« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年3月

2011年3月 5日 (土)

15インチ自家用軌道を夢見る
「ものぐさの模」のぼうず氏

Photo

先だってブログ「ものぐさの模」の
ぼうず氏からコメントをいただいた。
早速、ぼうず氏のブログ「ものぐさの模」に
お邪魔させていただいた。
いやー、灯台もと暗しというか、
当社も一応リンクさせていただいている
にほんブログ村の同じ鉄道模型ランキング
BEST3常連の方とは…。
(今朝も一押しさせていただきました。)
しかも同じ千葉県にお住まいの方とは…。

ぼうず氏のサイト紹介文によれば、
ぼうず氏は、鉄道模型の車輌作り・レイアウト作り、
さらには撮り鉄と実に幅広く鉄道模型に精通されており、
ご自宅のDIYも楽しまれているご様子でした。
そんなぼうず氏が、ブログ記事によると、
幸せ(不幸?)にも15インチキゲージの
なんちゃって自家用実用鉄軌道(泣・笑)を
建設中の元同僚の○○氏の「現物合わせは基本です」や
当社ブログ「八木軽便鉄道・社長室」に
たどり着いてしまったというか、
はまられてしまったようなのである。

まだ本格的な敷設には至っていないが、
早くも家のまわりには砂利が敷かれている。
そして、一般的な鉄道模型雑誌に
物足りなさを感じ出している。
当然のことながら、地域住民(奥様)からは、
15インチ自家用軌道建設反対デモが
連日繰り返されている。
そんな中、先頃、一部区間には
鉄パイプの2本の筋が敷かれ、
いよいよ既成事実の構築へと進まれたようである(笑)。
いやー、このあたりの展開は、
まるで当社のようで実に微笑ましい限りである。

でも、この展開は、
底なし沼の15インチキ沼への第一歩。
まだ今なら引き返すことも可能のように思えるが、
昨日の記事では、早くも枕木考である。
動き出したらもう誰も止めることはできないって感じ。
はっきり言って、もう手遅れかもしれない(笑・失礼)。

ぼうず氏が、15インチゲージに求めているものは、
元同僚の○○氏や当社と同様、
実物の鉄道(普通の鉄道?)を
模型化して楽しもうという展開ではなく、
自家用鉄道として自宅で何らかの実用に供したい。
というところなどいやーまさに病気である(笑・失礼)。

いやー、ぼうず氏の今後の展開(業容拡大?)が
同業?として大いに楽しみなところである。
ぼうず様、ようこそ、底なし沼の15インチキ沼へ(笑)。
同じ千葉県でも当社は辺境の北西部、
同じにほんブログ村でも末席の当社ですが、
同じ病にかかった者同士、
一緒に大いに闘病生活?を楽しみましょう(笑)。
これから長ーい闘病生活?になるかと思いますが、
今後とも宜しくお願い申し上げます(笑)。

「ものぐさの模」(ぼうず氏)
http://rail.lazybose.net/

「バラスト撒き?」(2011年1月29日)
http://rail.lazybose.net/2011/01/292000.html

「今月の鉄本ほか」(2011年2月26日)
http://rail.lazybose.net/2011/02/262309.html

「自家用軌道建設開始?」(2011年2月27日)
http://rail.lazybose.net/2011/02/272314.html

「自家用専用軌道の妄想に浸る」(2011年3月 1日)
http://rail.lazybose.net/2011/03/012301.html

「2/27カマ観察」(2011年3月 3日)
http://rail.lazybose.net/2011/03/031900.html

「15インチゲージ備忘録」(2011年3月 3日)
http://rail.lazybose.net/2011/03/032348.html

「枕木考」(2011年3月 4日)
http://rail.lazybose.net/2011/03/042357.html

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

JCFCの公式ホームページ誕生!

Jcfc1

JCFCの会員であり、
当社ホームページにも
リンクを貼らせていただいている
伊豆エメラルド鉄道の内山氏から、
JCFC(Japan Coupler Friends Club)の
公式ホームページが誕生した旨の
メールをいただいた。

JCFCは、
「ライブスチームを中心とする
大型模型を趣味とする者を会員とし、
その技術の向上および
会員相互の親睦を深めること」を目的に、
3インチ半及び5インチゲージの
ライブスチームを主体とした
大型鉄道模型の愛好家で作る
会員数約80の全国組織である。

JCFCは、当社にとっては、
雲の上のような存在であるが、
公式ホームページでは、
多くの方々に大型鉄道模型の
醍醐味を伝えていくべく、
JCFCの活動を
知らせていきたいということである。

今までJCFCの活動は、
知る人ぞ知る存在ではあったが、
ネットや雑誌上での情報は少なかっただけに、
新たに開設されたJCFCの公式ホームページは、
当社としても今後の展開が大いに楽しみであり、
いろいろと勉強させていただきたいと思っている。
また、ライブスチームや大型鉄道模型に興味のある方々や
新たに始めてみたいという方々にとって、
JCFCの活動は大いに参考になると思うので、
JCFCの公式ホームページは
大いなる朗報であり、
大いにオススメのホームページだと思う。
当社ブログ「八木軽便鉄道・社長室」の
「庭園鉄道会社リンク」にも
早速、リンクを貼らせて頂いたので、
ご参照下さい。
内山様、JCFCの
公式ホームページのご案内、
ありがとうございました。

JCFC公式ホームページ
(JAPAN COUPLER FRIENDS CLUB)

http://jcfc.la.coocan.jp/

伊豆エメラルド鉄道(内山氏のホームページ)
http://homepage2.nifty.com/h-uchi/

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

評判は上々の通路の段差改修工事

Dansa01

路面軌道部分から
表庭に出る通路の所の段差には、
歩道用の縁石と
プラスチック製の
段差解消スロープを使用していた。

しかし、歩道用の縁石が
通路に対して斜めになっていることと
プラスチック製の段差解消スロープの
ガタツキやズレが生じていて
地域住民(父)から歩きにくい
という要望がたびたび出されていた。

Dansa02
改修前の段差

そこで、地域住民に親しまれる
自家用実用鉄軌道を目指す当社としては、
カメ池の土留め改修工事と併行して
先週末に通路の段差改修工事を行ったのである(笑)。

まず、歩道用の縁石を
通路に対して併行になるように置いて、
その縁石に合わせて
買い増ししたレンガを並べた。

そして、最後に、
プラスチック製の段差解消スロープと
カメ池で使用していた
コンクリート製の段差解消スロープを
交換したのである。
プラスチック製と違い、
コンクリート製は自重が重いので、
ただ奥だけでも座りがよく
ずれたりがたつくことはなくなった。

この通路の改修工事後、
早速、地域住民(父)に歩き初めをしてもらったが、
「実に歩きやすくなった。」と評判も上々であった。
というわけで、線路本体の工事は、
なかなか進まない今日この頃(泣)なのだが、
周辺環境も含めて
少しずつ使い勝手がよくなってきている
当社の自家用実用鉄軌道なのである(笑)。

Dansa03
改修後の段差

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

庭園鉄道 | | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »