« 遅ればせながら
クリスマスローズが開花
| トップページ | 評判は上々の通路の段差改修工事 »

2011年2月27日 (日)

カメ池の土留め改修工事完了

Kabe01
土留め改修工事完了後のカメ池

2月6日に土圧で歪んだ
カメ池の柵を撤去して以来、
カメ池全体を網で覆ってきたが、
ここに来て一気に暖かくなって、
カメたちの冬眠明けが
間近に迫ってきた。
(ニホンイシガメのカメヒは、
2日連続で顔を出していた。)
そこで、土日を使って、
コンクリート製の土留め板で、
カメ池のまわりを囲むことにした。

Kabe06
土留め用のコンクリート杭

Kabe02
杭用の穴掘り作業

今回の土留め改修工事では、
カメ池の手前は、
土留め板を土留め用の杭で固定し、
山側はL字型の土留め板を連結して使用し、
左右は園芸用の棚板を使用した。
また、「カメの活動範囲を
もう少し拡げて欲しい。」という
息子たちの要望も取り入れて、
カメの休む陸地部分を
少し増やす形にした。

Kabe03
杭を穴に入れる

Kabe04
水準器で水平を測る

早速、工事を開始したが、
もともとカメ池まわりの土留め板と
カメ池の併行が保たれていないので、
カメ池の土留めの柵は、
陸地側に向かって
末広がりな形になってしまった(泣・笑)。
でも、カメのための陸地が増えたので、
まっ、いいかという感じである(泣・笑)。

Kabe05
山側はL字の土留め板

Kabe07
土留め改修工事完了

なお、コンクリートの柵は、
30cm~40cmの高さがあるが、
再生プラスチックのコンパネの時のように
ツルツルした壁面ではないので、
これだけだとカメが
登り切って逃げ出してしまう恐れがあるので、
最後に1×4材を使って
天井部分にカメ返しを作って取り付けた。
(高床式倉庫のネズミ返しのようなもの)
これで適度な日陰もできて
一石二鳥ということで…(笑)。

Kabe08
手前側のカメ返し

Kabe09
山側のカメ返し

というわけで、無事、
土留め改修工事が完了し、
これでカメたちが
冬眠から完全に目覚めても
大丈夫ではないかと思う。
カメさんたち、冬眠中にすみません。
(カメヒ以外のカメたちは、
無事なのだろうか…!?)

Kabe10
迷惑そうに顔を出すニホンイシガメのカメヒ

八木軽便鉄道・社長室
「カメの居ぬ間に改修工事…!?(笑)」

http://ylr.cocolog-nifty.com/ylr/2011/02/post-8615.html

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 遅ればせながら
クリスマスローズが開花
| トップページ | 評判は上々の通路の段差改修工事 »

ニホンイシガメ」カテゴリの記事

カメ」カテゴリの記事

コメント

あ、トラバサだ。この道具、欲しかったんですが、たかが2、3カ所のアナをほるだけなのにと、あきらめたんですよね(^^;;;
しかし、立派な亀池ですね。大阪の四天王寺の亀の池を思い出してしまいました。
ここまでやらないと、亀って脱走しますか?うちはアパートのベランダで、衣装ケースの中で飼っていたもので、何度か脱走は経験していますが、亀返しを付けなければならないほどなのかとちょっと驚きました。
今回の土木建設工事にもトロッコは大活躍だったのではないでしょうか? =^・^= 

投稿: skt48 | 2011年2月28日 (月) 午前 07時03分

重量物の大工事でしたね。
お疲れ様でした。

投稿: おおきにくに | 2011年2月28日 (月) 午前 07時29分

亀池の本格的な工事完成おめでとうございます。御苦労さまでした。
なるほど、脱走対策に「亀がえし」が必要なのですか。「鼠返し」は知っていましたが、「亀返し」には気がつきませんでした。

投稿: ぴょんぴょん | 2011年2月28日 (月) 午後 06時15分

skt48様
複式ショベル(抱きスコップ)は、
ちょっとした小穴を掘るには実に有効ですね。
まっ、確かに、年に1回掘るかどうかわからないものに、
わざわざ出費するのは…って感じですが、
今回の作業では大活躍でした。
我が家のカメは、
いずれも国産のカメとは言いながらも
1尾を除いて地元産ではありませんから、
脱走すれば生態系に影響を与えますので、
念には念を入れてということで。
まー、もっとも我が家の近所の水場は、
私が子どもの頃、生活排水などで
生態系が完全に壊れていますし、
今やアメリカ産のミドリガメばかりですから、
今更生態系もないだろうって感じですけど…(泣・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2011年3月 1日 (火) 午前 04時47分

おおきにくに様
土留め板も40kg~50kgありますので、
運び込むのは結構大変でしたが、
複式ショベル(抱きスコップ)は、
実に便利ではありますが、
腕の力を結構必要とするので、
結構な力仕事でした(泣・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2011年3月 1日 (火) 午前 04時49分

ぴょんぴょん様
ご祝辞ありがとうございます。
日本イシガメやクサガメなどの
水棲ガメは手足の爪さえかかれば、
ほぼ垂直の壁面でも
難なく登り切ってしまいます。
なので、ネズミ返しのような構造の
カメ返しの取付は、
カメの脱走対策には実に有効な手立てというわけです。

投稿: どてかぼちゃ | 2011年3月 1日 (火) 午前 04時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメ池の土留め改修工事完了:

« 遅ればせながら
クリスマスローズが開花
| トップページ | 評判は上々の通路の段差改修工事 »