« 久々の5インチキ復活!(笑)
職場の文化発表会に出展!
| トップページ | 墨出し線にワクワク(笑)
久々の延伸準備工事…!? »

2010年11月 3日 (水)

匠のまつりで
笠間人車軌道と出会す

Jinsya01
笠間人車軌道の木札

笠間の匠のまつりに家族で出かけた。
今年の匠のまつりは出展数が少ないのか…!?
春の陶炎祭に比べて、
展示スペースがあまり広くはなかった。

Jinsya02
匠のまつり

匠のまつりは、
笠間焼きと石の出展が中心で、
ほとんど鉄分のないイベントである。
しかし、PRのために
JR常磐線や笠間人車軌道が
紹介されていたのである。

Jinsya03
笠間人車軌道を紹介していたテント

そこで、もらったのが、
笠間人車軌道の木札と
ペーパークラフトである。
「笠間人車軌道の人車が復元された」
という話は以前聞いていたが、
まさかこんな所で
出会すとは思ってもみなかった。
(もっともパンフレットの展示だけだったが…。)

Jinsya04
笠間人車軌道のパンフレット

笠間人車軌道は、
水戸線笠間駅と笠間稲荷神社の
わずか1.1km足らずの区間を、
人力によって運行されていた鉄道である。

Jinsya05
笠間人車軌道のペーパークラフト

笠間人車軌道は、1915(大正4)年に
葛飾区柴又にあった帝釈人車鉄道から
30両の車両を譲り受けて開業したそうで、
1925(大正14)年まで走り続けたそうだ。
笠間人車軌道廃業後、4両の車両は、
松山人車軌道(宮城県大崎市)に
譲渡されたそうだ。

Jinsya06
松山人車軌道の人車
(葛飾区立郷土と天文の博物館
企画展「帝釈人車鉄道」にて)

人車は、車夫が人車の後ろから押す形で運行され、
人車の大きさは、長さ1.8m、
幅1.2m、高さ1.8mほどで、
1両に大人8人が
向かい合う形で乗車していたそうだ。

ちなみに、パンフレットによると、
現在、笠間人車軌道の人車は、
実物の約3分の2で復元されていて、
毎年6月上旬に笠間駅近くの弁天町で行われる
「道の市」で体験運転されているそうだ。
今度、機会があったら、
ぜひ乗ってみたい所である。

Jinsya07
これも人車?(笑)ゴリラカートで荷物運び

「道の市」笠間ハンドメイドフェアin弁天町http://www.michino1.jp/

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

|

« 久々の5インチキ復活!(笑)
職場の文化発表会に出展!
| トップページ | 墨出し線にワクワク(笑)
久々の延伸準備工事…!? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/49969961

この記事へのトラックバック一覧です: 匠のまつりで
笠間人車軌道と出会す
:

« 久々の5インチキ復活!(笑)
職場の文化発表会に出展!
| トップページ | 墨出し線にワクワク(笑)
久々の延伸準備工事…!? »