« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月28日 (木)

映画「トロッコ」が癒し(笑)
生活の中にトロッコがある日々

Toro

映画「トロッコ」のDVDを買った。
この映画は、2010年に劇場公開されたもので、
芥川龍之介の短編小説「トロッコ」を原作に、
台湾を舞台に描かれた家族の物語である。

物語的には、原作のトロッコに似た部分と
日本の台湾植民地支配と
戦後の対台関係という社会背景を盛り込んだ
家族の絆を再確認するという構成である。
2人の兄弟の関係や孫と祖父母とのやりとりが、
我が家の2人の息子や家族関係が被る所もあって、
作品としてなかなか感動的な内容である。

そんな物語に関係なく、
トロッコ好きな者にとってこの映画は、
トロッコが出てくるシーンが
実に多い所が嬉しい限りである(笑)。
特に、2人の兄弟がトロッコを押していき、
帰りは半べそかきながら帰ってくるシーンがあるが、
いやー、トロッコを元気に押している時や
トロッコに乗って得意げな顔をしている
兄弟の笑顔は、ホントに癒されるところである(笑)。

つくづく思うが、
荷物の運搬から人の運客まで多機能に使える
トロッコは鉄道遊びの原点だと思うし、
不思議な魅力と奥深さがあるなーって思う。
確かに、精巧な最新の花形優等列車は、
みんなの憧れであり、
観る人を圧倒する実に魅力的な存在である。
それからしたら、トロッコなんて
憧れとはほど遠い存在だし、
多くの人から見向きもされない存在である。
でも、カネさえ払えば、
誰もが好きなだけ乗れる花形優等列車と違って、
関係者か選ばれし者(物好きな人?)しか乗ることが
許されないトロッコは、
違った意味で憧れと魅力を感じるわけだ。

そんなアホなことを思いつつ、
この所、映画「トロッコ」を
何度も見返しているわけだが、
それにしても、映画のように、
日々の生活の中にトロッコがある
というのは実にいいものだなーって思う。
その意味では、比較的手軽に
そんなトロッコの雰囲気を自宅の庭で堪能できる
15吋ゲージで本当に魅力的なゲージだと思う。
とにかく、トロッコは子どもだけでなく、
大人も童心にかえって笑顔になれる
実に奥深い魅力があるなーって思う。
毎日、玄関から車庫まで荷物を運ぶ一時が、
一日の中で1番の至福の時かも…(笑)。

Dsc02298

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

ナローなミニ鉄道がズラリ勢揃い!
じめたもみ先生の
「庭箱鉄道」も登場!
オススメ本
「おとなは青春鉄道で遊ぶ
時刻表に載っていない
鉄道に乗りにいく」

Hon01

昨日、立ち寄った本屋で、
「おとなは青春鉄道で遊ぶ
時刻表に載っていない鉄道に乗りにいく」
(遠森慶著・講談社刊)
という本がふと目に止まった。

本の表紙カバーには、
「線路幅が狭いだけで心が踊る、
吊り掛け音を聞くと涙がこぼれる、
登山したら無意識に林鉄跡を探してる…、
そんなあなたを震えさせる
スポット全国厳選36ヵ所+付録。」
と書かれていた。
これって私のこと…!?(笑)と思いつつ、
世の中には、同じような思いをお持ちの方が
いらっしゃるんだなーと妙な親近感を感じながら、
さらに、ページを捲っていくと、
下の内容紹介のように
全国各地のナローな保存鉄道や
遊覧鉄道がズラリと勢揃いしているではないか。
それこそ、日本のナローの標準とも言える
762mmの鉄道はもとより、
修善寺虹の郷のロムニー鉄道をはじめ、
兵庫県・妙見山のシグナス森林鉄道、
三重県・三岐鉄道の
阿下喜駅にある軽便鉄道博物館
京都府・加悦SL広場のミニロケット号など
15インチゲージの鉄道までが
4箇所も紹介されているのである。
さらに、軽便鉄道博物館の紹介欄には、
なっ、なんと世界征服を目論むじめたもみ先生の
「庭箱鉄道」の主力機関車まで載っているのである。
(本文138ページ参照)
いやー、感動ものである(涙・笑)。

Hon02
↑沢鉄祭に参加した庭箱鉄道の主力機関車

この本の「おわりに」の部分に筆者は、
「この本の取材を始める前の私は、
軽便が無い無いと言って嘆いていたのだけれども、
視野を保存鉄道・再現鉄道・遊覧鉄道にまで広げれば、
なんだ、こんなに残っているではないか。
大変嬉しい。嬉しいですね。嬉しいんですよ。
もし、本物じゃなきゃヤダ、
小豆餅駅がなきゃヤダ、
サッカリンの汁粉が飲めなきゃヤダというコアな方は、
中国とか東欧に行って、気のすむまで探してください。」
と書かれているように、
確かに、コアな方からみれば、
その姿はかつて日本中にあった
軽便鉄道や森林鉄道・鉱山鉄道とは
姿も形も似て非なるものなのかもしれないが、
私も筆者同様、そんな昔の軽便鉄道の面影を残す
保存鉄道や遊覧鉄道は大好きなので、
当然のことながら、この本は
お買い上げとなったのである(アホ・笑)。

ただ、唯一惜しいところは、
掲載されている写真が、
冒頭部分のみカラー写真で、
本文の紹介欄の写真は、
全て白黒というところである。
とはいうものの、昔のナローな鉄道の
面影に触れたいという思いの方々や
普通の鉄道よりも
遊覧鉄道や保存鉄道がいいという方々には
ぜひオススメしたい本である。

【内容紹介】
第1章 タイムスリップか!今も現役のあいつが目の前に
福島県 やながわ希望の森公園 さくら1号 軌間762mm
愛知県 愛知こどもの国 こども汽車 軌間762mm
栃木県 リンドウ湖ファミリー牧場 スイス鉄道 軌間762mm
栃木県 足尾銅山観光 トロッコ電車 軌間914mm
長野県 赤沢自然休養林 赤沢森林鉄道 軌間762mm
千葉県 成田ゆめ牧場 まきば線 軌間610mm
静岡県 修善寺虹の郷 ロムニー鉄道 軌間381mm
長野県 野辺山SLランド SL列車 軌間762mm
愛知県 博物館明治村 京都市電とSL列車 軌間1067mm
京都府 梅小路蒸気機関車館 スチーム号 軌間1067mm
京都府 梅小路公園 チンチン電車 軌間1067mm
北海道 北海道開拓の村 馬車鉄道 軌間762mm
宮城県 大崎市コスモス園 松山人車軌道 軌間610mm
兵庫県 妙見山 シグナス森林鉄道 軌間381mm
愛媛県 マイントピア別子 別子1号 軌間762mm

第2章 廃線や未成線に列車を走らす夢を叶えた場所
群馬県 碓氷峠鉄道文化むら シェルパくん 軌間1067mm
福岡県 平成筑豊鉄道 やまぎんレトロライン 軌間1067mm
福岡県 赤村トロッコ 油須原線 軌間610mm
京都府 嵯峨野観光鉄道 軌間1067mm
東京都 上野動物園モノレール
山口県 錦川鉄道 とことこトレイン

第3章 知恵とユーモアと団結であの頃を守り続ける営業鉄道
北海道 函館市電 箱館ハイカラ號 軌間1372mm
静岡県 大井川鐵道 井川線 軌間1067mm
富山県 黒部渓谷鉄道 軌間762mm
和歌山県 和歌山電鐵 軌間1067mm
山口県 JR山口線 やまぐち号 軌間10678mm
愛媛県 伊予鉄道 坊っちゃん列車 軌間1067mm
熊本県・宮崎県・鹿児島県 JR肥薩線 いさぶろう・しんぺい 軌間1067mm

第4章 どっこい本格!子どもだましでない遊覧列車
三重県 軽便鉄道博物館 ミニ電ホクさん 軌間381mm
北海道 百合が原公園 リリートレイン 軌間1067mm
埼玉県 東武動物公園 太陽の恵み鉄道 軌間610mm
埼玉県 むさしの村 むさしの村鉄道 軌間610mm
大阪府 大阪府営浜寺公園 子供汽車 軌間762mm
佐賀県 武雄温泉保養村 スカイバスのぼるくん
熊本県 熊本市動植物園 モノレール
京都府 加悦SL広場 ロケット号 軌間381mm

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

模型も大手ほど金を失う道か…!?(泣・笑)
第33回鉄道模型ショウ2011
(銀座・松屋)に出かけて

Ntetsu01_2

今日、某氏から招待券をいただいたので、
午後、休みをとって
東京・銀座の松屋で行われている
第33回鉄道模型ショウ2011に行って、
貧血予防の鉄分補給をして来た(笑)。

Ntetsu04_2

このショウの主催は、
「日本Nゲージ鉄道模型工業会」という
鉄道模型業界団体なので、
当然、主体はNゲージである。
日本鉄道模型連合会 (JMRA) 主催の
日本鉄道模型ショウは、
16番ゲージ主体なので、
何度か行っているが、
鉄道模型ショウの方は、
33回も行われているのに、
実は今回が初めてある。

Ntetsu07_2
↑10月発売予定のプラレールアドバンス

メーカー主体のイベントなので、
各社の新製品や
自信作の発表が中心に行われていたが、
Nゲージも車両はもとより、
ストラクチャーやシーナリィーも充実し、
鉄道模型として実にシステム化されているなと
改めて実感した。
また、車両の作りも実に精巧にできていて、
走りも実にスムーズに走っている姿を
目の当たりにしてNゲージで
レイアウトを作ってみるのもいいなーって思った。

Ntetsu03_2

ただ、いざNゲージでレイアウトを作ることを考えて、
車両・ストラクチャー類・シーナリィー関係など
いろいろと試算してみると、
結構な価格になるなーって思った。
カトーやトミックスからは、
16番ゲージのプラスティックモデルも展示されていたが、
ブラスモデルからしたら確かに破格だが、
これでもいざ編成を組むとなると、
そりなりの出費を
覚悟しなくてはならないなーって思ったし、
レイアウトを作るとなると
金銭的にもかなり厳しいなーって思った。

Ntetsu05_2

結局、ゲージに関係なく、
鉄道模型もJRなど大手ほど金を失う道か…!?
と改めて思い知らされたのだった(泣・笑)。
まー、趣味の世界で金銭的なことを
話題にするのは実に野暮な話だが、
小遣い生活の小市民としては、
金銭的なことが切実なのも
哀しい現実なのである(泣)。

Ntetsu02_2

その意味では、自宅の建物や庭を
そのままストラクチャーやシーナリィーとして利用し、
わずか数十mの線路とトロッコ1両で、
毎日、実用的に楽しめる
15インチゲージの自家用実用鉄軌道は、
意外と安上がりなのかも…!?
と改めて思った次第である(笑)。

Tana01765_2

第33回鉄道模型ショウ2011
【会 期】
2011年7月20日(水)~25日(月)
10:00~20:00
(最終日17:00閉場・入場は閉場の30分前まで)

【会 場】
松屋銀座8階大催場

【主 催】
日本Nゲージ鉄道模型工業会

【後 援】
東日本旅客鉄道株式会社
東海日本旅客鉄道株式会社
西日本旅客鉄道株式会社

【出展社】
カトー
トミーテック
グリーンマックス
ディディエフ
マイクロエース
河合商会
モデモ(ハセガワ)

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

マニアックなトロッコがズラリ!!
「日本秘境交通マボロシ紀行」

Maboroshi

先だって本屋に行った時に、
ふと目に止まったのが、
「日本秘境交通マボロシ紀行(辰巳出版)」である。

表紙の写真は、平凡なJRローカル線だったが、
表題に「日本秘境交通マボロシ紀行」とあったので、
とりあえず、手にしてみた。
最近は、この手のローカル線を取り上げる本が多く、
いずれもJRのローカル線や地方私鉄が中心である。
なので、私の最近の病的な志向からすると今一歩なので、
この本にもあまり期待はしていなかったのだが、
パラパラとめくってみてびっくり仰天である!!!

いやー、しびれた!しびれた!(笑)
表紙の写真とは打って変わって、
表紙の裏から早くも森林鉄道の線路の写真が続き、
立山砂防軌道や安房森林軌道が載っているのはもとより、
京都大学演習林まで載っているではないか!!
しかも、極めつけは上田陶石小田床鉱山下部軌道である。
いやー、これほどマニアックなトロッコがズラリ!!
しかも結構大きなカラー写真付きで出ているとは…(笑)。
というわけで、次の瞬間、この本を片手に
レジに立っていたのは言うまでもありません(笑)。

しかも、あとで知ったことだが、
この素晴らしい本の出版に、
当社倶楽部にも加入していただいている
風雅松本亭の松本氏が撮影された画像が、
「神奈川臨海鉄道」の紹介の中で使用されているのである。
松本様、写真の掲載、おめでとうございます。

いやー、それにしても、今どき鉄道趣味関係の雑誌ですら、
これほどナローやトロッコが大きく取り上げられることは、
滅多にないだけに辰巳出版の英断に感謝、感謝です。
トロッコ好きにとっては、
たまらないオススメの一冊だと思う。
トロッコってホントにいいもんですねー!!(アホ・笑)

【「日本秘境交通マボロシ紀行」内容(もくじより)】
第一部 鉄道編
P.14~ 山中に延びる森林鉄道。
      現役路線と廃線が交錯するパラレルワールド
      安房森林軌道 小杉谷線/石塚線

P. 18~ 国内最後の石炭輸送専用線
      太平洋石炭販売輸送 臨港線
P. 22~ 草の生い茂る廃線のような線路に、
      月数回大型車が通る
      高岳製作所専用線
P.26~ 富山山中、国内唯一の610mm軌道
      国土交通省 立山砂防工事専用軌道

P. 30~ 四国山中の廃鉱山に残る巨大鉄道施設跡
      住友金属鉱山 下部鉄道
P.34~ 丹後の山林で「現役」演習林の森林軌道
      京都大学演習林軌道 本谷軌道

P. 38~ 工場引き込み線を撤去されて久しい「事実上休止線」
      神奈川臨海鉄道 水江線
P. 42~ 青海黒姫山の石灰石輸送専用線
      電気化学工業 青海専用線

第二部 バス編
P. 50~ 明治開校の古い小学校跡と、
      私設モノレールのある小さな集落へ
      西東京バス五里18系統 武蔵五日市~藤倉
P. 54~ 平日わずか1本だけのバスがリンゴ畑をゆく
      南部バス 泉山線
P. 58~ 廃駅と廃村を結ぶ盲腸路線
      十勝バス 留真線
P. 62~ 赤字続きで2度の運行会社変更。
       しかしいまも現役で営業中
      藤西阿観光バス 石仏線
P. 66~ 東の先のその先へ、ロシアに一番近い場所
      根室交通 納沙布線
P. 70~ ローカル線の先の山中に
      樹齢千年を超す巨木がいまも佇む
      十和田観光電鉄バス 法量線
P. 74~ 昭和生まれの古い車両と
       「バス駅」が残る房総のローカル線
      天羽日東バス 戸面原線
P. 78~ 小さな田舎駅から名水の湧く山中へ
      20年選手の旧型バスが往復する
      茨城交通大子営業所 常陸大子~蛇穴線

第三部 航路・その他
P. 86~ 1日4往復の船がつなぐ山陰の小さな島
      下関渡船事務所 六連島 フェリー六連丸
P. 90~ 四国山中に架かる日本最大級勾配のケーブルカー
      祖谷温泉ホテル 私設ケーブルカー
P. 94~ 山に囲まれた急流に浮かぶ小さな渡し船
      熊本県球磨郡球磨村楮木地区 瀬渡し船頭 求广川 八郎
P. 98~ 人里離れた北陸の山中、水に隔離された温泉
      大牧温泉 庄川遊覧船
P.102~ 藩政時代から続く櫓漕ぎの渡し船
      山口県萩市大字椿東 鶴江の渡し
P.106~ 水源なし、商店なし、自動車なし……
      時代に置かれたような能登の孤島
      へぐら航路 舳倉島 ニューへぐら

特集ページ
P. 46~ ダム建設で存廃を繰り返した川根の奥の小私鉄
      大井川鐵道井川線 廃線区間
      (川根市代~川根長島/井川~堂平)
P.82~ 九州天草に残る唯一の人力トロッコ
      上田陶石・小田床鉱山下部軌道

TG-NET 辰巳出版グループホームページ
http://www.tg-net.co.jp/

Gゲージ鉄道模型・風雅松本亭
http://g-gauge.world.coocan.jp/

神奈川臨海鉄道の車輛(日本の鉄道写真館)
http://g-gauge.world.coocan.jp/prototype/KANAGAWA/KANAGAWA.html

無機質なGゲージ日記
「日本秘境交通という本(私の写真が載ってます)」

http://ameblo.jp/waseda708/entry-10941361703.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

ご無沙汰しております

Dsc03387

ご無沙汰しております。
2011年3月11日に発生した
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)から
4ヵ月が過ぎ去りました。
改めまして、このたびの震災により、
被害を受けられた皆々様に、
心よりお見舞いを申し上げます。

わが地方もあの日は大きな揺れに見舞われましたし、
近所では屋根瓦が落ちたり、
大谷石の壁が崩れるなどの被害がありました。
当社も、掘っ立て小屋の秘密基地の
倒壊などの被害が心配されましたが、
幸いなことに地震による
大きな被害やケガもありませんでした。

というわけで、震災が起こったゆえに
ブログの更新を自粛していたわけでもないのですが、
震災のさまざまな影響も含めて何かと新年度となって
公私に渡っていろいろとありまして、
生活の歯車が微妙にずれて、
ブログの更新するきっかけがつかめず
4ヵ月が過ぎてしまったというわけです。

最近は、当地方も全国的に
いろいろと話題を振りまいている所ですが、
家族ともども今のところ、何とか元気にやっております。
いろいろとご心配の書き込みもいただきながら、
放置状態ですみませんでした。
今後も、定期的な更新ができるかどうかはわかりませんが、
とりあえず、ちょっとずつネット復帰を
果たしていきたいと思いますので、
改めまして、今後ともご乗車の程、
宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »