« 墨出し線にワクワク(笑)
久々の延伸準備工事…!?
| トップページ | 意外と難物!憧れのS字カーブ(笑) »

2010年11月 7日 (日)

ジョウビタキ元気になーれ!
行徳野鳥観察舎隣の野鳥病院へ!

Tori01

先週の木曜日、
朝出勤すると職場の玄関前で、
窓ガラスにぶつかったのか、
野鳥が仰向けになって
足をブルブル震わせて死にかけていた。

Tori02

なんせ今どきは野鳥の
鳥インフルエンザの感染が騒がれている時だけに、
このまま放置するわけにもいかず、
とりあえず、冷え切っているので、
タオルなどを敷いたダンボール箱に入れて、
部屋の中に入れた。

Tori03

この野鳥、さすがにスズメでないことはわかったが、
同僚の中でも鳥名を特定できる者はいなかった。
そこで、前述の理由も心配されるので、
どんな野鳥なのか、インターネットで調べてみた。
いろいろと候補は上がったが、
画像から見て、ジョウビタキのメスと思われた。
インターネットの文献によると、ジョウビタキは、
チベット・中国東北部・ロシアのバイカル湖周辺と
日本・中国南部・インドシナ半島北部を行き来する渡り鳥で
日本には冬鳥として全国に渡来するとのことだった。
ヒタキ科もしくはツグミ科に分類されるそうだが、
ヒタキ類のように樹上から飛び立ち羽虫を
空中捕獲で捕食する一方で、
ツグミ類のように地上に降りることも多いそうだ。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア』)

Tori04

それこそ、最初に発見した時は、
このまま死んでしまうかと思ったし、
変な病気にかかっていなければいいが…とは思ったが、
とりあえず部屋に入れて冷えた体を温めてあげたら、
少し元気を取り戻した。
ただ、羽根と足か足の付け根が傷ついているのか、
はじめの頃は、立ち上がるどころか、
ひっくり返ってしまうと、
自分の力では起き上がれなかった。

Tori05

Tori06

夜は、自宅に連れ帰ったが、
帰りがけにペットショップで買った
ミルワームを息子たちと一緒に与えてみたら
実によく食べてくれた。
ジョウビタキは、ミルワームを食べたことで、
日に日に元気を取り戻し、
土曜日には、止まり木につかまったり、
ひっくり返っても時間はかかるものの
自分自身で起き上がれるようになり、
時々飛ぼうと箱の中を動き回るまで回復した。
でも、なんらかの障害があることは明らかなので、
それなりの治療をしなければ、
完治は難しい感じである。

Tori07_2

Tori08

そこで、今日、職場の同僚が教えてくれた
市川市の行徳野鳥観察舎の中にある
傷病鳥を収容してくれる野鳥病院に連れていった。

Tori09

野鳥病院の担当の方の見立てによると、
この野鳥は間違いなく、
ジョウビタキのメスで、
足や羽根に異常はなさそうだが、
多少左目の反応が遅いので、
窓ガラスにぶつかった時に、
神経の一部をやられているかもしれない。
とのことだった。
あとは体重が軽いので、
かなり体力的に弱っていたのでは…
とのことだった。

Tori10

とりあえず、野鳥病院で養生し、
最悪は死亡ということもあるが、
うまく回復すれば放鳥し野生に帰すそうである。
でも、問題がある場合は、
野鳥病院で一生面倒を見るとのことだった。
また、預けたジョウビタキのカルテ番号が発行され、
野鳥病院に電話すれば、
ジョウビタキの健康状態を教えてくれるし、
野鳥病院に行けば、お見舞いもできるとのことだった。
(息子たちはまた行きたいと言っていた。)

Tori11

というわけで、あとは野鳥病院にお任せすることにして、
ジョウビタキとお別れしてきたのである。
「ジョウビタキ、元気になーれ!」

Tori12

Tori13

市川市 千葉県行徳野鳥観察舎 利用案内
http://www.city.ichikawa.lg.jp/env02/1411000001.html

特定非営利活動法人 行徳野鳥観察舎友の会
http://ichikawa.genki365.net/gnki02/mypage/index.php?gid=G0000027

行徳野鳥観察舎友の会WEBサイト
http://homepage2.nifty.com/suzugamo/top.html
行徳野鳥観察舎日誌
http://suzugamo.seesaa.net/

|

« 墨出し線にワクワク(笑)
久々の延伸準備工事…!?
| トップページ | 意外と難物!憧れのS字カーブ(笑) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今晩は、ジョウビタキのジョビ子さん、ガラス窓にぶつかって、瀕死の重傷を負ったのですか。そして手厚い介抱で九死に一生を得た様ですね。これも、どてかぼちゃ様ご家族の熱心な介護のお陰かと存じます。ジョビ子さんに代わって厚く御礼申しあげます。そして、さらに行徳の野鳥病院まで連れて行かれ、入院手続きまでしてくれたのですね。有難うございます。ジョウビタキのジョビ子さんが、一日も早く回復して、以前の自然界に複帰できるよう祈っております。

投稿: ぴょんぴょん | 2010年11月10日 (水) 午後 08時28分

ぴょんぴょん様
お見舞いのお言葉ありがとうございます。
鳥にとって、ガラスは緑色に見えて、
よくぶつかってしまうそうですね。
正直言って、その日のうちに死んでしまうかと思いましたが、
かなり回復してくれてよかったです。
あとは野鳥病院の専門の方の治療によって、
野山に再び飛び立ってくれることを祈るのみです。
今回の件で、ジョウビタキをはじめ、
いろいろと野鳥のことについて
知らなかったことを勉強することができました。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年11月11日 (木) 午前 06時51分

クリクリお目々のジョウビタキ、手厚い看護を受けられて良かったですネ
元気回復して、飛び立てるといいですねぇ
すばらしい野鳥の楽園があるんですねぇ♪
これから冬鳥がいっぱい来るのかしら?
いろいろな水鳥も見られそうですネ
ステキなカメラも増えて、この機会に野鳥観察にも威力発揮するんじゃないでしょうか?
楽しみにしています♪

投稿: orenge | 2010年11月12日 (金) 午後 11時52分

orenge様
私も、同僚に教えてもらうまで、
同じ千葉県の中に
このように施設があることは
知りませんでした。
専門の方々の治療によって、
何とか完治してくれることを
ただただ願うばかりです。
カメラの方は、あまりにも多機能過ぎて
正直言って使いこなせないだろうと思いますが、
逆に、何でもオート任せでも
少なくとも私がいろいろといじくるよりは、
きれいに撮れるようです(泣・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年11月13日 (土) 午前 06時02分

あらあら野鳥観察舎にいらしてたんですね。
ここは自宅から比較的近いこともあって、最近頻繁に訪れています。
ジョウビタキのおかげんいかがでしょうか。
保護した方は最近の状況も教えていただけるのでしょうか?
駅前公園のライブスチーム乗るついでに、鳥さん観にきていただけると地元民としては嬉しいです。
お薦めは2月頃。沿道の河津桜が満開になりますよ♪

投稿: みほちん | 2010年11月30日 (火) 午後 09時01分

みほちん様
ご無沙汰しております。
勤務先の同僚が、
野鳥病院を紹介してくれたのですが、
その同僚が野鳥病院の近所なので、
この間、お見舞いに行ってくれて、
お陰様で、着実に元気になって
くれているそうです。
それにしても、このような
保護施設があることを、
今回の件で初めて知りました。
河津桜のお花見兼ねて、
お見舞いに行ってみようと思います。
オススメありがとうございます。

投稿: どてかぼちゃ | 2010年12月 1日 (水) 午前 04時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/49968691

この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキ元気になーれ!
行徳野鳥観察舎隣の野鳥病院へ!
:

« 墨出し線にワクワク(笑)
久々の延伸準備工事…!?
| トップページ | 意外と難物!憧れのS字カーブ(笑) »