« 真壁・石田金物店の
しびれる現役・街角トロッコ
| トップページ | 川越でも街角トロッコ三昧(笑)その1
陶器店「陶舗やまわ」 »

2011年2月13日 (日)

人力車で巡る
川越の美しい蔵造りの町並み

Kawagoe01

今日は、連休最終日ということで、
埼玉県の「小江戸」と呼ばれる川越に
家族みんなで行って来た。

Kawagoe02

川越は、江戸時代から商人の町として栄えたが、
現在も残る美しい蔵造りの町並みは、
1893年(明治26年)の大火の時に、
耐火性を重視した蔵造りの店舗(見世蔵)に
建て替えられた名残りだそうだ。

Kawagoe03

たまたまとめた駐車場の所に
観光用の人力車が止まっていた。
父は長時間歩くと疲れてしまうので、
人力車もいいかーなんて思っていたら、
人力車の方々の絶妙なセールストークによって、
3両の人力車に分乗して
家族全員が乗ることになった(笑)。

Kawagoe04

人力車に乗るのは初めての体験だったが、
車夫の方の親切な案内付で巡る
わずか20分足らずの人力車の旅は、
少々恥ずかしさもあったが、
江戸・明治・大正・昭和初期の
古き良き町並みを残す川越を
思いっきり堪能することができたのである。

Kawagoe05

菓子屋横丁で人力車を降りた後は、
菓子屋横丁を巡り、
そのあとに川越まつり会館、
そして、再び蔵造りの町並みを巡ったのである。
いやー、連休最終日を飾るにふさわしい
家族みんなで大満足の川越の旅であった(笑)。

Kawagoe06

小江戸人力車「川越陣力屋」の公式ホームページ
http://www16.ocn.ne.jp/~jinriki//index.html
※川越で乗った人力車の会社

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 真壁・石田金物店の
しびれる現役・街角トロッコ
| トップページ | 川越でも街角トロッコ三昧(笑)その1
陶器店「陶舗やまわ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

12日のトロッコの話といい、このスレッドの町並みや火の見櫓ちいいどこか見覚えがあるなと思い、インターネットで「NHK朝の連続テレビ小説」を探したら、平成21年3月~9月まで放映された題名が「つばさ」の舞台である事がわかりました。
そしてヒロインの実家・老舗和菓子屋「甘玉堂」の裏に直線の線路が敷かれており、時折その映像も出て来ていました。多分どてかぼちゃさんがご覧になったものが其の儘ロケに使われたのでしょう。
東京からわざわざ見に来る人が居るとのお話も、これで納得がいきました。懐かしいです。

投稿: 花咲爺さん | 2011年2月14日 (月) 午前 08時49分

こんばんわ。
楽しい旅行でよかったですね。慶も川越に行きたくなりましたよ。
そう言えばつばさにトロッコが出てきましたね。けっこう要所要所に出てきたのをいま思い出しました。
いろんな見どころに大きな雪玉(そのあとどうしたのかな?)三世代に大満足はなかなかないですから、ほんといい旅行でしたね~。

投稿: | 2011年2月14日 (月) 午後 10時10分

花咲爺さん
そうです。
「つばさ」です。
ロケ地として使われたのは、
茨城県桜川市の真壁のトロッコではなく、
埼玉県川越市のトロッコです。
まさか連ドラで、
トロッコが取り上げられるとは、
私も当時びっくりしました。
ヒロインの住まいは、
いくつかの場所と合成していますので、
ロケ地は川越の町に点在しています。
ヒロインの実家の正面は、
「陶舗やまわ」の建物ですが、
よく出てきたトロッコが走るシーンは、
うなぎ屋の林屋さんの線路が使われたようです。

投稿: どてかぼちゃ | 2011年2月15日 (火) 午前 05時09分

慶様
雪玉はまだ残っています。
しかも今朝は大雪です。
お陰様で、家族みんながそれぞれ楽しめた
旅となりました。
「つばさ」のあのシーンは、
ここで撮ったんだな-なんて思いながら、
実は私自身はトロッコ巡りで楽しみました。

投稿: どてかぼちゃ | 2011年2月15日 (火) 午前 05時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/50866221

この記事へのトラックバック一覧です: 人力車で巡る
川越の美しい蔵造りの町並み
:

« 真壁・石田金物店の
しびれる現役・街角トロッコ
| トップページ | 川越でも街角トロッコ三昧(笑)その1
陶器店「陶舗やまわ」 »