« 四季咲き性のニワフジと
二季咲き?のハギ
| トップページ | 観念の臍を固めるか…!?(泣・笑)
つっ、ついに来たぞ
6kgレール!!!(笑) »

2010年6月11日 (金)

他人事ではないぞ!
勾配は作りたくないが…

Toro01_2
下ノ沢鉄道に乗り入れる当社15インチキ列車

「三笠鉄道村 4歳、遊具で指切断
軌道自転車の歯車に挟む」(北海道新聞)
「指切断:4歳児、遊具で
トロッコのチェーンに挟む--北海道・三笠」(毎日新聞)
「4歳児、遊具にはさまれ指切断
北海道三笠の鉄道記念館」(朝日新聞)
という見出しの痛ましい新聞記事が
先だっての7日の朝刊各紙に載った。

「職員は配置していなかった。」
と記事にあるので、
きっと何らかの形で
管理責任が問われるだろう…!?
いつかどこかで同様の事故が起こるのでは…?
という危惧はあったが、
それにしても、三笠鉄道村の事故は
大型乗用鉄道模型をやっている者にしてみれば、
他人事ではないという話である。

そもそも軌道自転車(トロッコ)は、
本来、保線区の鉄道員が
移動や物資輸送のために使うためのものである。
なので、本来、不特定多数の一般人向けに、
「安全第一」で耐久性も考慮して作られる
営業用遊具施設(車両)には不向きなのである。
でも、かといって、「鉄道博物館」と称しているのに、
普通の遊園地にあるような遊具では
面白みがないことも確かである。
このあたりは難しい所である。

Toro02
昨年のJAM国際鉄道模型コンベンション当社倶楽部出展ブース

当社にとっても、
夏のコンベンションでの体験運転を控えて
決して他人事ではない事故である。
なので、大型乗用鉄道模型を楽しむ上で、
以下のように楽しみ方を
限定する必要があると考えた。

1)立山砂防ダムやかつての木曽森林鉄道のように、
  これは本来の目的外利用なので
  危険を覚悟の上で運転することを
  同意した方だけに体験運転を認める。
2)リアルさはないが、てトロ381形のような
  十分な安全対策を施した遊具で運転してもらう。
3)自家用鉄道としてごく限られた家族や
  知人だけで「自己責任」の名のもとで楽しむ。
4)大人の趣味として
  危険性をよく熟知した人限定とし、
  大人以外は使用させない。

Toro03_2
本物のトロッコを15インチに改軌した下ノ沢鉄道のトロッコ

というわけで、コンベンションの体験運転では、
2)を意識しながら、1)のように
「この出展エリアは、
不特定多数の一般人向けに
安全性・耐久性も考慮して作られた
営業用遊具施設(車両・線路)ではなく、
個人が危険性も十分に理解した上で、
あくまでも個人的に趣味として
楽しむために作られた施設(車両・線路)である。」
ということに同意してもらった上で、
安全運転に心掛け、係員の指示に従い、
楽しんでもらおうと思う。
(文言うんぬんは今後、熟慮していくが…。)

では、普段の自宅での
「自家用鉄道(庭園鉄道)」としてはどうか…!?
芥川龍之介氏の小説「トロッコ」の話ではないが、
本来、トロッコ遊びとは、
大人の目を盗んで
こっそり遊ぶところに醍醐味があるわけである。
だが、その行為は状況によっては、
重大な事故・大怪我につながるのも確かである。
(だから子どもにとっても大人にとっても
スリルがあって楽しいわけだが…。)

現在、当社は15インチゲージへの
広軌化工事を進めているが、
その工事で最大の問題は、
裏庭と表庭の高低差が
約20cm前後あることであり、
裏庭と表庭の間に勾配をつけたとしたら、
もっとも緩やかにしたとしても、
約20‰にはなることである。
当然のことながら、安全を考えた場合、
可能な限り、水平であることが望ましいわけだが、
その場合、裏庭部分の地面を削りとるか、
表庭部分を全て高架にしなくてはならないのが
頭の痛い所である。

Toro04
高低差は約20cm

とにかく、一番安上がりなのは、
極力急な高低差ができないようにしながら、
勾配を作ることである。
しかし、勾配を作れば事故の危険性は
間違いなく増大である。

ならば、裏庭の高さに合わせて
水平にすればいいわけだが、
そうなれば、表庭側を何らかの方法で
高架にしなくてはならず、
余計な出費が生まれることと
歩き難い所が生じてくることは確かである。

では、一番安全な方法で、
しかも安上がりな方法は何か…!?
ズバリ、裏庭の路盤部分を
一律20cm削って掘り下げていく方法である。
しかし、これはかなりの
難工事となることが予想される。

Toro05
プラ車輪で軽量化を図った当社15インチキトロッコ

「自家用鉄道(庭園鉄道)」は、
いくら「自己責任」とは言っても、
「命あっての物種」なので、
やはり「安全第一」に越したことはないのである。
さて、勾配を作るか?作らないか?
うーん、大いに悩むところである。

三笠鉄道村 4歳、遊具で指切断 軌道自転車の歯車に挟む-北海道新聞[道内]
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/235460.html


指切断:4歳児、遊具で トロッコのチェーンに挟む--北海道・三笠 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100608ddm041040076000c.html

asahi.com(朝日新聞社):4歳児、遊具にはさまれ指切断 北海道三笠の鉄道記念館 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0606/TKY201006060135.html

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« 四季咲き性のニワフジと
二季咲き?のハギ
| トップページ | 観念の臍を固めるか…!?(泣・笑)
つっ、ついに来たぞ
6kgレール!!!(笑) »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

あの記事は考えさせられます。
一緒にいって楽しく遊んでいた親御さんの気持ちを考えると心も痛むし、でももうちょっっとみてやってくれよという気持ちもあるし。チェーン剥き出しーひきこまれたらーって考えてほしかった。あー子どもさんかわいそう。

うちもチェーン剥き出しですからねぇ。とにかく乗せないってのが一番でやっていきます。でもね、のっちゃうのがいるだろうしねぇ。

あと高低 低きところにころがっていきますよ。地球上なら。2mで5㎝下げたら、(実際なら凄い勾配、補機つけないと)結構ころがりますからね。

怖いですよ。

投稿: 元同僚の○○ | 2010年6月12日 (土) 午前 07時53分

元同僚の○○様
怪我に遭った親子にとっても、
善意でやってた施設側にとっても
実に痛ましい事故ですね。
ホントに他人事ではありません。
難工事にはなりそうですが、
裏庭の路盤部分を掘り下げるのが
一番安全なのかなーって方向で
進めていこうかと考えています。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年6月12日 (土) 午前 10時09分

 なかなか難しいですね 完全子供向けに製作すれば問題も無いのでしょうが、それだと大人が楽しめませんし、、、
 うちだと ①と④でしょうか

 思うに、大人自身が身近に存在する危険を意識しなさすぎというのも問題だと思いますね、また、危険だからと言って闇雲に触らせないのではなく、それが如何に危険か? 如何にすれば安全に扱えるか 考えられる大人も減っている感じがします 

 うちには 下手すれば人が簡単に死ぬような機械を一杯置いてるので、小さい子供をつれて遊びに来る知人には、絶対に子供から目を離さないように、勝手に機械に触らないように約束して貰っています
 ですが、子供が機械を動かしたいと言った時は、大人が横について触らせます、、 その時に 絶対にやっていけない事とよい事はきっちり教えます

 あとは 子供用の安全な汽車を置いて、そこで遊んで貰うようにしています(ゲームセンターにある100円で走る奴です)これなら放置プレイでも問題なしです

投稿: かーはら | 2010年6月14日 (月) 午前 12時58分

現実的には、コンベンションの際には保護者同伴でなければ中学生以下は絶対に乗車させない、とでもしておいた方が良いと思います。幸いにも、我等の陣地では事故は発生していませんが、この幸運が絶対に今後も続くとは限らないわけですから、、、。

投稿: 松本哲堂@風雅松本亭 | 2010年6月14日 (月) 午前 08時13分

かーはら様
私も、息子たちには、
一定のルールを決めて遊ばせていますが、
心配なのは、息子たちの友だちが
勝手に遊んだ時ですね。
今のところ、私がいない時に、
友だちと勝手に
遊んではいけないことにしていますが…。
なので、これは自由に遊んでいいけど、
これはダメとかルールを決めていったり、
勾配をなくすなど、
可能な限り、安全対策は考えていくつもりです。
そもそも設置スペースも広くありませんから、
機関車を走らせるにしても、
屋上アミュレベルのトロトロ運転しかできません。
なので、可能な限り、息子たちも遊べる形がいいのかなーって思っています。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年6月15日 (火) 午前 05時25分

松本哲堂@風雅松本亭様
とにかく、保護者の同意はとりつけておいた方がいいのかなーって思いますし、
保護者にも「遊戯施設」の遊具ではなく、
あくまでも「自家用鉄道」の面白さを体験してもらう「体験運転」であることが重要かなーって思います。
つまり、「自家用鉄道」なので、
最初から「遊具施設」の遊具のように、
あらゆる場面を想定した安全対策は、
施されていないので、
「目的外利用」の範疇に入っていることを理解してもらい、
木曽森林鉄道のように、
万が一事故が起こっても、
「自己責任」となる旨を承諾してもらえた場合のみというのが妥当なのかなーって思います。
最近、このあたりが曖昧になってきていますので、
今年のコンベンションでは
はっきりと打ち出していこうと考えています。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年6月15日 (火) 午前 05時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/48605266

この記事へのトラックバック一覧です: 他人事ではないぞ!
勾配は作りたくないが…
:

« 四季咲き性のニワフジと
二季咲き?のハギ
| トップページ | 観念の臍を固めるか…!?(泣・笑)
つっ、ついに来たぞ
6kgレール!!!(笑) »