« 乗り甲斐のあるミニ鉄道!(泣・笑)
佐倉草ぶえの丘に芋掘りに!
| トップページ | まきば線はナローファンの桃源郷!
成田ゆめ牧場で
モチベーションアップ!(笑) »

2009年9月24日 (木)

本物の鉄道よりも
遊戯施設のミニ鉄道!
谷養魚場の
ヘロヘロ線路にメロメロ!(笑)

Tani01
池のまわりを1周していた
と思われる遊覧鉄道の廃線跡

15インチゲージの
自家用実用鉄軌道を目指すようになってから、
ナローゲージ、人車、トロッコは別にして、
一般的な鉄道(JR等のサブロクゲージ)に
ますます興味がなくなったどころか、
最近は、本物の鉄道よりも
むしろ遊覧施設のミニ鉄道にばかり
目が向くようになった(笑)。

Tani05
この機関車も足回りを換装すれば、
立派な15インチキに(笑)

なぜならば、自家用実用鉄軌道を考えた時、
一般的な鉄道は明らかにオーバースペックで、
あまり参考にならないのである。
それに対して、遊戯施設のミニ鉄道は、
一般的な鉄道車輌とはかけ離れた
マンガチックなスタイルが多く、
馬面背高胴短の15インチキスタイルに
どこか相通じる親近感を感じるのである。
また、急曲線対応にも対応している所や
ディフォルメされたり、
中途半端に縮尺されたストラクチャー、
簡易な構造で作られた客車や機関車の作りなど
参考になるところが多いからである。

Tani04
鉄パイプの簡易軌框だが、
立派な現役線路(笑)

ところで、昨日、佐倉草ぶえの丘に行った帰り道に、
たまたま食事をするために立ち寄った谷養魚場で、
意外にも池のまわりをほぼ1周する形の廃線跡を発見。
軌間こそ15インチゲージではなかったが、
レールはしっかり6キロレールが使われていた。
谷養魚場のパンフレットの写真を見ると、
以前は、池のまわりを遊覧鉄道が走っていたようである。
(行った時は別の場所に別のミニ鉄道が活躍していた。)
このヘロヘロな線路の感じが実にいいし、
「このまま朽ち果てさせるなら、譲ってくれー!」
と思わず叫びそうになった次第である(笑)。
いやー、それにしても、
全く期待していなかっただけに
びっくり仰天。
谷養魚場のヘロヘロ線路にメロメロである(笑)。

Tani02
軌間500mm前後の6キロレールの線路

考えてみれば、昔はデパートの屋上や
小さな遊園地に行けば、
必ずと言っていいほどあったミニ鉄道も、
今は、大型テーマパークの集客力に負けたり、
不況・経営の合理化、少子化などの理由で、
デパートの屋上アミューズメントコーナーや
遊園地のそのものの廃止が相次いでいるので、
このように廃線となっているミニ鉄道は、
全国各地にあるのだろう(涙)。
本当にもったいない話だが、
本物の鉄道すら
廃線となっている今日なので、
これも時代の流れなのか…(涙)。
谷津遊園、西友デパートの
屋上で遊んだ私としては、
これからも屋上アミューズメントや
小さな遊園地を応援したいところだが…。
そう言えば、9月30日で
多摩テックもなくなってしまうとか…。
あー、哀しき現実。
また、思い出の地がなくなってしまう(泣)。

Tani06
このヘロヘロ感がたまりません(欲しい!!)

ちなみに、谷養魚場は、
名前のごとく、本場新潟産と自家産の
錦鯉の販売がメインだが、
それ以外に、金魚・熱帯魚・川魚、
飼育器具などを扱っている。
また、各種釣り堀もあって、
上級者から初心者まで楽しめる。
さらに、グランドゴルフ、パークゴルフ、
パターゴルフも楽しめるし、
有名な芸能人も足を運んでいる
川魚料理のレストラン「錦谷」、
それから、前述のミニ遊園地などがある
総合レジャー施設となっている。
というわけで、我が家も食事だけでなく、
ミニ釣り堀を楽しんできたが、
家族で一日十分楽しめる所である。
息子たちはまた遊びに行きたい
と口を揃えて言っている(笑)。

Tani03
総合レジャー施設となっている谷養魚場

谷養魚場
http://tanikoi.com/index.php

|

« 乗り甲斐のあるミニ鉄道!(泣・笑)
佐倉草ぶえの丘に芋掘りに!
| トップページ | まきば線はナローファンの桃源郷!
成田ゆめ牧場で
モチベーションアップ!(笑) »

旅行・地域」カテゴリの記事

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

おっとー!
気になる軌道が(汗)

確かに機関車の下回りを何とかしたらりっぱな機関車に・・・。

確かにこの状態は「譲ってくれ!」という気持ちわかります。(汗)

投稿: 長沢軽鉄 | 2009年9月24日 (木) 午前 01時03分

長沢軽鉄様
櫻谷輕便鐵道から、
箱トロに続いて、2軸客車という
貴重な鉄道文化遺産が入線して
ますます充実ですね。
当社は、やっとコンベンションの片付けが
完了しつつあるというところで、
なかなか先に進めません(泣・笑)。
まー、15インチが逃げてしまうわけではないので、
のんびりやっていくつもりです。
それにしても、もったいない廃線跡です。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月24日 (木) 午前 03時46分

佐久間レールパークにも5インチキと3.5インチキの共用の軌道が放置されていました。あれも、佐久間が閉鎖されればゴミ同然に処分されてしまいそうな雰囲気なので、なんとも勿体ない話です。

投稿: 松本哲堂@風雅松本亭 | 2009年9月24日 (木) 午後 04時55分

 ご無沙汰しておりますー。ホントはご連絡取りたかったんです。
 JAMのイベントがいろんな雑誌に掲載されましたね。ちゃーんと読みましたよ♪ また、この廃線跡ゾクゾクしますね~。
 今後は、何か仕掛け(運転会・イベント・フォーラム等々!?)でも行いたいですね~。

PS 横丁鉄道跡の取材は、これからも続きますー。乞うご期待下さい!

投稿: TMO幸手(なが) | 2009年9月24日 (木) 午後 09時10分

ヘロヘロ感…いいですよね。立派な線路でなくていいんですよ。どこまでも続く直線、緩和曲線からカントがついたきれいな曲線…いいんです。いうなれば、そこにトラブルの全てが予想されるような、軌道でいいのです。それを車両の中から上から目で見て感じていけるような軌道を夢見ます。がたがたごとごと…

最初は自分も大型店舗内の遊具が発端でした。以下のブログの下の方にあります。http://yellow.ap.teacup.com/applet/bonnow108/200901/archive?b=10
これで良いのではないかという楽な気持ちが15吋の原動力です。

企業としては簡単に、そこのものを委譲、廃棄にはできないのでしょうが、もしかしたら、あたって砕けてみるのもいいかと、ダメもとでいってみるのはどうでしょうかね。


もうこれを見ている他の鉄道さんが食指を動かしているかも…いそぐんだ社主さまー笑

ぼちぼちいきましょう。でも直線らしからぬ確かな直線…きますね。

投稿: 同僚の○○ | 2009年9月24日 (木) 午後 11時54分

松本哲堂@風雅松本亭様
ミニ鉄道など遊戯施設の場合、
状態によっては、産廃扱いのようですから、
「産廃扱い」になるならって思いますが、
会社としては、きちんと廃棄されたことが
証明できることが大切だと思いますので、
どこの馬の骨ともわからない一個人相手に
取り引きしてもらえる可能性は薄いと思われます。
でも、この線路があったら…と思いますね。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月25日 (金) 午前 06時07分

TMO幸手(なが)様
わざわざお越し下さり、誠にありがとうございました。
ただ、ご挨拶も出来ず仕舞いで本当にすみませんでした。
また、当社倶楽部の紹介ありがとうございます。
谷養魚場様には失礼な記事となっているかなーと思いつつも、
ナロー好き・トロッコ好きなものにとっては、
きちんと整った線路よりも、
このようなヘロヘロ線路に続々するんですよねー。
横丁鉄道跡の取材の続編楽しみにしております。
来年、もしコンベンションの来られることがございましたら、
ぜひ一声お声をおかけ下さい。
いろいろとありがとうございました。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月25日 (金) 午前 06時11分

同僚の○○様
私の場合、人生そのものが
当たって砕けています(笑)から、
ダメもとでお願いしてみますか…!?(笑)
でも、可能だったら、
とっくに大手他社鉄道様が
触手を伸ばされているはずでしょう(笑)。
いやー、瓢箪から駒というか、
食事をするつもりだけで立ち寄ったのに、
息子たちは釣りを存分に堪能できましたし、
私は、ヘロヘロ線路にメロメロ。
いやー、本当に良き目の保養になりました。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月25日 (金) 午前 06時19分

おはようございます。
じめたもみ先生のも、放置されていた18インチのA社の機関車でしたね。毎年、ゴールデンウィークに行っている名古屋・鉄道模型展の会場の〇栄の屋上の遊具たち、特に18インチは3年ほど前に改装し、ケンタッキー号から〇〇パンマン号に変わったばかりだったのですが、今年は全て無くなってしまっていました。どこへ行ったのでしょうか?

投稿: C6217HP | 2009年9月26日 (土) 午前 07時40分

C6217HP様
本物の鉄道も廃線や経営縮小ですからねー。
それに今は刺激的な遊びが多いですから、
デパートの屋上で、
おとぎ列車に乗って遊ぶなんていう子供も少ないのかもしれませんね。
まー、子供自体が少子化で少なくなっていますけど…。
そう考えると、
じみたもみ先生に救われた遊戯機関車は、
本当に幸せだったですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月26日 (土) 午前 08時46分

こんばんは、いつもチケットやお知らせありがとうございます。今日までインフルの影響で休んでいまして、ブログをみて鋭気を養いました。この廃線や15インチはやはりいいですね
でも我が家には施設できないので庭園鉄道を考えております。・・・・
夢の段階ですが、仕事も忙しいし、体力がないので・・・でもやりたいなあと思っています。また情報くださいませ。感謝しております。

投稿: 南流のKOです | 2009年9月29日 (火) 午後 06時35分

南流のKOです様
こちらこそ、いつも家内共々お世話になっております。
また、いつも当社ブログにご乗車下さいまして、誠にありがとうございます。
インフルエンザ大変でしたね。
完治してよかったです。
でも、成田ゆめ牧場でお会いできなかったのは残念でした。
レイアウトというと、どうしてもエンドレスを基本に考えてしまいますが、
ポイントtoポイントのレイアウトでも、結構楽しめてしまうのが、
庭園鉄道や自家用実用鉄軌道の世界です。
15インチも5インチも乗用して運転する関係上、ゲージ幅は違っても、
結局、敷設するにあたっては、
最低でも40センチ~60センチ幅が必要になってきますから、
5インチが敷設可能ならば、
15インチも敷設可能と言えます。
もっともいずれも車輌はナローの小型車輌に限られますが…。
まー、いろいろとあーでもないこーでもないと思いを巡らせている時が、
ある意味、一番楽しい一時ですから、
じっくり検討されるのが一番です。
Nゲージの巨大レイアウトとはまた違った別世界が拡がるはずです。
今後の展開を大いに楽しみにしております。
今後ともご乗車の程、宜しくお願い申し上げます。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年9月30日 (水) 午前 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/46291131

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の鉄道よりも
遊戯施設のミニ鉄道!
谷養魚場の
ヘロヘロ線路にメロメロ!(笑)
:

« 乗り甲斐のあるミニ鉄道!(泣・笑)
佐倉草ぶえの丘に芋掘りに!
| トップページ | まきば線はナローファンの桃源郷!
成田ゆめ牧場で
モチベーションアップ!(笑) »