« 繋げればお約束の試走(笑)
息子たちパワーで
渡り板(ざら板)軌框量産化進む
| トップページ | 斜め切りは消耗戦(泣)
無謀にも分かれ道…!?(泣・笑) »

2010年8月16日 (月)

なかなか手強い6kgレール(泣・笑)
各種治具を駆使して
レールの加工開始

Railkakou04
息子たちにも手伝ってもらないながら、
直線軌框の軌間確認治具を押さえに
曲線レールを切断していく

渡り板軌框の方は、あと3枚製作予定だが、
おおよその加工の見通しも立ったので、
とりあえず、昨日は、
まだほとんど手つかず状態の
6kgレールを使用した軌框の製作の準備のために、
6kgレールの加工を開始した。

Railkakou05
弓ノコで切りしろを作ってから
セーバーソーで切断すると真っ直ぐ切りやすい

Railkakou06
セーバーソーでの切断は
火花がほとんど出ないことと
大きな音が出ないことがいい

すでに、6kgレールの曲げについては、
高橋金属に依頼して作ってもらった
パイプベンダーのアタッチメントを取り付けた
レールベンダーでおおよその目処は立っているし、
レールの切断についても、
セーバーソー(レシプロソー)で実現している。

Railkakou07
切断断面もまずまずの仕上がり

Railkakou03
みたちおもしろ機械工房製の
鉄パイプ簡易軌框を型紙にして作った
直線軌框の軌間確認治具

しかし、レールを軌框として組んでいく場合、
直線軌框ならば、決めた長さに切断して、
あとは軌間に合わせて
枕木に固定するだけとは言いながらも、
両端にはペーシ(継ぎ目板)をとめる
モール用の穴を開けなくてはならない。
そこで、まず軌間を決めるための治具を
2×4材と1×4材で作ったのである。
また、モール用の穴の位置決めをするために、
レールベンダーでお世話になった高橋金属に
穴の位置決め用の治具(6mm下穴用・12mm穴用)と
レールを横に置いて穴を開ける時に
レールを固定するために、
レールの形に合わせた切り込みを入れた治具を、
これまた高橋金属につくってもらったのである。

Railkakou08
高橋金属製の
モール用の穴決め治具
(6mm下穴用・12mm穴用)

Railkakou09
高橋金属製の
レールを横置きにして作業するための治具
レールの断面に合わせた溝がミソ

Railkakou10
曲線レールでも脚で押さえればほとんどぶれない
高橋金属製の
レールを横置きにして作業するための治具

Railkakou11
高橋金属製の
下穴用治具に合わせてドリルで穴を開ける

さらに、6kgレール軌框の最大の難関は、
何と言っても曲線軌框である。
曲線軌框は、曲げたレールの軌間を
曲げた全箇所において揃えてなくてはいけないが、
これがなかなか難しいところである。

Railkakou02
みたちおもしろ機械工房製の
鉄パイプ簡易軌框を型紙にしてレールを曲げていく

そこで、みたちおもしろ機械工房の
半径2mの鉄パイプ簡易軌框を型紙にして
その型紙に合わせながら
レールベンダーで6kgレールを曲げていき、
最後に同じ鉄パイプ簡易軌框を型紙に
2×4材で作った軌間確認用の治具を作って、
それで最終的な軌間を確認をすることにしたのである。

ちなみに、当社の技術水準(加工精度)からして
曲線区間の全箇所をすべて一律の揃えることは
不可能に近い(泣)ので、
もっとも狭くなってもみたちおもしろ機械工房の
軌間に合わせて軌間確認用の治具については
384mm(381mm+スラック3mm)とし、
曲線部分の軌間がおおよそ384mm~390mm以内に
収まることを当社の標準規格としたのである(泣・笑)。

Railkakou01
みたちおもしろ機械工房製の
鉄パイプ簡易軌框を型紙にして作った
半径2mの曲線軌框の軌間確認治具

というわけで、昨日は、
これらの治具を駆使して、
とりあえず、半径2mの
曲線軌框(45度角分)1組分の
レールの加工を試作したのである。
いやー、なかなか手強い6kgレールである(泣・笑)。
さて、いよいよ今日から
本格的な6kgレールの
加工に入っていきたいと思うが、
果たしてどうなることやら…(泣・笑)。

みたちおもしろ機械工房<三立応用化工(株) 桐生工場>
http://www.sunfield.ne.jp/~mitachi2/

みたちおもしろ機械工房・奮闘記
http://saba.tea-nifty.com/omoshiro/

高橋金属株式会社・・インターネットの鋼材屋さん・・<OML METAL>
http://www.omlmetal.co.jp/index.htm

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« 繋げればお約束の試走(笑)
息子たちパワーで
渡り板(ざら板)軌框量産化進む
| トップページ | 斜め切りは消耗戦(泣)
無謀にも分かれ道…!?(泣・笑) »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

量産体制ですね(^^)
商売ができそうですsmile

投稿: ちんたら工場 | 2010年8月16日 (月) 午前 06時42分

いやー、改めて日曜大工レベルの
工具の限界を感じますね。
なんとかそれらをカバーしようといろいろと治具を作ったりしてみたのですが、
昨日、できたレールは
半径2mの曲線軌框45度角分の
2本のみです(泣・笑)。
いやー、15インチゲージは、
そんなに甘いもんじゃないですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年8月16日 (月) 午前 08時53分

こんにちわ
セーバーソーは聞いたことがあったのですが
あんなに切れ味がすごいとは驚きました
火花が出て、音もすごいと思っていたのに
違うのですね

日曜大工レベルを超えても
本職には遠いですよね中間ってなさそうで
どてカボチャさんのような方のレベルが
マスマス向上するのではないでしょうか

昔の職人さんのように
今に道具も作るようになりますか?
あれ・・・もう作ってますか??

投稿: kikikibi | 2010年8月16日 (月) 午後 01時38分

kikikibi様
どんな趣味にも中級者向きというのは、
なかなかないですね。
それはとても幅が広いからでしょう。
もっとも私はまだまだ初心者レベルですけど…(泣・笑)。
そもそもレールを人力で曲げたり、
人力で切断するということは、
今の実際の鉄道会社ではやられていないことなので、
人力で線路を作るための道具なんていうのは、
今はとても高価なものか、手に入らないのが実情です。
というわけで、せいぜい道具の小改造や
治具を作ることでなんとかしようと思っています。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年8月17日 (火) 午前 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/49158705

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか手強い6kgレール(泣・笑)
各種治具を駆使して
レールの加工開始
:

« 繋げればお約束の試走(笑)
息子たちパワーで
渡り板(ざら板)軌框量産化進む
| トップページ | 斜め切りは消耗戦(泣)
無謀にも分かれ道…!?(泣・笑) »