« 10周年を迎えるJAM
第10回国際鉄道模型コンベンション
出展者一覧(非公式)
【追伸】JAMが特設ページを開設!
| トップページ | 裸の機関車(笑)
運転席の骨組み完成…!?
15インチゲージの機関車製作記
その6 »

2009年8月15日 (土)

ブレーキテストは一応成功…!?
下回りは一応完成
15インチゲージの機関車製作記
その5

Shitamawari01
動力装置とコントローラー部の取り付け完了

いよいよ第10回国際鉄道模型コンベンション
主催:日本鉄道模型の会<JAM>)まで
残すところあと6日に迫ってきた(汗・汗・汗)。

Shitamawari02
動力装置とコントローラーを取り付けるステー
(台枠の補強も兼ねる)
ステーが曲がって付いているのは
ご愛敬ということで…(泣・笑)

昨日もほとんど作業らしい作業はできなかったが、
せんろ商会みたちおもしろ機械工房開発の
動力装置やコントローラー部を台枠に取り付け、
ようやく下回りが塗装を除いて一応完成した。
重さは量っていないが、
かなりの重さで1人で持ちあげるのは、
すでにかなり厳しい…(泣・笑)。

Shitamawari03
6kgレールの仮設軌框上の下回り
ざら板(渡り板)軌框ではありません(笑)

とりあえず、機械式ブレーキの感じを掴むために、
6kgレールの仮設軌框の上で停車状態や
人力で転がしたり、ブレーキの効きを確認してみた。
結果としては、少なくともほぼ水平状態では、
停止ブレーキとして十分機能するし、
人力で転がした状態ではブレーキとしても
実用十分ではないかと思えた(ホッ)。
ということで、ブレーキテストは一応成功ということで…。
(詳しく検証していると、作業が間に合わないので…汗・泣)

Shitamawari04
ブレーキの効きはまずまず

さて、上回りの製作に先駆けて、
上回りは作ったけれど、
運転士が乗れなかったでは
洒落にならないので、
おおよその感じを掴むべく、
15インチゲージ自家用鉄道の元祖、
櫻谷輕便鐵道の規格
Garden Railway・15インチゲージの庭園鉄道のHP参照)、
軌条面からの高さ1450mmに合わせて
2×4材で組んだ仮屋根を作ってみた。

Shitamawari05
上回りの感じを掴むべく作った仮屋根

感じとしては、床面から高さは
1200mm位になるが、結構余裕がある感じで、
それこそ、座るだけなら、
1000mm位でも十分って感じである。
ただ、乗り降りのことを考えると、
1100mm位は欲しいかなって所である。
まっ、いずれにしても、
かなり背高の馬面になることは間違いないだろう(笑)。

Shitamawari06
さてこの上にどんな上回りが乗るのか…!?

さて、いよいよ今日からは、
上回りの製作がスタートである(間に合うのか?・汗)。
果たしてどんな形になるのか?
果たして間に合うのか?
それこそ、時間との勝負である(汗・汗・汗・汗)。

|

« 10周年を迎えるJAM
第10回国際鉄道模型コンベンション
出展者一覧(非公式)
【追伸】JAMが特設ページを開設!
| トップページ | 裸の機関車(笑)
運転席の骨組み完成…!?
15インチゲージの機関車製作記
その6 »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

JAMご出展の準備着々のお忙しい中、ブログへのアップご苦労様です。
上回り、2×4では厚すぎますね。1×6などが安く出回っているし、港の工場長のようにベニヤ積層は時間的にぎりぎりでしょうか?
息子さんたちにデザインさせてそれを作られたら面白いかも・・・・

投稿: C6217HP | 2009年8月15日 (土) 午前 08時06分

例年同様最後の追い込みは目をみはります。だんだんと重くなります。地球の重力を感じます。ああ、無重力だったらなと。せめてお月様ぐらいで。ご自愛のほどを。

投稿: ituncle | 2009年8月15日 (土) 午前 08時44分

C6217HP様
上回りに2×4材は使わない予定です。
15インチとは言いながらも、
わずか1m足らずの車体に
ボンネットとか、運転席とかを配置する
必要から、意外と広いようで狭いので、
少しでもスペースを確保するために、
なるべく薄い上にある程度
強度がある材料にしようと考えました。
そこで、運転席部分は、
3cm×3cmのアングルを骨組みにし、
ボンネット部分は、
アルミ材を骨組みにするつもりです。
また、ボディー全体は
アルミ複合板(在庫処分品)で
仕上げるつもりです。
それから、屋根やボンネットには
Rはつけないつもりです。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年8月15日 (土) 午後 09時27分

ituncle様
床板も本当はアルミ板にしたい所でしたが、
予算の関係で2.3ミリ厚の鉄板にしましたし、
そもそも車輪等の総重量が40キロ以上ありますから、
下回りはかなり重いです。
でも、上回りは、ハリボテ仕様なので、
それほど重くならない予定です。
一応、下回り、ボンネット部分、運転席部分で、
分割・組立ができるようにするつもりです。
今年は、屋上なので、強風も予想されるので、
ボルトできちんと固定するつもりです。
今日も、送り盆やらの送迎で、
作業時間はあまり確保できませんでした(泣)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年8月15日 (土) 午後 09時31分

いろいろとお疲れさまです。

狭いようで広くて、広いようで狭い…微妙な大きさなんですよね。幅が60㎝あると、いろいろ考えちゃう。まぁ、内側は57㎝ぐらいになるのでしょうか。社主は大丈夫でしょうが…いーなー。

色も楽しみですね。やはり、八木軽便としては…あの色でしょうかね。

こちらも新盆ということで、休みですが、作業は0時間です。

部品は揃いましたが…。休みは明日で終わりなんですよね。がーん。頑張りますー。

投稿: 同僚の○○ | 2009年8月15日 (土) 午後 09時54分

同僚の○○様
いやー、やっぱり600mm×600mmは
狭すぎです。
骨組みのアングルの出っ張りがあたって痛いです(泣)。
というわけで、前後にあと5cm延長するつもりです。
ご先祖様あっての…とは言いながらも、
新盆お疲れ様でした。
我が家も親戚が新盆なので、
いろいろと出入りが激しく
作業時間も限られています。
実は、まだボンネット部分の部材を
別注しているのですが、
まだ届いていないんですよねー。
お盆明けには届くとは思うのですが…(汗)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年8月16日 (日) 午前 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/45929748

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキテストは一応成功…!?
下回りは一応完成
15インチゲージの機関車製作記
その5
:

« 10周年を迎えるJAM
第10回国際鉄道模型コンベンション
出展者一覧(非公式)
【追伸】JAMが特設ページを開設!
| トップページ | 裸の機関車(笑)
運転席の骨組み完成…!?
15インチゲージの機関車製作記
その6 »