« 地植え後、初開花の蝋梅(ロウバイ) | トップページ | 当社インチキ機関車で行く
下ノ沢鉄道庭園の旅! »

2010年1月13日 (水)

冬枯れた中にも春の訪れ
下ノ沢鉄道の見事な庭園

Sawaniwa01
春の訪れを告げる梅の花とインチキ機関車

Sawaniwa02
まだ一分咲きの梅の花

1月3日(日)に行われた沢鉄祭から
早2週間が過ぎ去った。
未だあの日の感動が
覚めやらぬ今日この頃だが、
今日は、沢鉄祭で撮った写真の中から、
沢鉄沿線の見事な庭園から
冬枯れた中にも春の訪れを感じさせる
下ノ沢鉄道の庭園の
草木たちを画像で紹介したい。

Sawaniwa03_2
大株の南天の横に留置されたトロッコ

Sawaniwa04
たわわに実る真っ赤な南天の実

Sawaniwa05
キウイの棚と椎茸のほだ木でできたトンネル

Sawaniwa06
木にびっしりと着生するシノブ

まー、鉄分の濃い方々には、
あまり興味のない部分かと思うが、
私のように、園芸も好きな者にとって、
沢鉄は周囲の小川や山々を借景とした
実に手入れの行き届いた庭園は、
それだけで必見の価値があったと言えるし、
今後の当社の庭作りに、
とても参考になるものであった。

Sawaniwa07
シダの盆栽とインチキ機関車

Sawaniwa08
見事な岩の盆栽

Sawaniwa09
実に自然な感じに植わっているツワブキ・イワヒバ等

Sawaniwa10
見事な和風ロックガーデンとインチキ機関車

下ノ沢鉄道公式ホームページ
http://www.h2.dion.ne.jp/~bu1492/sawatetsu.html

|

« 地植え後、初開花の蝋梅(ロウバイ) | トップページ | 当社インチキ機関車で行く
下ノ沢鉄道庭園の旅! »

ガーデニング」カテゴリの記事

庭園鉄道」カテゴリの記事

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

日本の農家の庭には線路は必須アイテムですね(笑)
機関車が写っていない、線路が庭園に溶け込んだ写真の方が惚れてしまいます・・・。

投稿: LUN | 2010年1月13日 (水) 午前 06時51分

沢鉄の沿線は、梅の花あり、南天の実を眺めたり、ぶどう棚(?)のトンネルをくぐったりして、なかなか味あいのある風景が見られるのですね。こんな路線なら楽しいですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2010年1月13日 (水) 午前 09時45分

いいなあ~という感じ。
伊豆半島に近いところ、とありますが春も間近なのかなと思ってしまいます。

投稿: おおきにくに | 2010年1月13日 (水) 午後 06時05分

LUN様
線路編も予定していますよ(笑)。
でも、当日は、生で見る感動に
浸っていましたので、
意外と写真が撮れていないので、
生の感動とはほど遠い
写真ばかりですみません。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年1月13日 (水) 午後 06時28分

ぴょんぴょん様
葡萄棚に見えるのは、キウイの棚です。
説明不足ですみません。
画像に注釈を付け足しておきました。
いやー、庭としても、
一度や二度ではとても
紹介しきれないほど濃ーいお庭でした。
また、機会が得られれば、
ぜひ違う季節にもお邪魔したい所です。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年1月13日 (水) 午後 06時39分

おおきにくに様
例年、かなり寒いとお聞きしていましたので、
梅が開花しているのに私もびっくりしました。
ちなみに、我が家の梅はまだまだ堅ーい蕾のままです。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年1月13日 (水) 午後 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/47272761

この記事へのトラックバック一覧です: 冬枯れた中にも春の訪れ
下ノ沢鉄道の見事な庭園
:

« 地植え後、初開花の蝋梅(ロウバイ) | トップページ | 当社インチキ機関車で行く
下ノ沢鉄道庭園の旅! »