは、自動車のフォグランプ(ランプなしのダミー)を
ボンネットと運転席部分に合計3箇所取り付けた。
また、ボンネットにはステンレスパイプで
ダミーの煙突は取り付け、
運転席の屋根部分には、回転灯を取り付けた。

Zenjitsu05
ついに形となった15インチキ機関車(仮組)

そして、上回りと下回りを合体させ、
いよいよ試運転といきたいところだが、
もう搬出予定時刻はとっくに過ぎてしまっている(汗)。
そんなわけで、上回りと下回りの合体と試運転は、
前日準備会場で行うことにして、
片付けもままならぬまま搬出準備に突入した(汗)。
まー、何はともあれ、よくぞ完成した(パチパチパチ)
と思いつつも、慌てて搬出準備である(汗・泣)。
それにしても、機関車の下回りの重いこと重いこと。
とても一人で持てるはずもなく、
手伝いに来てくれた友だちと2人で
何とか2tトラックに積み込んだのである(汗・泣)。

結局、なんやかんやで搬出予定時刻を
1時間以上もオーバーして自宅を出発。
案の定、現地に到着できたのは、
準備開始予定時刻の約1時間遅れとなってしまった。
(例年からすればこれでも格段に早いのだが…。)
他の倶楽部の会員の皆々様はもとより、
今回の出展をお手伝いしてくれることになった
みたちおもしろ機械工房の皆々様は、
すでに全員ご到着。
会員の皆々様、みたちおもしろ機械工房の皆々様、
本当にすみませんでした(汗・泣)。

Zenjitsu06
屋外展示場で会場準備

当初予定していた出展場所が、
例年の屋内から屋外に変わった上に、
諸般の事情から説明会の時の位置からも変更になったので、
軌框の設置もこれまた現物合わせである。
それでも、屋上ということで、
例年のように細かい掲示物などを設置できるわけでもないし、
今回はみたちおもしろ機械工房の皆々様をはじめ、
例年よりも多くの方々が前日準備に参加して下さったので、
明るいうちには設置がほぼ全て完了したのである。
(5インチゲージの直線軌框が1本足りず、
それは初日の早朝に設置することになったが…。)

一方、私の方は、会員の皆々様と
みたちおもしろ機械工房の皆々様が汗だくになって
軌框を敷設している間に、
15インチキ機関車の組立である。
当然のことながら、上回りと下回りの組み合わせも
現物合わせの性で微妙にずれてしまったので、
これまた一部の穴を開け直して取り付け、
見事、形になった(ヤッター!!!)。

そして、いよいよ試運転である。
バッテリーの接続など何度も確認して
いざスイッチを入れてみると、…………(シーン・汗)。
全く動かないのである。
いくら試作品とはいえ、
メーカー品の動力装置が動かないわけはない。
(実際、動力台車の時の試運転ではしっかり動いていた。)
いやー、もし、このまま動かなかったら、
「やっぱりインチキだー。」
ってことになってしまう所である。

しかし、原因ははっきりしていた。
実は、見た目が一緒なので、
再組立時にタイフォンとかがついている
みたちおもしろ機械工房製の5インチゲージ用の
コントローラーに私が付け直していたのである。
(色々とギミックがあった方がおもしろいという安易な考え)
要するに、5インチゲージ版と
15インチゲージ版では見た目は一緒でも、
中の回路は別物というわけだ。
これだからインチキ素人は困るね(泣・笑)。
早々に、元の15インチゲージ用の
コントローラーに付け替えたら、
実にスムーズに動いてくれたのである(万歳・万歳・万歳)。
みたちおもしろ機械工房様、
おバカなモニターですみません(汗・泣・笑)。
まー、試作品とはいえ、メーカー製の動力装置を
使っていて動かないわけがないのだが、
やはり動いて当たり前のものであっても
動いてくれるとうれしいものである。
そして、更に、うれしかったことは、
素人の私が組み立てた小関式ブレーキを模した
インチキ機械式ブレーキが、
緊急ブレーキとしても機能したことである(ジーン・感動・笑)。

というわけで、無事、軌框の設置も終わり、
15インチキ機関車の試運転も成功。
ということで、前日準備完了である(パチパチパチ)。
ん?まだ明るい。
いやー、過去の傾向と対策からいって、
今まで当社倶楽部の出展が
こんな明るい時に準備が終わるなんてことはなく、
いつも午後8時以降の延長願いを出していたというのに…。
(全ての原因は私自身の計画性の
無さに起因しているのだが…。)
そんなわけで、屋内の会場準備をちょっと覗いたら、
個人ユーザーだけでなく、
メーカー出展ブースも準備の真っ盛りである。
いやー、これにはビックリであった。
まー、これもひとえに
常任幹事長のゆかろん様の陣頭指揮のもと、
会員の皆々様が私の尻ぬぐいをしてくれたからである。
本当にすみませんでした。
そして、本当にありがとうございました。

Zenjitsu07
強風に耐えたインチキ機械式ブレーキ

というわけで、前日準備を終え解散しようとしたら、
海が目の前の東京ビッグサイトなので、
夕方近くなって海風が強くなってきた。
すると、みたちおもしろ機械工房が
ガソリンカー祭りのために製作された
15インチゲージ版ガソリンカーが、
風に押し流れさて動いてしまったのである。
いやー、あんな巨体が動くなんて…と思いましたが、
実物の鉄道でも貨車や客車が動いてしまった
なんて事故があるのだから、
当たり前かとも思いました。
そこで、慌てて車止めとして
2×4材を咬ませたわけである。

ところが、手前味噌だが、
私の作った15インチキ機関車は、
インチキ機械式ブレーキが
一応停止ブレーキとして機能したようで、
強風にあおられても動かなかったのである。
いやー、私としては、インチキなりに苦労して
作ったインチキブレーキだっただけに、
緊急ブレーキとしても、
停止ブレーキとしても、
しっかり機能してくれたことに感動したのである(自画自賛)。
そんなわけで、いろいろとハプニングはあったものの、
みたちおもしろ機械工房の皆々様をはじめ、
会員の皆々様の多大なるご尽力によって、
無事、前日準備を日没前に完了することができたのであった。
本当にありがとうございました。

Zenjitsu08
準備が終わった屋上の当社出展ブース

いよいよ明日から
JAM第10回国際鉄道模型コンベンションのスタートである。
精神的には結構ハイだが、
肉体的にはかなりボロボロって感じなので、
熱射病にならないように明日から
気を引き締めて頑張らなくては…。

みたちおもしろ機械工房
http://saba.tea-nifty.com/omoshiro/

|

« 全てはここから始まった
ボンネット部完成
15インチゲージの機関車製作記
その9
| トップページ | 「YMS」に込めた思い
15インチキ機関車お披露目
第10回国際鉄道模型コンベンション
第1日目 »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

その節はいろいろとお疲れさまでした。
もうあれから10日ほど経ったのですね。
ブログを見て懐かしく思ってしまいました…。
社主様の作った15インチキ機関車が動いた時は、その手のことは(も)わからない私も、さすがに感動してしまいました(笑)。
ま、事の顛末は追々ブログで明かされるのでしょうけど…(^_^;
この後のブログの展開が楽しみです。

投稿: ゆかろん | 2009年9月 1日 (火) 午後 04時30分

台枠のばらしからよく知っている身としては、本当に怒濤の作業状態は、本当に人間機関車をみているようで、すごすぎでした。
本当に形になって良かったですね。
会場には、期間中には訳あって(ははは)いけませんでしたが、前日のほぼ準備終了のときに15分ほどお邪魔できました。まぢかでみて感動でしたし、夕方の風に他の車両が動く中、動かざる事山のごとしの、ブレーキ付きYMSは、かっちょよかったです。
これからの期間中のお話しは、自分としては行ってないので楽しみです。
次号を期待しておりまする。

投稿: 同僚の | 2009年9月 1日 (火) 午後 07時32分

アレだけの短時間で走れるようにしてしまう工作力をお持ちなのだからまさに脱帽モノです。この調子ならば毎回の準備は1ヶ月以上前に完了していて当然だと思うのですが、土壇場にならないと工作力を発揮なさらないのは何故? 来年も頑張りましょう、来年も手伝います。

投稿: 松本哲堂@風雅松本亭 | 2009年9月 2日 (水) 午前 08時38分

いろいろとお世話になりました。Sブ長pigです。素晴らしい作品を拝見させていただきました。ありがとうございました。

15インチキガソリンカーも風対策を考えないといけませんねえ。(インフルエンザ対策もですがshock)15インチともなると表面積が大きくなって風の影響も半端ではありません。

次はいよいよJAM開催期間中の記事ですね。楽しみにしております。

投稿: Sブ長 | 2009年9月 2日 (水) 午前 10時52分

ゆかろん様
いやー、その節はいろいろと
ご迷惑をおかけしました。
まー、毎度お決まりとはいえ、
本当にすみませんでした。
まー素人工作のインチキなりには
よく完成したものだと思います。
これもひとえに皆々様の励まし(虐め?)のお陰でございます(笑)。
本当にありがとうございました。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月 2日 (水) 午後 05時07分

同僚の○○様
激務の合間でありながら、
当社のインチキ機関車を
わざわざ見に来て下さいまして、
本当にありがとうございました。
いやー、それにしても、
真夏の○○旅行。
そして、この間は、
台風直撃の中での○○○○○○○。
もう怖いものは何もないって感じですね(怒・笑)。
本当にお疲れ様でした。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月 2日 (水) 午後 05時11分

松本哲堂@風雅松本亭様
いやー、ウルトラマンと一緒で、
長時間の戦いは体力的に持たないというか、
せっぱ詰まるまで自らを追い込み、
火事場の糞力を呼び起こさないと、
工作が進まない性格だからというだけです(笑)。
まー、卯年なので、
スタートダッシュだけは勢いがあるのですが、
あとが続かず、結局、堅実なカメさんに
いつも抜かされてしまうのです(泣・笑)。
松本様も、今年は諸事情からDL工作のはずが、
ベッド工作に化けてしまったようですが、
来年こそは、5インチ機関車がお披露目されることを楽しみにしております。
まー、赤シャツの某氏も、?年ぶりについにお披露目でしたから…(笑)。
今年も、ご子息と一緒にいろいろとありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月 2日 (水) 午後 05時21分

Sブ長様
こちらこそ、本当にありがとうございました。
御礼が遅れて本当にすみませんでした。
コンベンションが終わったあと、
かなり死んでいまして、
やっとネット復帰できつつあるところというところで、
ご挨拶が遅れましたこと、
ご勘弁いただけたら幸いです。
確かに、風で機関車が動き出してしまった時には、びっくりしましたが、
これも実にリアルで楽しかったです。
先ほどコンベンションの記事を1つアップしました。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月 2日 (水) 午後 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/46088526

この記事へのトラックバック一覧です: 走るのは当たり前?
強風に耐えた機械式ブレーキ(笑)
第10回国際鉄道模型コンベンション
前日準備
:

« 全てはここから始まった
ボンネット部完成
15インチゲージの機関車製作記
その9
| トップページ | 「YMS」に込めた思い
15インチキ機関車お披露目
第10回国際鉄道模型コンベンション
第1日目 »