« 投票数が100票を突破!
アンケートへの
御協力有難う御座います!
| トップページ | 窓の取り付けはカラーボックス並み!
先週の扉作りの苦労は
何だったんだー(泣・笑) »

2009年12月11日 (金)

21世紀に生き残った
(復活した)トロッコ…!?
昭和にちょっと思いを馳せる
現代が時代設定

Tro01
車庫裏仮設線

鉄道模型のレイアウトを楽しむ場合、
好きな車輌を闇雲に走らせるのではなく、
時代や地域(路線・鉄道会社)を限定して、
その時代と地域に適した車輌を走らせたり、
その時代と地域にあった
ストラクチャーやシーナリィーを作るのが、
スケールレイアウトと言われる。

Tro02
U字溝のフタを置いた路面軌道風線路

確かに、同じ線路に
いくら好きな車輌だからと言っても、
標準軌の新幹線とサブロクゲージの電機機関車、
それに、ナローの蒸気機関車が走っていたら、
私のようなインチキモデラーでも、
違和感を感じるところである。

Tro03
砕石を置いた6kgレールを使った線路

かといって、この形式のこの番号の車輌が、
この路線を走っているのはおかしい
なんてノリになってしまうと、
超精密スケールモデル同様、
私としては、そこまで突き詰めた
時代設定には技能的にも体力的にも
疲れてしまうところである。

Tro04
渡り板(ざら板)簡易軌框

そんな意味では、
当社の15インチゲージは、
所詮、空想鉄道だし、
自家用実用鉄軌道だし、
所詮インチキトロッコなんだから、
時代考証なんて必要ないとも言える。

Tro05_2
みたちおもしろ機械工房製の
鉄パイプ簡易軌框の仮設

でも、それではあまりにもおもしろくないので、
私としては、トロッコやナローゲージが
一部の路面電車(トラム)のように、
21世紀の現代に生き残って
(あるいは復活して)
しかも、「自家用実用鉄軌道」として
家庭に普及していたとしたら、
どんな使い方ができるか、
どんな風に使われているか、
という設定で楽しもうと考えている(笑)。

Tro06
せんろ商会の「ハコトロ2」

そして、我が家の場合は、
持ち主が昭和にちょっと思いを馳せながら
使っているという設定というつもりである(笑)。
それこそ、ちょうど山口線にC57が復活した時、
12系客車を牽引していたような感じである。
まー、あの当時も、時代設定にうるさい方々からは、
あの編成はおかしいと非難されたものだが、
まー、あれも、ジュラ紀に
生息していたとされるゴジラが
現代に蘇って大暴れを始めたと考えれば、
あれはあれでいいのかなーって感じである(笑)。
(私も、当時はどちらかというと、
前者の考え方だったが…。)
まー、そんないい加減な私なので、
多少近現代が混在したり、
多少(かなり)アンバランスな感じが
ちょうどいいのである(笑)。

Tro07
こんな線路が敷けたら…
現物合わせは基本です2」の自家用軌道

とにかく、あくまでも空想の世界、
架空鉄道の話だから、
あまり堅苦しい
時代考証をするつもりもないし、
あくまでも自家用だから、
その各家庭で個体差(個性)が
あるのは当然ということである。
まー、シリアスドラマというよりは、
ドタバタお笑い喜劇なのが、
15インチキゲージである。
所詮は、フィクション。
堅苦しいことは抜きにして、
理屈抜きで気張らずに
トロッコ遊びを楽しみたい
というのが本音である(笑)。
それこそが、「自家用実用鉄軌道」の
醍醐味である(笑)。

せんろ商会
http://senro.na.coocan.jp/

みたちおもしろ機械工房
http://saba.tea-nifty.com/omoshiro/

現物合わせは基本です2
http://train.ap.teacup.com/bonnou108/
※「90㎝の幅があれば安価に自宅に軌道を」をモットーに
 自家用実用鉄軌道をローコストかつ元気に建設中。

|

« 投票数が100票を突破!
アンケートへの
御協力有難う御座います!
| トップページ | 窓の取り付けはカラーボックス並み!
先週の扉作りの苦労は
何だったんだー(泣・笑) »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

15インチキゲージ「自家用実用鉄軌道」の建設計画、いろいろな思い入れがあるのですね。今後の進行が楽しみです。

投稿: ぴょんぴょん | 2009年12月11日 (金) 午後 02時31分

実物の鉄道をプロトタイプにするのじゃなく、自分自身で線路を敷いて、その上に車輪をのせて、その上にシャーシをのせて、その上に車体をのせて、その上に人をのせて、はしらせたい。
というところだけを取り出して、それだけを純粋に楽しむ楽しみ方に憧れます。
でも、それを小さな模型でやると、いろいろとなんくせつけたり貶めたりするいわゆる知識豊富な鉄道マニアがいるところに、なんだか妙な限界を感じます。
大きな模型?いや、実物はいいですねえ(^^;;;

投稿: skt48 | 2009年12月11日 (金) 午後 07時25分

ぴょんぴょん様
いえいえそんな壮大な計画が
あるわけではありません。
ただ、どんなに小さな鉄道であっても、
鉄道としてそこに存在する存在意義のある
鉄道ごっこをやりたいという所です。
まー、大の大人が何をバカなことも…ってところです(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年12月11日 (金) 午後 08時43分

skt48様
最近、自分の技能的、時間的、体力的限界を
身にしみるようになってきたのが、
最大の要因だとは思うのですが、
16番ゲージをやっていた頃のような
スケール(精密感)への拘りは、
今はどうでもいい感じです。
線路が自宅にある、
その上にトロッコを転がしたり、
トロッコに乗って遊ぶ。
ただそれだけの事なんですけど、
それが色々なことに束縛もされず、
理屈抜きで楽しいと感じるようになったことは確かです。
それが、鉄道模型でも、実物の鉄道でもない
「自家用実用鉄軌道」の魅力なのかなーって思います。
わずか3m足らずの線路に
平トロのみであっても、
それが不思議と面白いんです(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年12月11日 (金) 午後 08時49分

とにかくトロッコになってみる…それだけで世界がかわるかなって思う人がまだまだいるはずですよ。のってしかめっつらになる人がすくないと思うけどー ははは。
がんばりまっしょい。

投稿: 同僚の○○ | 2009年12月11日 (金) 午後 09時54分

私は上を走るものより、線路がホンモノっぽい方が重要です~(笑)
90センチあれば開通しちゃうんですか。
ウチのベランダは30cmプレートを幅3枚ひいてあるから・・・。やばい(汗)

投稿: LUN | 2009年12月12日 (土) 午前 06時51分

同僚の○○様
確かに、やってみると、
傍観しているだけでは見えてこない
おもしろさ・楽しさを感じられますね。
トロッコって思わず、
人を笑顔にしてくれますね。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年12月12日 (土) 午前 09時26分

LUN様
線路そのものを楽しむには、
大きすぎず(重すぎず・太すぎず)
ちょうどいいのが、
6kgレールかもしれません。
Gゲージや5インチゲージの
レールとは明らかに存在感が違います。
しかも、3m足らずの
直線オンリーならば、
上物は戸車トロッコでも十分遊べますし、
それだったら、
ベランダにも十分設置可能かも…(悪魔のささやき・笑)。
砕石を敷けば、足つぼ刺激の踏み台になりますし、
板やチョコ板を載せれば、
路面軌道となってベランダとしての機能はそのままです。
移動式花壇なんかを平トロの上に作れば、
布団とかを干す時は移動なんてこともできるかも…。
ちょっとした割り切りが、
大きな喜びに繋がるのが、
15インチキゲージなのかなーって思います(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2009年12月12日 (土) 午前 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/46990915

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀に生き残った
(復活した)トロッコ…!?
昭和にちょっと思いを馳せる
現代が時代設定
:

« 投票数が100票を突破!
アンケートへの
御協力有難う御座います!
| トップページ | 窓の取り付けはカラーボックス並み!
先週の扉作りの苦労は
何だったんだー(泣・笑) »