« 秘密基地の建前完了!
明日の作業はどうなることやら…!?
| トップページ | すっかり15吋の庭鉄にはまって
「現物合わせは基本です2」が
新たにスタート! »

2009年11月22日 (日)

GゲージのD51(東京マルイ)
Gゲージが元気になってきた…!?

200912gd51
とれいん(エリエイ)2009年12月号に紹介された
Gゲージ・D51(東京マルイ)

最近、すっかりご無沙汰のGゲージだが、
15インチキで遊んである間に、
世の中は進んでいるだなーって思った(笑)。
最近は、当社倶楽部の会員でもあり、
元祖Gゲージ紙業師(だった?)の
ituncle氏も
最近すっかり5インチゲージにご執心で、
松電の掲示板でも、Gゲージネタは、
15インチキ以下になっているので、
今日は、古いネタだが、
Gゲージネタということで…(笑)。

まず、今月号のとれいん(エリエイ)でも
紹介されていたが、
10月8~11日に行われた
第49回全日本模型ホビーショーで、
東京マルイが、参考出品ながら、
1/24スケールGゲージ(45ミリ)の
D51形蒸気機関車を
出展したそうである。
(今更って話だが…・笑)
全長825mm、重量約6kg。
16番ゲージ同様、
直流二線式で前後走行可能で、
専用レールも発売されるとか…。
但し、現時点では価格・発売日ともに未定だそうだ。
LGBのように屋外走行が可能かどうかは別にして、
写真でみる限りでは、なかなかのディテールのようだ。
一体、いくら位で発売されるのだろうか…!?
アスターホビーのEF58のように
一桁0が多いということはないと思うが…。
それにしても、異業種とも言える
東京マルイがZゲージに続いて、
今度はGゲージの参考出品とは…。
サブロクゲージの日本型志向の方々には
朗報ではないかと思う。

それから、こちらも既出ではあるが、
ドイツ型Gゲージ機関車の
ラジオコントロールタイプも発売されている。
(こちらもブログ「銀モクセイ」では
だいぶ以前に紹介されているが…。)
Gゲージも基本的に直流二線式だが、
5インチゲージとかの運転に慣れてしまうと、
直流二線式は、ギャップを切ったり、
線路を磨いたり…という作業は実に面倒である。
その点からすると、ラジオコントロール方式は、
チャンネル数(同時運転できる数)には限りがある
(この機関車は2チャンネル)が、
庭園鉄道での屋外走行にはうってつけだと思う。

Photo
2009年11月20日(金)付・毎日新聞
千葉西北版の新聞記事

それから、それから、
毎年恒例の浦安のヒルトン東京ベイ
Gゲージレイアウト「クリスマス・トレイン」のことが、
17日(金)の毎日新聞の千葉西北版(地方版)に載っていた。
こちらは実に豪勢なレイアウトで、
とても素人が扱える代物ではないが、
一度ぜひ実物を見てみたいものである。
(まだ一度も見に行ったことがない。)

それにしても、私も、
かなりGゲージから離れているが、
その間に本家レーマンのLGBは傾いてしまったが、
ここに来て、LGBも復活しつつあるようだし、
新規メーカーの参入もあって
Gゲージも元気になってきたのかな…!?

【Gゲージ(45ミリ)のD51形蒸気機関車(東京マルイ)】
asahi.com(朝日新聞社)
1/24スケールGゲージ(45ミリ)の
D51形蒸気機関車(東京マルイ)
全日本模型ホビーショー - フォトギャラリー
http://www.asahi.com/photonews/gallery/hobby/091008hobbyshow/hbby_1044.html

【ATOMIC製Gゲージドイツ型蒸気機関車】
HSB SL 99 6001-4(LGB VS ATOMIC)
銀モクセイ
http://fogw.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/hsb-sl-99-6001-.html
※レーマン製LGBとの比較記事。

庭園鉄道発祥の地~ローズガーデンに復活!!
銀モクセイ
http://fogw.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-26f6.html
※動画が見られます。

RC-SL HSB 99
銀モクセイ
http://fogw.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/rc-sl-hsb-99.html
※動画が見られます。

収穫物運送臨時列車が運転されました。
Gゲージ庭園鉄道 湘南軌道 社長室:So-netブログ
http://syonankido.blog.so-net.ne.jp/2009-11-06-3
※動画が見られます。

【Gゲージ・クリスマス・トレイン】
10月20日『ヒルトン東京ベイ・クリスマス・トレイン』が今年も登場
http://hiltontokyobay.jp/pressrelease/2009/pdf/20091020.pdf

|

« 秘密基地の建前完了!
明日の作業はどうなることやら…!?
| トップページ | すっかり15吋の庭鉄にはまって
「現物合わせは基本です2」が
新たにスタート! »

Gゲージ」カテゴリの記事

コメント

Gゲージが商品棚からなくなって久しいですが、最近ではお店自体もシャッターを下ろしたりで大変。昨日知ったのですが近くのホームセンターも12月で閉店。威勢がいいのはどてかぼちゃさまを先頭に、わたくしめ、ほかこの趣味界にどっぷりの面々。でも建築工事やら5インチゲージやら新たな方面にお札を気前よくばらまいています。世界的には隆盛なGゲージ、なんとか日本でも復活させたいものです。

投稿: ituncle | 2009年11月22日 (日) 午前 08時43分

うちのLGBは単身赴任のためにすっかり営業停止の状況です。
庭園鉄道での線路給電方式は維持が難しいようで、運転再開はいちどすべての線路をはがしてジョイントを掃除し敷き直さなければならない模様。やっぱり3.5インチ以上のライブやラジコンが庭園鉄道の本命かもしれませんね。
ところで、鉄道模型というのはもともと或る程度の余裕がないと楽しめない趣味娯楽であることはわかっているつもりですが、最近は裕福層と低所得層での二極化がめだってきているようで・・・
景気の好いGゲージはじめ各種の新製品のつぎからつぎへの発表は、それなりの需要をみこしているからこそ企画販売されるのでしょうけど、この不況のなかで、よくもまあ、こんな奢侈品がつぎつぎと販売されるものだと、自分の生活水準から考えて、想像がしにくくて困惑してたりしています。
まあ、子どもの頃から鉄道模型に親しんでいる人間としては、お金があればそれなりに、お金がなくてもこれまたそれなりに、てもとにある材料をつかっていくらでも楽しめるのが、この趣味のいいところだとは、思っているのですが。
コレクションとか、そういう方面での楽しみ方とは、全く縁のない鉄道模型の楽しみ方、工作の楽しみは、現在では異端になりつつあるのでしょうか???

投稿: skt48 | 2009年11月22日 (日) 午後 04時23分

ituncle様
いやー、ituncle様の
この所の精力的なご活躍には、
ただただ脱帽(呆然?)です(笑)。
また新しい動力車が完成しましたね。
ますます5インチゲージに
力が入ってきましたね。
当社もがんばらねば…(笑)。
Gゲージもぜひとも復活して欲しいところですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年11月22日 (日) 午後 08時04分

skt48様
レイアウトは木が伸びたり、
勝手に草が生えてすることはありませんが、
庭園鉄道は、木々の成長が楽しめる反面、
自然と向き合った趣味ですから、
メンテナンスは大変ですね。
特に、直流二線式の場合、
集電のためのレールみがきなどが大変ですね。
当社も、現在、広軌化準備と
木橋・トンネルの老朽化の為、
休線(廃線?)状態です。

自分の楽しみたい部分以外には、
時間をかけたくないというか、
時間をかけられないということもありますから、
趣味にある程度お金がかかるのは
致し方ないところだと思いますし、
それも末永く続けていく手立てだとは思います。
コレクションもひとつの立派な趣味だと思いますし、
私も、16番ゲージをやっていた頃は、
昔はあれも欲しい、
これも欲しいという感じでしたが、
広軌化を進めていく中で、
自分で作ったインチキ機関車が
他の精密スケール機関車よりも
愛おしく感じられるようになりました。

おまけに、最近、近視・乱視に加えて、
いよいよ老眼も入ってきて、
もう16番ゲージのような
工作は困難になってきました(泣・笑)。
なので、最近は、模型製作というよりは、
日曜大工って感覚で鉄道模型?を楽しんでいます。
それでも、知識と技量の
足りない私としては、
苦手な部分の工作や
時間をかけられない部分は、
市販品の助けを借りざるを得ません(泣・笑)。
まー、そんな感じで鉄道模型らしきものを
楽しむの楽しみ方もありかなーなんて思っています。
まー、「いい加減がいい加減」
なんて言い訳しながら楽しんでいるのが現実です(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年11月22日 (日) 午後 08時23分

出来る事なら「弁慶号」とかでも売り出してくれれば、そのままでもアメリカ型に転用できて好都合だったんですが、、、それでも、新メーカーの参入は嬉しい情報です。

投稿: 松本哲堂@風雅松本亭 | 2009年11月22日 (日) 午後 10時08分

Gゲージは「庭園鉄道」という魅力で始めたのですが、いつの間にやらベランダの線路モニュメントになってしまいました。
それはそれで楽しいのですが(笑)
レーマンの線路が手に入らなくなって、今はどうなっているのでしょうねぇ?

投稿: LUN | 2009年11月22日 (日) 午後 10時22分

松本哲堂@風雅松本亭様
確かに、そういう見方もありますね。
ただ、今まで日本型の市販品は、
ほとんどなかっただけに、
選択肢やメーカーが増えることは、
ユーザーとしては大歓迎でしょう。
第2弾、第3弾と続いてくれるといいですね。
まだ第1弾も参考出品ですが…(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年11月23日 (月) 午前 03時43分

LUN様
線路あっての鉄道ですから、
線路が入手難というのが一番困りますね。
当社の裏庭線は、広軌化に向けての準備のため、
現在、線路モニュメントというよりは、
完全な廃線跡です(泣・笑)。
でも、線路がごく自然?にある生活って、
線路好きにとっては一番の癒しですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年11月23日 (月) 午前 03時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GゲージのD51(東京マルイ)
Gゲージが元気になってきた…!?
:

« 秘密基地の建前完了!
明日の作業はどうなることやら…!?
| トップページ | すっかり15吋の庭鉄にはまって
「現物合わせは基本です2」が
新たにスタート! »