« 雨でも体験運転はやりますよ!!
JAM第12回鉄道模型コンベンション
もいよいよ最終日!
| トップページ | 変わらぬトロッコの日々 »

2011年8月22日 (月)

仮設レイアウトの限界
第12回国際鉄道模型コンベンション閉幕!
ご来場ありがとうございました!

Dsc05997
コンベンション当社倶楽部出展ブース

JAM第12回鉄道模型コンベンションが
昨日、開幕しました。
今年のコンベンションは、
初日と最終日が雨に見舞われましたが、
JAM事務局の公式アナウンスによると、
今回の来場者数は、
8月19日(金) 13,336人
8月20日(土) 13,993人
8月21日(日) 11,971人
3日間の来場者数 39,300人
だったそうです。
雨天の足下の悪い中を多くの方がご来場下さり、
心からお礼申し上げます。
特に、雨が降っているにもかかわらず、
八木軽便鉄道倶楽部の屋上出展にまで
多くの方がお越し下さり、
誠にありがとうございました。

さて、当社倶楽部は、
どんなに短くても、どんなに急曲線であっても、
たとえ手押し(人力)であっても、
とにかく自宅に線路を敷いてみたいという方々
(そんな底なし沼!?にはまってみたいという方々)に向けて
自宅庭園鉄道や自家用実用鉄軌道の魅力を
少しでもお伝えできたら…と考えて
会員一同、日頃、自宅で遊んでいる
車両や線路の作品を持ち寄って出展しました。

しかし、現実的には、
庭園鉄道や自家用実用鉄軌道の魅力を、
屋上の単純エンドレスの
仮設レイアウトで伝えるのはなかなか難しいことですね。
それこそ、大規模なガーデニングショーのように、
自宅から木々や建物まで持ち込んで
自宅を模したレイアウトを再現できるのが一番いいですし、
それならば、実際の自宅の雰囲気を堪能していただけると思います。

しかし、現実的には、私自身も、
自家用ワゴン車に加えて、
1.4t車をレンタルし、
さらに大学時代の旧友の2人で
自宅の15吋ゲージのトロッコや
軌框を引っぺがして持っていくわけですが、
クレーンやホイストなどもなく、
全て人力のみでの運び出しとなりますので、
6キロレール(1mで6kg)を使った
半径2m(45度角)や直線1.8m程度の軌框ならば、
なんとか一人でギリギリ運べる重さなのですが、
鈍端分岐器となると、
2人でもヒーヒーしながら積み込むことになります。
そんなわけで、本当は鈍端分岐器を
2つ持ち込むつもりではいましたが、
根性がなくもう1つの
鈍端分機器の積み込みは断念しました。
それでも渡り板(ざら板)軌框も含めて
自宅に敷いている3分の2以上の
15吋ゲージの線路を積み込みましたし、
それ以外に5吋ゲージの
エンドレス2組(半径1m用・半径2m用)と
15吋ゲージの鉄パイプ簡易軌框のエンドレス1組と
15吋ゲージのトロッコ2両に
その他各種小物(小物と言ってもかなり大きく重いが…)を
2人で大汗かきかき何とか積み込みました。

というわけで、コンベンション会場はご覧の通り、
当社倶楽部の屋上出展は、
どうしても車両中心となってしまい、
およそ自宅庭園鉄道や自家用実用軌道とはほど遠い姿の
仮設レイアウトということになってしまうわけです。

また、体験運転にしても、
会員の車両そのものを運転していただければ、
少なくとも自宅庭園鉄道や自家用実用軌道ならではの
関係者(選ばれし者?)だけしか味わえない
危険と隣り合わせのスリリングな運転を
楽しんでいただけるのですが、
それも万が一事故が起こった場合に、
十分な保障をすることができませんので、
今回もお声をおかけ下さった大人の方に限って、
一部車両の体験運転をするのみに留め、
未来の鉄道少年(お子様)向けには、
てトロ127形・てトロ381形
(せんろ商会販売・みたちおもしろ機械工房製造)の
体験運転中心ということになり、
いわゆるイベント向けの客寄せパンダのような
体験運転ということになってしまうわけです。

Dsc05962
某社主力人力動車のデモ走行

正直言って、自宅庭園鉄道や
自家用実用軌道の魅力を堪能するには、
実際に会員各位の自宅に敷設された
庭園鉄道や自家用実用鉄軌道を
イギリスのオープンガーデンのように
実際に観てもらうのが、
一番いいわけですけど、
会員も関東地方を中心に全国各地に
散らばっていますし、
もともと自宅庭園鉄道や自家用実用軌道は、
本来、関係者(選ばれし者?)のみを
対象としたものですから、
それこそ、コンベンションのように
何百人もの方々に観てもらえるものでもありませんから、
これもまた現実的には難しいところです。

はっきり言って、出展にあたって
いつもこの部分が一番悩むところですが、
自宅庭園鉄道や自家用実用軌道の魅力が
ほんの少しでも伝われば…と思いながら、
倶楽部としては不本意ながらも、
各会員の予算(自腹)や
人員(実働できる会員数)にも限りがありますので、
倶楽部としても無理せずできる範囲でやっていこうと
前述のような出展となってしまっています。

そんなわけで、ご来場いただいた方々に
どれだけ自宅庭園鉄道や自家用実用軌道の魅力を
お伝えできたのかというと?だったと思います。
まー、自宅庭園鉄道や自家用実用軌道は、
そもそも関係者(選ばれし者?)しか楽しめない所が
一番の醍醐味なので、
自宅庭園鉄道や自家用実用軌道は、
「百聞は一見にしかず」であり、
「習うより慣れろ」という部分がありますので、
とにかくはじめの一歩を踏み出せるかにかかっています。
そんなはじめの一歩の(泥沼に踏み込む)手助けを
当社倶楽部がほんの少しお手伝いできたら…
(自宅庭園鉄道菌や自家用実用軌道菌を
ばらまくことができたら…笑)と思いで、
家族も交えての会員同士や同好諸氏が
楽しく語らい、遊んでいる姿こそが、
来場者にとっても刺激になるのかなーなんて思いつつ、
今年も準備を含めて4日間、
何とかやってきたというのが正直な所です。

とにかく、自宅庭園鉄道や自家用実用軌道は、
「はじめの一歩(やってみる)」ことが大切です。
たった数mの線路でもいいから、
自宅の庭に敷いてみると、
それだけで癒されるのがこの世界です。
騙されたと思って、はじめの一歩
(底なし沼への第一歩)を踏み出してみませんか…!?(笑)

会員一同も仮設レイアウトの限界は
重々承知していたつもりですが、
来場者の皆々様には、
天候も含めてやや消化不良と
なってしまった部分に関しましては、
前述の言い訳をご理解の上、
ご容赦いただけたら幸いです。
なお、今回の出展内容や
自宅庭園鉄道や自家用実用軌道につきまして、
疑問な点などございましたら、
気兼ねなく、当社ブログや掲示板で
ご質問いただけたら幸いです。
改めまして、悪天候の中、
当社國分の出展場所まで足をお運び下さった皆々様、
本当にありがとうございました。

Dsc06175
雨の中、とりあえず復旧した自宅トロッコ線

【第13回国際鉄道模型コンベンション】
主催:JAM(日本鉄道模型の会)
公式HP:http://jam.gr.jp/
期間:2012年8月17日(金)~19日(日)
会場: 東京国際展示場(ビックサイト)西展示棟及び屋上展示場
※来年(次回)のコンベンションの予定は上記の通りです。
 なお、当社倶楽部が出展できるかどうかはまだ未定です。

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 雨でも体験運転はやりますよ!!
JAM第12回鉄道模型コンベンション
もいよいよ最終日!
| トップページ | 変わらぬトロッコの日々 »

八木軽便鉄道倶楽部」カテゴリの記事

庭園鉄道」カテゴリの記事

15インチゲージ」カテゴリの記事

5インチゲージ」カテゴリの記事

Gゲージ」カテゴリの記事

コメント

穏当に、本当に ×100
お疲れ様でした。
何から何まで…でした。
本当に出して頂いてありがとさんでした。

泥沼のそこから、見に来た人の足を引っ張ることができたかな?とはちょっとは思ってます。

へらへら遊んでいきまーす。

みんなたのしもうぜー。

投稿: 元同僚の○○ | 2011年8月23日 (火) 午後 10時47分

JAM、お疲れ様でした。

すっかり感染しちまったオヤジであります。
実物の展示のほか、実際の軌道(自宅の様子)の写真を展示するのもアリかと。ビックサイトの仮置きではなく実際の軌道を見ると実感も沸くのではないかと思うのですよ。ブログを見ている人ばかりでは無いでしょうし。

動画も良いけど大掛かりになるか。

投稿: ぼうず | 2011年8月23日 (火) 午後 11時40分

元同僚の○○様
人力動車とトロッコまで出展して下さった上に、
お忙しい所、いろいろと実演・説明まで事細やかにしてくださいまして、
誠にありがとうございました。
頭で考えているだけでは、
15吋の魅力はなかなか理解できませんね。
実際、トロッコなんて転がしてみてナンボという部分が多々ありますね。
その部分では、元同僚の○○様の実演は、
効果絶大だったと思います。
お仲間が一人でも増えるといいですね。

投稿: どてかぼちゃ | 2011年8月24日 (水) 午前 05時52分

ぼうず様
2日間、しかも天気の悪い中、
当社出展にわざわざ足をお運びくださいまして、
誠にありがとうございました。
今回、写真は用意してあったのですが、
なんせあの雨でしたから、見合わせました。
トロッコとかは転がしてみて、
初めて魅力が実感して伝わってくる部分もありますから、
本当はどうぞご自由に遊んで下さいと言いたいところなんですけど、
15吋は危険と隣り合わせの部分もあって現実的には難しいところです。
まー、逆に言えば、子どもの頃の秘密基地遊びのように、
危険と隣り合わせだからこそ楽しいというところなんですけどねー(笑)。
それから、貴社ブログに多数の画像を掲載してくださいまして、
本当にありがとうございます。
今回、ほとんど写真を撮っていなかったので、
とてもいい記念になりました。

投稿: どてかぼちゃ | 2011年8月24日 (水) 午前 06時00分

特に運搬にかかわるご苦労の実態がやっと少し理解できました。本当に大変でしたね。

しかし隔靴掻痒というか、自分が家でやっていることの、本当の楽しみの部分を訴えることは、展示場の、のぺりとした屋上ではわかってもらいにくいのも止むを得ないとも思います。

でも、「あんなのもあるんだ!」と思った人もいたはずです。
問題は、「どういうところ(場所)で、この手のクルマが日ごろ、ど~いう風に使われているんだろう?」という疑問に答えるというところまで、あの現場では訴えにくいことですね。

ところで「大規模なガーデンショウ」、あるのですね。一度見てみたいものです。

投稿: おおきにくに | 2011年8月25日 (木) 午前 07時14分

 お忙しい中、ご対応頂きまして感謝致します。ようやくお会いすることが出来たのでウレシイ限りです。
 こちらもトロッコの魅力にはまりつつ、いろんな形で紹介していきたいですね。
 今後ともよろしくお願いしますー。

投稿: TMO幸手(なが) | 2011年8月26日 (金) 午後 10時47分

TMO幸手(なが)様
こちらこそ、わざわざのご訪問、
本当にありがとうございました。
トロッコサミットなんて実現したら
ぜひ参加させて下さい。
トロッコってやってみると、
奥が深いなーって思いますし、
実にエコな輸送手段だと思います。

投稿: どてかぼちゃ | 2011年8月27日 (土) 午前 03時56分

お疲れ様でしたm(_ _)m
前半のみ参加、それも大雨で5インチ展示もすぐ撤収でしたがぁ~小雨の中ご子息様方とトロッコ遊びをさせて頂き、楽しかったです。smile

投稿: ちんたら工場 | 2011年8月27日 (土) 午後 03時30分

ちんたら工場様
せっかく作品を持ち込んでいただいたのに、
あいにくの雨で存分に活躍する場を提供できず、すみませんでした。
また、愚息どもの子守りありがとうございました。

投稿: どてかぼちゃ | 2011年9月 4日 (日) 午前 04時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/52545544

この記事へのトラックバック一覧です: 仮設レイアウトの限界
第12回国際鉄道模型コンベンション閉幕!
ご来場ありがとうございました!
:

« 雨でも体験運転はやりますよ!!
JAM第12回鉄道模型コンベンション
もいよいよ最終日!
| トップページ | 変わらぬトロッコの日々 »