« だまし絵の魅力
えほん百科(平凡社刊)第12巻の
「木材(もくざい)」のページ
| トップページ | ネモフィラの
ライトブルーの丘は壮観!
国営ひたち海浜公園その1 »

2010年5月 2日 (日)

小堤晶子氏の作品
(電車シリーズ)に釘付け
笠間の陶炎祭(ひまつり)に
行って来た

0zu01
お土産に買った「電車シリーズ」のフリーカップ


1泊2日で茨城に家族旅行に出かけた。
初日の昨日は、茨城県笠間市で行われている
陶炎祭(ひまつり)に行って来た。
私自身、陶芸や焼き物が趣味というわけではないが、
それぞれの作家がこだわりをもって
手がけた作品を眺めるのは、
実に楽しいものである。

0zu02
小堤晶子氏(OZ.FACTORY)の出展会場
(会場内店番:125)

そんな陶炎祭で、
笠間で作陶されている
作家・小堤晶子氏(OZ.FACTORY)の
作品に釘付けとなった。
小堤氏の出展会場(会場内店番:125)には、
とてもほのぼのとした実にかわいらしい
電車やバス・車がついている
数々のカップ、皿、花器、時計などが
置かれていたのである。
当然のことながら、
私が一番気に入ったのは、
電車のついた器たちである(笑)。
いやー、それにしても、
こんなところで、こんなに
鉄分の濃い作品に巡り会えるとは…(笑)。
(鉄分のない方も絶対オススメ・笑)

0zu03

0zu04

というわけで、取っ手が
街並みの真ん中の線路の上を走る
2両編成の青い電車になっていて、
カップの下部分に土鈴のついた
フリーカップを1つお土産に買ったのである。
早速、お茶を入れて呑んでみたが、
お茶を呑むたびに、
チリンと土鈴がなる様は、
鉄分の濃さに関係なく、
まさに癒し系焼き物である(大満足・笑)。

0zu05

0zu06

いろいろと調べてみると、
小堤氏は、東京をはじめ各地で
個展も開かれているようなので、
また機会があったら、
ぜひ個展にも足を向けてみたい
と思った次第である。

0zu07

笠間の陶炎祭(ひまつり)公式ホームページ
http://www.himatsuri.net/index.php

【小堤晶子(おづつみ あきこ)氏のプロフィール】
1993年 女子美術大学工業デザイン科卒業
1996年 バスやトラックの内装デザインの会社に勤めながら、
      「国立 自遊工房」にて作陶を始める。
2006年 茨城県笠間市に窯元を作る。
バスやトラックの内装デザインの会社に勤めた経験を生かし、
「ブーブーシリーズ」、「おうちシリーズ」、「電車シリーズ」
などの数々の作品を手がける。

オヅファクトリー(OZ.FACTORY)の公式ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/oz.factory/hello/

ツレツレブログ(小堤晶子氏の公式ブログ)
http://orange.ap.teacup.com/nekota/

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« だまし絵の魅力
えほん百科(平凡社刊)第12巻の
「木材(もくざい)」のページ
| トップページ | ネモフィラの
ライトブルーの丘は壮観!
国営ひたち海浜公園その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

線路の時計欲しくなりました・・・

電車は付いてないほうがオシャレですね。
どこかに分岐機を付けてほしいくらい(笑)

投稿: LUN | 2010年5月 4日 (火) 午前 06時24分

LUN様
だるま型転轍機付ってのもいいですねー(笑)。
電車や線路や街並みが、
絶妙なバランスで
抽象化されているのが
かえってリアルな本物よりも
癒される感じがします。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年5月 4日 (火) 午前 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/48249816

この記事へのトラックバック一覧です: 小堤晶子氏の作品
(電車シリーズ)に釘付け
笠間の陶炎祭(ひまつり)に
行って来た
:

« だまし絵の魅力
えほん百科(平凡社刊)第12巻の
「木材(もくざい)」のページ
| トップページ | ネモフィラの
ライトブルーの丘は壮観!
国営ひたち海浜公園その1 »