« 本物同様な模型を楽しむか?
実物に似せた模型を楽しむか?
| トップページ | 7月6日が「ナローの日」なら、
10月6日は「トロッコの日」…!?(笑) »

2010年7月 5日 (月)

夏向けの涼しげな花の
長葉水葵(ポンテデリア・コルダタ)

Ngabamizuaoi02
ノウゼンカズラとナガバミズアオイ

長葉水葵(ナガバミズアオイ<和名>)こと
ポンテデリア・コルダタが、
今年も青紫色の涼しげな花を咲かせてくれた。

Ngabamizuaoi03
ナガバミズアオイの蕾

ポンテデリア・コルダタは、
ミズアオイやホテイアオイの仲間で、
北アメリカの淡水の湿原・沼地などに
自生する水生植物である。
花茎や葉の内部がスポンジ状になっていて
水に浮くような構造になっているが、
ホテイアオイのような浮遊性はなく、
日当たりの良い浅瀬の水底に根を伸ばして
葉や花穂だけを水上に伸ばすタイプである。

Ngabamizuaoi01
花びらには黄色の斑点がついている

花期は6月から10月ぐらいで、
穂状の花序を葉の付け根から伸ばし、
青紫色のホテイアオイに似た
夏向きの涼しげな小さな花を
たくさんつけてくれる。
花は一日花だが、
次から次へと開花するので、
夏の暑い盛りに
結構長く花を楽しむことができる。

Ngabamizuaoi04
次々と咲く涼しげな青紫色の花

他の水生植物同様、繁殖力は旺盛で、
自生地では草丈が
80cm~100cmくらいに成長するようなので、
こまめな株分けが必要なのは確かである。
でも、睡蓮鉢や鉢植えにしてバケツとかに入れておくと、
比較的コンパクトにまとめることも可能である。
(水切れには要注意)
図鑑によっては「半耐寒性」とあるが、
「-15℃以上の耐寒性がある」ともあり、
ホテイアオイと違って、
関東地方以西ならば
冬場に地上部は枯れるが、
屋外で十分越冬できるのではないかと思う。
(少なくとも千葉県北西部の昨年の冬の寒さにも
十分耐えて、春には元気よく芽を出してくれた。)

Ngabamizuaoi06
爆食中のカメたち

この所、蒸し暑い陽気が続いているが、
爆食ガメの巨大クサガメ
(長男は「ガメキチ」と命名<メスなのだが…>)も仲間入りして、
カメたちは元気いっぱいで毎日爆食中で、
餌代が結構かかるのが悩みの種である(泣・笑)。
これからますます暑くなってくる所だが、
ポンテデリア・コルダタの花と眺めていると
ほんのちょっぴり涼しげな気分になれるのである。

Ngabamizuaoi05
雨上がりに陸地に上がってのほほーんのカメたち

【ポンテデリア・コルダタ】
科名:ミズアオイ科
属名:ポンテデリア属
学名:Pontederia cordata
和名(別名):長葉水葵(ナガバミズアオイ)
原産地:北アメリカ南部

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 本物同様な模型を楽しむか?
実物に似せた模型を楽しむか?
| トップページ | 7月6日が「ナローの日」なら、
10月6日は「トロッコの日」…!?(笑) »

カメ」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

クサガメ」カテゴリの記事

ニホンイシガメ」カテゴリの記事

コメント

長葉水葵が涼しげに咲きだしましたね。
水気が好きで、耐寒性があるのですね。池造りには欠かせない植物になりそうですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2010年7月 5日 (月) 午後 11時14分

こんばんわ
カメさんズのご飯はどんなものですか?
古い神社とかお寺の池に
何十年も住んでいたりするけど
ご飯をあげていないと
うかがったことがあります
雑食ですか?
それとも専用にご用意されるのですか?

ナガバミズアオイのこのような姿は
初めて拝見しました
ホテイアオイは去年一昨年と購入しましたが
全滅したので
もう手をだすのをやめました(笑)
睡蓮鉢でも可能・・・というと
また、お耳がピクピクしますが
新しいものに手を出すのは暫くガマンです
これからは、フフ・・・
ここで色々眺める事ができそうなので
自分のお庭が広くなったと
勝手に妄想シテ楽しむ事にしちゃいます

投稿: kikikibi | 2010年7月 5日 (月) 午後 11時21分

ぴょんぴょん様
長葉水葵はかなり丈夫ですね。
水カンナほど大きくならないので、
コンパクトに楽しめるのがいいです。
それこそ、大きな池が作れると、
睡蓮とか蓮と組み合わせたりすると、
なかなか見応えのある池になると思いますが、
現状としてはそれは叶わないところです。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年7月 8日 (木) 午前 06時18分

kikikibi様
リクガメは草食性で、
野草中心に粗食に育てますが、
水棲ガメは雑食性です。
ホテイアオイなどの水草も食べますし、
タニシなども食べます。
でも、飼育下では、ドックフードのような
エサが市販されていますので、
そのエサを中心に
たまに乾燥エビなどを与えています。
ホテイアオイは、非耐寒性なので、
日本では一年草扱いが一般的ですが、
本来、多年草であるものとわかっていると、
やはり越冬させたいところですね。
ホテイアオイを冬越しさせるには、
冬場は日当たりのいい室内に取り込み、
水中ヒーターなどで加温すれば越冬可能です。
ついつい他の方々のブログを拝見すると、
自分の植え場所も考えずに
増やしてしまいたくなるもんですよねー。
うーん我慢、我慢(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年7月 8日 (木) 午前 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/48802798

この記事へのトラックバック一覧です: 夏向けの涼しげな花の
長葉水葵(ポンテデリア・コルダタ)
:

« 本物同様な模型を楽しむか?
実物に似せた模型を楽しむか?
| トップページ | 7月6日が「ナローの日」なら、
10月6日は「トロッコの日」…!?(笑) »