« 渡り板(ざら板)軌框こそ救世主
親子で夏休みの自由工作…!?(笑)
| トップページ | 繋げればお約束の試走(笑)
息子たちパワーで
渡り板(ざら板)軌框量産化進む »

2010年8月14日 (土)

ネジ止めに大満足の息子たち(笑)
夜まで続いた渡り板(ざら板)軌框作り

Watari201
渡り板軌框の継ぎ目部分

昨日は、感想文から開放された長男も交えて
親子3人で渡り板(ざら板)軌框の製作に取り組んだ。

Watari202
渡り板軌框の組み立て前の部材

Watari203_2
ネジ止めを争う息子たち

次男坊は慣れたもので、
インパクトドライバーのパワーも手伝って、
スイスイと木ねじを打ち込んでいったのである。
一方、長男はドリルドライバーを使っていたこともあるが、
今ひとつ要領がつかめず、うまく打ち込めずにいた。
そこで、次男坊からインパクトドライバーを借りるが、
これまたはじめのうちは、今ひとつうまく打ち込めなかった(笑)。
でも、数をこなしていくうちに、
長男もコツを掴んだようで、
ドリルドライバーでも長い木ねじを打ち込めるようになった。
一方、次男坊はまだ力が足りないので、
インパクトドライバーをパワーを借りながら、
これまた要領よく打ち込んでいった。
それにしても、今は、電動工具が充実しているので、
小学生低学年の腕力や技量でも
長い木ねじを簡単に打ち込めるというのは凄いことだし、
息子たちは自分で作っているという
満足感を大いに感じていたのである。

Watari204
両脇の板の間隔は390mmとした

Watari205
間の板の間隔は130mmとしたので
アングル材を取り付ければ5インチゲージも走行可能

昨日の作業は、午後からのスタートだったし、
部材作りに手間取ったこともあって、
渡り板軌框の組み立て作業の開始は、
午後4時過ぎになった。
そんなわけで、結局、最後は日没後、
ハロゲンランプを照らしながらの作業となった。
でも、昨日は、息子たちが争うように
ネジ止めをしてくれたので
渡り板軌框を2枚増産することができたのである。
まっ、そんな親子の姿を見て、
家内が呆れきっていたことは言うまでもない(笑)。

Watari206
夜間作業中の息子たち

Watari207
完成した2枚の渡り板軌框

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« 渡り板(ざら板)軌框こそ救世主
親子で夏休みの自由工作…!?(笑)
| トップページ | 繋げればお約束の試走(笑)
息子たちパワーで
渡り板(ざら板)軌框量産化進む »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

ご子息おふたりの持久力に感心するばかりです。
飽きっぽいウチの孫に爪の垢を飲ませたいです。
もっとも、やりがいというか達成感が段違いですね。
5インチ併用軌道とは・・・凄いですもん。

投稿: おおきにくに | 2010年8月15日 (日) 午前 06時54分

おおきにくに様
持久力なんて欠片もありません(泣・笑)。
息子たちは、自分の興味のある部分や
おもしろそうな所をやるだけで、
あとは水遊び&泥んこ遊び等々です(泣・笑)。
5インチゲージの方には、
アングル材を取り付けていませんが、
先々5インチゲージも走れるように
とりあえず準備工事だけはしておきました。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年8月15日 (日) 午前 10時42分

お子様と親子3人で楽しそうでいいですね(^0^)
私も昨日軌きょうを1つ完成しました(^^;)
しかし、その上を走る物がまだできてません(TT)

投稿: ちんたら工場 | 2010年8月15日 (日) 午後 04時24分

正式名称はよく知りませんが、レールの代わりに鉄板を使うのはいいアイデアですね。
これならベランダでも出来るかも(爆)

投稿: LUN | 2010年8月15日 (日) 午後 04時46分

ちんたら工場様
まっ、息子たちは気まぐれでやっていますが、
普段はなかなか息子たちと一緒に
一日を過ごす機会がとれないので、
お陰様で楽しくやらさせてもらっています。
素晴らしい6kgレールの
軌框が完成しましたね。
車輪の方の加工もスタートしたようで、
いよいよ15インチゲージの底なし沼に
はまってしまうのでしょうか…!?(笑)
コンベンションでは、
ぜひぜひサンプル展示をお願いします。
当社もあと残りわずかですが、
線路関係を中心に頑張っていきたいと思っています(泣・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年8月16日 (月) 午前 05時25分

LUN様
いわゆるアングル材をただ渡り板に取り付けただけの安直スタイルですが、
ベランダにも簡単に応用できるアイデアであるとは確かです。
まっ、線路というよりは、
どうみても渡り板なんですけど、
見方を変えれば、
路面軌道に見えなくもないというところでしょう(泣・笑)。
全線をレールによる軌框は、
コスト的にも無理がありますし、
家人たちの通路にもなっている所に、
普通の線路を敷くのは顰蹙なので、
渡り板軌框となったわけです。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年8月16日 (月) 午前 05時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/49148618

この記事へのトラックバック一覧です: ネジ止めに大満足の息子たち(笑)
夜まで続いた渡り板(ざら板)軌框作り
:

« 渡り板(ざら板)軌框こそ救世主
親子で夏休みの自由工作…!?(笑)
| トップページ | 繋げればお約束の試走(笑)
息子たちパワーで
渡り板(ざら板)軌框量産化進む »