« カメリア・エリナ・カスケードが
鈴なりの小花が満開
| トップページ | まさに「お友達」!!(笑)
海外の自家用鉄道…!?(ドイツ) »

2010年4月27日 (火)

セーバーソー(レシプロソー)恐るべし
試しに6kgレールを切断

Recipro01

日曜日に、近くのリサイクルショップで、
アサヒ株式会社のタイガーソー9747なる
セーバーソー(レシプロソー)が
1万ちょっと(新品で買えば3万円以上の製品)
で売っていた。

Recipro02
アサダ株式会社
タイガーソー9747(アメリカ製)

セーバーソー(レシプロソー)の本来の用途は、
鉄パイプなどの切断だが、
この製品は、厚さ19mmまでの軟鋼板の
切断も可能とあったので、
このスペックならば、
20mm幅の15mm厚の頭を持つ
6kgレールも何とか切断可能ではないか
というわけで、思わず買ってしまったのである。

Recipro03

そして、昨日、早速、
セーバーソー(レシプロソー)を試してみたのである。
セーバーソー(レシプロソー)の使用感であるが、
ズバリ、「セーバーソー(レシプロソー)恐るべし」である。
鉄の塊を切断しているのに、
当たれば火傷するほどの火花をバチバチと出す
高速切断機と違って、火花がほとんど出ないのである。
しかも音は電動のドリルドライバーやジグソーくらいの音である。
さすがに、一緒についていた中古の刃先は
切断の途中でパーになったが、
一緒についていた新品の刃先に替えたら
あっという間に切断完了なのである。

Recipro03_2

切断面は、ご覧の通り、少々曲がっているが、
これは、レールそのものを
きちんと固定できていなかったためなので、
それこそ、きちんとした土台に取り付けた
万力などにレールをきちんとかませれば、
もっと真っ直ぐきれいに切断できるのではないかと思う。
また、刃先をもっと上等なものに交換すれば
もっと効率はよくなると思われる。

Recipro05

とにかくセーバーソー(レシプロソー)の凄いところは、
切断中の音が小さく、火花が殆ど出ないところで、
住宅密集地の家庭で使うにはまさにピッタリの製品である。
あとは、定価4万円程度の価格帯の中古なので、
本体の耐久性がどうなのかという所が気になるところだが、
まっ、わずか1万円足らずの中古でこの性能ならば、
多少耐久性がなくても「まっ、いいか」という感じである。
それに、本来の用途のパイプの切断はもとより、
木材の切断もできるので、
率直に言って、高速切断機よりも
はるかに応用範囲の広い工具だと思う。

Recipro06

というわけで、当社にとって
最大の懸案であった6kgレールの曲げと切断に
これでおおよその目処がたったことは、
実に大きな前進である。
あとは、肝心のレールが欲しいということである(笑)。
次の課題は、6kgレールの購入先の開拓である。

※尚、紹介した上述の製品は、
 本来は鉄パイプを切断するための製品なので、
 上述のようにレールの切断に使う場合は、
 当然のことながら動作保障外なので、
 もし真似しようという方(そんな人はいないと思うが…)は、
 あくまでも自己責任でおこなって下さい。

アサダ株式会社
http://www.asada.co.jp/

アサダ株式会社-鋸盤-レシプロ式・丸のこ式パイプ切断機
http://www.asada.co.jp/seihin/nokogiri/3_01.html
※中古品の9747は平成18年購入品とあったので、
 現行機種にはそれに該当する製品はないが、
 スペック的には、9748の機能に加えて、
 持ち手を90度動かすことができる
 機能がついている感じである。

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« カメリア・エリナ・カスケードが
鈴なりの小花が満開
| トップページ | まさに「お友達」!!(笑)
海外の自家用鉄道…!?(ドイツ) »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

おちょ~、11位ですね。急浮上。smile

投稿: ituncle | 2010年4月27日 (火) 午前 05時40分

ituncle様
ひとえに皆々様の一押しのお陰で御座います。
誠にありがとうございます。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年4月27日 (火) 午前 05時49分

いま見たらアレアレ、9位!
痛快ですね!

投稿: おおきにくに | 2010年4月27日 (火) 午前 11時10分

いや~
あの堅いレールを曲げたり、切ったりするのは、見ただけでしり込みしてしまうのに、見事にやってしまいましたね。ペンチぐらいしか使わないので、感心するばかりです。怪我をなされないようにお気おつけくださるよう。はらはらして見ていますよ。

投稿: ぴょんぴょん | 2010年4月27日 (火) 午後 07時29分

おおきにくに様
いやー、皆々様の義理堅い一押しのお陰で、
久々にベスト10に入ることができました。
ありがとうございます。
朝は9位でしたが、先ほどは10位になっていました。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年4月27日 (火) 午後 10時03分

ぴょんぴょん様
鉄は確かに固いですが、
コンクリートに穴を開けたりするよりは、
比較的容易に穴や切断が可能ですし、
意外と曲がらないようで、
柔軟性があるので、
機器さえあれぱ
何とかなるものだなーって思いました。
もっともいずれも動作保障外の使い方
(目的外使用)なので、
作業の安全には今後も気をつけていくつもりです。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年4月27日 (火) 午後 10時06分

うちは2980円の100㎜ジスクグラインダーで切ってましたからー恐すぎでした。(あくまで事故責任)

よい子はマネをしてはいけませんよと社主様も書いてますが、ま、きっと多くの(笑えるぐらい少ない人数でしょうが)人がマネするでしょうねぇ。曲げと切断ーで、モノがない!ってのが笑えませんが、きっと開拓してくることでしょう。この夏楽しみですね。

でも昨年のあの怒濤の工作が蘇るのでしょうか。

うちは細々やってきまーす。

投稿: 元同僚の○○ | 2010年4月27日 (火) 午後 11時13分

Gゲージのレールを切断するのもタイヘンだったことを思いだしました。
このレールとは雲泥の差ですけど(笑)

投稿: LUN | 2010年4月27日 (火) 午後 11時49分

元同僚の○○様
何とかレールの方も調達先を開拓したいと思っています。
真似をするかどうかというか、
そもそも15インチを実際に始めよう
という方がどれくらいいるかと考えると、
やはり……でしょう。
トロッコなんてどこが楽しいの?っていうのが大半でしょうし…。
でも、やってみると理屈抜きで楽しいものですね。
昨年は、どんな材料を使うか、
どんな風に形にするかなど
全くの無からの出発でしたから、
構想を練るのにえらく時間がかかりましたね。
でも、逆に、その構想時間が長かったからこそ、
突貫工事で何とか完成したという感じです。
今年は、もう少しゆとりが欲しいところですが、
果たしてどうなりますやら…!?(笑)

投稿: どてかぼちゃ | 2010年4月28日 (水) 午前 04時22分

LUN様
その材料に見合った道具を使えば、
それほど大変なことではありません。
それこそ、6kgレールを
ハンドソーで切断しようとしたら、
気の遠くなるような時間がかかると思いますけど…。
それに、このサイズになってくると、
レール1本を切断するのも
不思議と楽しくなるもんなんですよねー(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年4月28日 (水) 午前 04時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/48191162

この記事へのトラックバック一覧です: セーバーソー(レシプロソー)恐るべし
試しに6kgレールを切断
:

« カメリア・エリナ・カスケードが
鈴なりの小花が満開
| トップページ | まさに「お友達」!!(笑)
海外の自家用鉄道…!?(ドイツ) »