« 無事搬入!結局、徹夜…?(泣・笑)
いよいよ今日は文化発表会本番!
| トップページ | 命を削りながら作った力作
「現物合わせは基本です」の
Nゲージレイアウト »

2009年11月 2日 (月)

15インチキの真髄は
トロッコ遊び…!?
ルール無用の自己責任(汗)
文化発表会は
過酷な耐久試験場…!?(泣・笑)

Bunka01

先週の10月30日(金)は
職場の文化発表会
「秋芽祭(しゅうがさい)」本番だった。
当社の15インチキ機関車たちは、
保護者の方々と同僚の皆々様の
絵画や書道などの素晴らしい作品に囲まれて、
図々しくもど真ん中に
設置させてもらったのである(笑)。

Bunka02

展示発表の時間になると、
ひっきりなしに見学者がやってくる。
入るや否や歓声がこだまする。
ただ、はじめのうちは、
みっともないとか、恥ずかしいとか、
いう呪縛からなかなか抜け出せず、
遠巻きにして口を加えて眺めているのである。
そのうち、本当は運転したい思いを抑えきれず、
誰とはなしに「おまえやれよー」
とお互いに押しつけあいが始まったのである。
そして、ひとたび呪縛から解き放たれ、
誰かが運転を始めると、
集団心理というのは恐ろしいもので、
今度は、みんなが一斉に
入れ替わり立ち替わり運転を始め、
その運転の仕方も
だんだんエスカレートしていったのである(笑)。

Bunka03

何と言っても一番人気は「平トロ」で
常に誰かが乗っていたし、
職場の同僚も、「平トロ」に乗るのを
一番おもしろがっていた(笑)。
さらには、15インチキ機関車の
ボディー横のデッキに乗る子。
なりきり駅長帽子をかぶって、
旗を振りながら…なんて子もいた。
「てトロ381形」も大人気で、
こちらも一人乗り暴走は当たり前で、
女の子の2人乗りも登場したのである。

Bunka04

私自身も、15インチキの神髄は、
芥川龍之介の小説「トロッコ」ではないが、
「トロッコ遊び」だと思っている。
それこそ、私自身も、
幼き頃は、こっそり工事現場や
資材置き場に入り込んで遊んだり、
耕運機や軽トラの
荷台に乗せてもらったりしたことは、
とても楽しい思い出であった。
残念ながら、トロッコの存在は、
写真や書籍の世界でしか知らない世代だが、
もし、そんなものが目の前に存在していたら…
と想像するだけでワクワクところである。

Bunka05_2

その意味では、
「平トロ」に群がる子どもの姿を見て、
すべてが効率的で便利になった
今の時代であっても、
ちょっと危ないと思える遊びに
憧れる思いは今も昔も
変わらないことを実感したのである。

というわけで、一応、
「体験運転のお願いについて」
という告知はしておいたが、
今回の出展は、JAMのコンベンションのように
不特定多数を対象にした体験運転ではなく、
身内だけのクローズな体験運転なので、
多少のことは全て「自己責任」ということで、
ほとんど好きなように運転させてみたのである。

Bunka07

とにかく、老若男女を問わず、
来場者は世間体をかなぐり捨てて、
全て「自己責任」の名の下に、
トロッコ遊びの神髄に慕ってくれたようで、
15インチキ機関車は、
終戦直後の闇米の買い出しのために
地方に向かう列車状態というか、
インドの通勤ラッシュ状態であり、
出展会場は、高尚な美術館の
ど真ん中に作られた
託児所?状態だったのである(泣・笑)。

Bunka08

いやー、それにしても、
子どもたちは本当にいろいろな遊び方を
工夫するなって思った次第である(笑)。
さすがに、JAMのコンベンションの時のように、
スピードコントロールボリュームを
へし折ってしまうなんてことはなかったが、
いきなりバックに入れたり…と
かなり過酷な運転をする子も多々いたので、
文化発表会の出展会場は、
託児所であるとともに、
まさにルール無用の
超過酷な耐久試験場…!?
と化したのである(泣・笑)。

Bunka09

それにしても、動力部やコントローラー部分の
基本設計と性能がしっかりしているというか、
「安全・安心」に関わる重要部分は、
試作品とはいえ、全て「みたちおもしろ機械工房」製なので、
性能は折り紙付き、過酷な耐久試験もなんのそのであった。
それこそ、脱線もほとんど皆無だったし、
コントローラーも動力も壊れず、
無事、丸一日の耐久試験を見事クリアしてくれたのである。

とにかく、私の設計ミスで
15インチキ機関車の駆動輪(前輪)部分に
重さがかかっていないので
平トロに人が大勢乗ってしまうと、
機関車の車輪が空転してしまうのだが、
機関車の駆動輪(前輪)部分に
人一人分くらいの重りを載せれば、
平場ならばかなりの牽引力があることが
機関車に人が大勢乗ってくれたことで
実証されたことは確かである。

Bunka10

また、「平トロ」にはプラ車輪が
使用されているが、
今回は、耐荷重を大幅に上回る
人が乗ったこともあって、
プラ車輪が軌框の継ぎ目部分の
鉄パイプの角で削られたらしく、
軌框の継ぎ目部分には、
過酷な耐久試験だったことを物語るように、
結構な量のプラの削りカスが落ちていた。
でも、この点に関しても、
鉄パイプ簡易軌框の
継ぎ目部分のみで起きた現象なので、
継ぎ目部分の鉄パイプの平滑性を高めれば、
このようなこともなくなると思われると思った。

それにしても、何より凄いことは、
あれだけ過酷な運転をしていながら
怪我人が一人も出なかったことである(笑)。
というわけで、「安全・安心」を支える
みたちおもしろ機械工房の
技術力の凄さを改めて実感した次第である。

Bunka11

とにかく、このような楽しい遊び(無謀な行為?)は、
5インチゲージや15インチゲージのスケールモデル、
不特定多数を対象としている屋上アミューズメント施設や
遊園地・テーマパークのミニ鉄道には
決してマネのできないことであるし、
まさに、芥川龍之介の小説「トロッコ」で
「トロッコに憧れる少年そのものの世界であって、
これこそ、クローズに楽しむ
「15陰稚気(インチキ)」でなければ
決してできない魅力だと改めて思った次第である(大笑)。

というわけで、文化発表会の出展は、
子どもたちはもとより、
保護者や先生方、町内会や市議会議員をはじめ
地域の重鎮の方々にも大受けの大成功だったのである。
それこそ、もしかすると、
どこぞの町内会での出展依頼が来てしまうかも…(汗・笑)。
さて、連休明けの今日は片付けとなるのだが、
展示は勢いでしたものの、
また一人での片付けは気が重い所である(泣・笑)。

Bunka12

【足回り・コントローラー・てトロ381形の問い合わせ先】
せんろ商会
http://senro.na.coocan.jp/

みたちおもしろ機械工房
(三立応用化工 新規事業開拓室)

http://www.sunfield.ne.jp/~mitachi2/

|

« 無事搬入!結局、徹夜…?(泣・笑)
いよいよ今日は文化発表会本番!
| トップページ | 命を削りながら作った力作
「現物合わせは基本です」の
Nゲージレイアウト »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

大成功おめでとうございます!
前のお便りでは、オロナインやその向こうの由美かおるの写真など、「いいな~」とだけ思っていましたが、本番はなかなか過酷でしたね。なんのトラブルも無くやり終えたことに遠くから乾杯です!

投稿: おおきにくに | 2009年11月 2日 (月) 午後 07時29分

おおきにくに様
正直言って、日頃、愚息達に鍛えられている
私としては、過酷と思えることは、
全て想定内であったと言えば
想定内だったわけですが、
これも、みたちおもしろ機械工房の
製品の確かさがなければ考えられなかったことですし、
ノントラブルだったのは、
みたちおもしろ機械工房のお陰です。
本当に感謝、感謝って感じです。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年11月 2日 (月) 午後 09時41分

大きなトラブルもなく無事に終了、お疲れ様でした。

生徒さんはろいろと無茶する年頃です。(汗)
(自分も文化祭で鉄道模型壊されそうでした(汗))
でも予想以上に好印象でなりよりです。
一日無茶が続く中車両達はよく耐えましたね。
さすが15インチですね。

ただプラ車輪が削れるとは・・・。
恐ろしいです(泣)
連続で開催していたらプラ車輪が大変なことになりそうですね(汗)


投稿: 長沢軽鉄 | 2009年11月 9日 (月) 午前 12時12分

長沢軽鉄様
お陰様で、何とか無事終了することができました。
子どもたちが機関車に乗っているのは、
牽引するためには、
機関車自体を重くしないと
空転してしまうためです。
あとは、15インチゲージの
1つの醍醐味って、
誘導係が旗を振りながら
デッキやステップに乗るとか、
フットブレーキやハンドブレーキを
かけたりできることかなーなんて思います。
プラ車輪が削れた最大の原因は、
簡易軌框の接続部分の隙間です。
この辺りの改良を進めれば、
ある程度防ぐことができると思います。
まー、こんな風に酷使されることも
滅多にあることではないので、
自家用実用鉄軌道としては、
むしろ軽量化できる面で、
プラ車輪は有効ではないかと思っています。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年11月 9日 (月) 午前 04時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/46650467

この記事へのトラックバック一覧です: 15インチキの真髄は
トロッコ遊び…!?
ルール無用の自己責任(汗)
文化発表会は
過酷な耐久試験場…!?(泣・笑)
:

« 無事搬入!結局、徹夜…?(泣・笑)
いよいよ今日は文化発表会本番!
| トップページ | 命を削りながら作った力作
「現物合わせは基本です」の
Nゲージレイアウト »