« 単複線+鈍端分岐器=両渡り線
の構想
単複線部分完成!
鈍端分岐器は…!?
| トップページ | 息子たちもスタッフに加わる…!?
第11回国際鉄道模型コンペションが開幕! »

2010年8月20日 (金)

間に合わせ試作鈍端分岐器完成
JAMコンベンション
前日準備完了…!?(泣・笑)

Dontan01
一応完成した試作鈍端分岐器

いよいよ今日からJAM(日本鉄道模型の会)
第11回国際鉄道模型コンベンションである。
というわけで、昨日の前日準備(搬入)に
なんとか間に合わせるべく、
昨日は、1組目の単複線に続く
試作鈍端分岐器部分を
親子でなんとか完成させたのである。

Dontan02_2
ネジ止めする息子たち

鈍端分岐器(ポイント)は、
滑節ポイントともいい、
トングレール(先端軌条)を使用せず、
レールをそのまま2本並べて、
並べたレールを左右に動かして、
列車を分岐させる構造の分岐器である。
日本ではほとんど使用例はないが、
海外の一部では現在でも使用されている。

【参考】鈍端ポイント ~保線ウィキ~
http://www.hosenwiki.com/index.php?title=%E9%88%8D%E7%AB%AF%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88
※上記のサイトの画像がわかりやすい。

鈍端ポイントの最大のメリットは、
トングレール(先端軌条)の
加工(レールの削りだし)が
不要ということに尽きるだろう。
これは、当社のように
技術水準が低い上に、
日曜大工レベルの貧弱な設備しか
持ち合わせていない者にとっては
大きな魅力である。

Dontan03
鈍端分岐器のガイド部分

とにかく、当社の場合、
高速で走行する必要性はないし、
あくまでも実用軌道として実用性があればいいので、
乗り心地なども考慮する必要はないので、
分岐器は純粋に分岐してくれればいいので、
前述のような構造の鈍端分岐器は
実に有り難い構造なのである。

Dontan04
単複線部分と鈍端分岐器部分

とはいうものの、私自身も、
鈍端分岐器そのものの実物を見たわけではないし、
あくまでも一部の15インチゲージユーザーの
使用例(画像)などを参考にしながら、
見よう見まねで作ったものなので、
あくまでも今回は間に合わせの試作ということで、
ご容赦願いたいところである。

実際のところ、鈍端レール部分を1mとしたため、
当初の目論見よりも
左右の可動領域がかなり大きくなり、
鈍端レール部分の枕木の一部かき取り、
鈍端レールの左右の押さえとした
2×4材を一部削り取る羽目となったのである(泣・笑)。
まっ、このあたりが、
現物合わせの限界ということなのだが…(泣・笑)。

ちなみに、転轍機まではとても手が回らなかったが、
可動部分である鈍端レール部分は、
1mの6kgレールを4本使っているので、
合計24kgにもなるし、
これに2×4材の枕木の重さも加わるので、
トロッコ程度の車両が通過しても、
動かないほどなので、
とりあえず転轍機がなくても実用にはなった。
もっとも逆にかなり勢いよく蹴飛ばさないと
鈍端レール部分が可動してくれないのだが…(泣・笑)。
まー、このあたりは、コンベンション以降、
いろいろと検証を進めながら、
より実用的な鈍端分岐器にしていきたいと思っている。

何はともあれ、とりあえず、
例によって平トロを使って
分岐・通過実験をしてみたが、
当社の利用目的からすれば、
十分な実用性を発揮してくれたので、
これで良しとしたのである。

Dontan05_2
2t車に荷物を積み込む(とにかく線路は重い・泣)

というわけで、前日準備の準備開始時刻の
午後2時過ぎ(あえて午後2時でないことがすでに弱気)を
約1時間も遅れてしまう結果となり、
前日準備に来て下さった会員や有志の皆々様には、
本当にご迷惑をおかけしました(猛省)。
本当にすみませんでした。

Dontan06_2
線路の敷設作業

ちなみに、昨日は、午後から雨模様になるという話だったが、
実際のところは、雨どころか、午後から快晴となって、
屋上での前日準備は過酷を極めたのである(汗・泣)。
しかも、今回は、どういう風の吹き回しか、
息子たちも前日準備に行きたいと言い出し、
息子たちまで乱入する羽目となったので、
さらに過酷な作業になったことは言うまでもない(泣・笑)
もっとも幸いなことに海風が吹いていたこともあって、
炎天下の中、自宅で連日の過酷な作業をしていたことを思えば、
昨日は、この夏の中では
随分過ごしやすかったとも言える所である。

Dontan07
よい子は決して真似しないで下さい(泣)

何はともあれ、会員の皆々様と
有志の皆々様のお力添えのお陰で、
息子たちの反動分子もありながら、
なんとか無事前日準備を終えることができたのである。
会員の皆々様と有志の皆々様、
本当にありがとうございました。

さて、今日からJAM(日本模型の会)の
第11回国際鉄道模型コンベンションが始まるわけだが、
ちなみに、当社の出展の要旨と内容は
以下の通りである。
屋上という炎天下の中だが、
庭園鉄道を楽しんでおられる方、
これからやってみたいという方、
気軽にお声をおかけいただけたら幸いです。
なお、今、某大鉄道博でも話題となっている
せんろ商会みたちおもしろ機械工房
5インチゲージ版「てトロ127形」に加えて
今年は、15インチゲージ版「てトロ381形」も加えての
体験運転(無料)も行うので、
親子揃って大いにお楽しみいただけたら幸いです。
多くの皆々様のご来場を心からお持ちしています。

Dontan08
昨年のコンベンションでの体験運転の様子

【第11回国際鉄道模型コンベンション】
期日:2010年8月20日(金)~22日(日)
時間:10:00~18:00(最終日17:00)
場所:東京ビッグサイト
入場料:1500円
     ※会期中何度でも入場可能
     ※中学生以下は無料(小学生以下は保護者同伴)
主催:日本鉄道模型の会(JAM)
    http://jam.gr.jp/
後援: 国土交通省・JR東日本
    JR東海・JR西日本・JR北海道
    JR四国・JR九州・JR貨物(申請中)

【八木軽便鉄道倶楽部出展の要旨と内容】
当倶楽部は、オンライン上での活動が主ですが、
「もっと手軽に、もっと気楽に」をモットーに、
日頃、会員各自が自宅で「大型乗用鉄道模型」と
ガーデニングを組み合わせた
「庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)」で
楽しく大らかに遊んでいます。

当倶楽部の出展では、
大型乗用鉄道模型
(5インチゲージ&15インチゲージ)が
ちょっとした割り切りと工夫をすれば、
比較的低価格で、
なおかつ、ホームセンターなどで手に入る材料で、
しかも日曜大工の延長で作れることや
工夫次第で狭い庭でも
「庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)」を
存分に楽しめることを
会員各自の作品展示や
実演を通して紹介していきます。

主な紹介内容としては、
今回新たに製作した
15インチゲージの単複線(片側)と
試作鈍端分岐器とその製作に使用した
工具・治具の実物展示をはじめ、
昨年、展示出展した15インチキ機関車の展示、
平トロによる物資運搬実演、
会員各氏の作品などです。

また、大型乗用鉄道模型と
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)を
趣味として楽しんでいる方々や
これから楽しみたいという方々との相互交流と
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)の魅力を
より多くの方々に知って頂くことを目的に、
大型乗用鉄道模型(てトロ127形・てトロ381形)の
体験運転を会場にて実施します。

なお、当倶楽部が実施する「体験運転」に
使用する車両及び設備(線路)は
あくまでも個人が自己責任のもとで
自宅で庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)を
楽しむために作られたものなので、
遊園地やテーマパークの
ミニ鉄道のような遊戯施設ではないことをご理解の上、
当倶楽部の「体験運転」に参加した結果、
何らかの不利益や損害などを被られた場合でも、
日本鉄道模型の会(JAM)及び
八木軽便鉄道倶楽部は
いかなる賠償責任も負えないことを
予めご同意いただいて、
「体験運転」をお楽しみ下さい。

また、今年は、大型であるがゆえの危険性も指摘しつつ、
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)を
自宅でいかに安全に楽しむかということについても、
実演を交えて紹介していきます。

大型乗用鉄道模型や
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)について
ご不明な点などございましたら、
スタッフにお気軽に
お声をかけていただけたら幸いです。
多くの方々のご来場を心からお待ちしています。

【体験運転(無料)予定時刻】
10:30~11:30
14:00~15:00(最終日13:30~14:30)
16:30~17:30(最終日15:30~16:30)

※変更する場合あり

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« 単複線+鈍端分岐器=両渡り線
の構想
単複線部分完成!
鈍端分岐器は…!?
| トップページ | 息子たちもスタッフに加わる…!?
第11回国際鉄道模型コンペションが開幕! »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

どてかぼちゃ様
JAM展示ご準備大変ご苦労様です
また何のお手伝い(邪魔?)も出来ず
申し訳なく思っております
会期中は大盛況と思われますが
炎暑の中どうぞご自愛の上
お楽しみください

投稿: 釜爺 | 2010年8月20日 (金) 午前 07時00分

ご苦労様!!

現在は現地出展中で随分集客されていると思われます。

”ポイント”。 すばらしいです!

この猛暑の中、家族で頑張る姿が”国民の鏡”ですね。

明日会場でお会いしましょう。

余り暑いので少し飛行機が面倒臭くなってきました。

投稿: G・マスター | 2010年8月20日 (金) 午後 04時31分

今日はありがとうございました。

第一日目インパクトあったようですね。
お子様方も立派にお役目をはたしていたようですし。新たな遊び…失礼!活用法を次々と考え出してましたしーやっぱり子どもはすごいですね。

またまた、昨年よりもパワーアップしているスタッフのお嬢様も素敵ですしー

たいしたものです。明日もがんばってくだされー。

短い時間でしたが堪能しました。

業務連絡 資料二部保管してあります。24日に別件で職場にお邪魔します。その時に持参しまーす。

投稿: 元同僚の○○ | 2010年8月20日 (金) 午後 11時30分

釜爺様
とんでもございません。
いつも倶楽部のブログへのご投稿など
本当に感謝しております。
ここ数年、初日は来場者が少ないという印象でしたが、
感覚ですが、今年は随分と来場者が多かった感じがしました。
今年はてトロに絞った体験運転ですが、
常連様も多く、お陰様で
初日から大盛況でした。
また、インチキポイントも
それなりの反響があった感じです(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年8月21日 (土) 午前 06時14分

元同僚の○○様
応援ありがとうございます。
昨日はホントにお疲れ様でした。
資料ありがとうございます。
それにしても、子どもというのは遊びの天才というか、
どこまで暴走するんだーって感じですね(泣・笑)。
まー、多少の生傷は男の子にとっては、
勲章みたいなものですから、
何でもダメというのも…。
でも、一応、親としては、
冷や冷やものなのは確かですが…(泣・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年8月21日 (土) 午前 06時17分

G・マスター様
いやー、G・マスター様の
素晴らしいポイントを前に、
実にお恥ずかしい限りです。
まー、当社の技術水準と
日曜大工レベルの工具では、
あの程度が限界です(泣)。
もっとも当社レベルでは、
実用には十分なので、
個人的には結構満足している代物です。
暑さの中、ただの阿保ですが、
自分でもよく頑張ったと思います。
今日、お会いできるのを楽しみにしております。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年8月21日 (土) 午前 06時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/49196366

この記事へのトラックバック一覧です: 間に合わせ試作鈍端分岐器完成
JAMコンベンション
前日準備完了…!?(泣・笑)
:

« 単複線+鈍端分岐器=両渡り線
の構想
単複線部分完成!
鈍端分岐器は…!?
| トップページ | 息子たちもスタッフに加わる…!?
第11回国際鉄道模型コンペションが開幕! »