« できないことは専門家に
お縋りするのが一番!
懇切丁寧な高橋金属株式会社!
| トップページ | 土が足りなーい(泣・笑)
カメ池排水管埋め戻し完了…!? »

2010年5月30日 (日)

現物合わせの醍醐味(笑)
レールベンダー実用化の第一歩!

Railb001
アダプターを仮組したレールベンダー

先だって購入したパイプベンダーを
無理矢理レールベンダーとして使ってみた。
9t油圧式パイプベンダーを試しに買ってみた!
パイプベンダーは当然のことながら、
パイプを曲げるための工具である。
なので、確かにレールは曲がったものの、
レールの形状が微妙に歪んでしまったのである。
親子で6kgレール曲げ!(笑)

Railb003
ジムクロ(ジンクロ)の使い方
(「保線作業 絵とき基本動作」より)

そもそもレールの曲げには、
昔は、ジンクロ(甚九郎)が使われたわけだが、
「保線作業 絵とき基本動作」
(田中平治郎著・株式会社交友社刊)の
56~57ページの「基本動作 レール屈折」の
ジムクロ(ジンクロ)の使い方によると、
ジンクロは、鉤(かぎ)形をした部分を
レールの頭部分に引っ掛けて、
ジャッキの頭部分にあたるところも
レールの頭部分にあたるようにし、
レールとジンクロが直角になるように
受台をするように指示されている。

Railb004
レールの凹凸に合わないアダプターの形状

前述のジンクロの使い方を
パイプベンダーに当てはめてみると、
ジャッキ部分の頭の部分は
おおよそレールの頭の部分に当たっているのだが、
レール自体には凹凸があるのに対して、
当然のことながら、アダプターの形状は、
そのレールの凹凸にあっていないために、
ジャッキの力でレールの頭の部分に圧がかかると、
レールの頭の部分と足の部分が
ジャッキの頭に対して斜めになってしまい、
その結果として歪んでしまうのである。

Railb002
高橋金属に作ってもらった
アダプターの部材(左)とベンダーの置き台(右)

そこで、高橋金属にお願いして、
直径の違う丸い鉄板を作ってもらい、
その丸い鉄板をレールの凹凸に馴染むように、
複数枚重ねて組み合わせて、
4本のボルトで止めて、
アダプターを作ろうと考えたのである。
現在、手元に長い6kgレールがないので、
実際に試してはいないが、
昨日、仮組してみたところ、
なかなかいい感じである(自画自賛)。

Railb005
レールの頭の中心からわずかにはずれるジャッキの頭

ただ、アダプターがレールの高さ位置までしかなく、
ベンダーと上蓋を結ぶ心棒の上まで来ていないので、
上蓋をつけてジャッキで圧をかけると
心棒が斜めになってしまうのである。
そこで、下の画像のようにアダプターを
上乗せして心棒の上の高さまでかさ上げしたところ、
心棒の垂直がおおよそ保たれるようになった。
(まだ微調整が必要のようだが…)

Railb006
ベニヤ板で嵩上げし、
アダプターを上乗せレールベンダー(正面)

また、上の上の画像でご覧の通り、
ジャッキの頭の中心が
レールの頭の中心からほんの少しずれているので、
上の画像のように、
レールの下にアダプター用の穴を開けた
9mm厚のベニヤ板を入れて調整してみたら、
なかなかいい感じになった。
ということで、アダプター用の部材については、
またまた高橋金属にお願いして、
追加注文しようと思う。

Railb007
ベニヤ板で嵩上げし、
アダプターを上乗せレールベンダー(真横)

まだ実際に6kgレールを曲げてみたわけではないし、
あくまでも現物合わせもままならぬ私の推測でしかないが、
とりあえず、レールベンダーの実用化の
第一歩を踏み出したという感じである(笑)。
とにかく、このあたりのノウハウは、
鉄道会社の保線作業では
ごくごく当たり前のことだとは思う。
でも、そもそも半径2mなんて急曲線は、
鉄道会社の現場でも行われないことだし、
今どきジンクロを入手することは難しいし、
かといって、レールベンダーなんて
高価なものはとても買えないので、
なんとかパイプベンダー改め
レールベンダーの実用化に向けて
6kgレールが入手できた所で
いろいろと試してみたいと思う。

Railb008
ベニヤ板で嵩上げし、
アダプターを上乗せレールベンダー(真上)

まっ、今はコンピュータで
何でもシミュレーションできる時代なので、
なんでも計算で割り出せてしまえれば一番いいんでしょうし、
それはそれで楽しい世界なんでしょうけど、
私には逆立ちしても無理な話だし、
やってみてやればできるじゃん(笑)。
やっぱりダメだったか(泣)というのが、
現物合わせの醍醐味でもあるわけで、
それはそれでいいんですよねー(負け惜しみ・笑)。

Railb009
ベニヤ板で嵩上げし、
アダプターを上乗せレールベンダー(真横全体)

※尚、紹介した上述の製品は、
 本来パイプを曲げるための製品なので、
 上述のような使い方は、
 当然のことながら動作保障外なので、
 もし真似しようという方(そんな人はいないと思うが…)は、
 あくまでも自己責任でおこなって下さい。

高橋金属株式会社・・インターネットの鋼材屋さん・・<OML METAL>
http://www.omlmetal.co.jp/index.htm

さすが餅は餅屋!6kgレール曲がっちゃった!
同僚の○○氏設計高橋金属製レールベンダーが
15吋鉄道開業の道を拓く! 八木軽便鉄道・社長室

http://ylr.cocolog-nifty.com/ylr/2009/03/post-f9cc.html

6kgレール曲げてみた(笑)
9t油圧式パイプベンダーを試しに買ってみた! 八木軽便鉄道・社長室

http://ylr.cocolog-nifty.com/ylr/2010/04/kg-9666.html

親子で6kgレール曲げ!(笑)
慣れは必要だが
9t油圧式パイプベンダーは実用性十分! 八木軽便鉄道・社長室

http://ylr.cocolog-nifty.com/ylr/2010/05/kg-9c86.html

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« できないことは専門家に
お縋りするのが一番!
懇切丁寧な高橋金属株式会社!
| トップページ | 土が足りなーい(泣・笑)
カメ池排水管埋め戻し完了…!? »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

ん~また恐ろしいことを!
当方としてはひたすら見守るしか・・・
どうなるか楽しみなことですね。

投稿: おおきにくに | 2010年5月31日 (月) 午後 04時37分

おおきにくに様
このパイプベンダー、
パイプベンダーとしてはあまりうまく曲がらない感じですが、
レールベンダーとしては、
アダプターが変わったので、
有用になるのではないかと思っています。
というかなんとか実用になって欲しいところです。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年5月31日 (月) 午後 08時38分

またまた凄いモノをつくって、いやたのんでしまいましたね。前回の写真をみて、あれがこうなって、それがあーなってと、妄想しました。

一つ気になったことは、写真だけだからわかりませんがー、円盤の半径が結構ありそうで、レールを曲げすぎて、逆に伸ばさなければならないときに、押出しピンとレールが近すぎないかなとおもいましたがー大丈夫でしょうか?

でも、円の半径差を利用して圧を逃がさないように考えていて、生きる力数学編というところでしょうか。新指導要領の数学的活動ここにありですね。自爆!

投稿: 元同僚の○○ | 2010年5月31日 (月) 午後 11時31分

元同僚の○○様
数学的にどうかはよーわかりませんが、
大きな半径の部分は、
ちょうどレールが
凹んでいる部分にあたるので、
曲がったレールであっても、
その部分は凹んでいるので、
曲げすぎたレールを
曲げ戻す時であっても、
影響はないのではないかと
考えているのですが…。
とにかく、机上でシミュレーションできる
力量がないため、
レールがきたら現物合わせで試すあるのみです(泣・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年6月 1日 (火) 午前 05時18分

レール曲げはその後どんな結果になりましたか?
私の主観では横からレール上下全体に力を加えないと、力を加えて行った時に歪んだ(弱い部分)が突然、破壊しそうに思います、
大きな力を加える場合はバランスが非常に大切ではと見てます、
それにしても力を加える道具の方が力負けしそうにも、くわばらくわばら

投稿: 齋藤泉 | 2014年4月 6日 (日) 午後 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/48493049

この記事へのトラックバック一覧です: 現物合わせの醍醐味(笑)
レールベンダー実用化の第一歩!
:

« できないことは専門家に
お縋りするのが一番!
懇切丁寧な高橋金属株式会社!
| トップページ | 土が足りなーい(泣・笑)
カメ池排水管埋め戻し完了…!? »