« 実物?模型?本物?贋物?
当社15インチゲージって何もの…!?
| トップページ | トンネル山成長か…!? »

2012年2月21日 (火)

桜谷軽便鉄道から生まれた童話作品
『”のりちゃん”の銀河鉄道』

Norisakura
童話『”のりちゃん”の銀河鉄道』

著者・河田哲(堀田俊二・常盤 肇)氏の
『”のりちゃん”の銀河鉄道』
(文芸社ビジュアルアート刊)を読んだ。

この本は以前から気になっていた1冊である。
なぜならば、実はこの本は、
日本の15インチゲージの
自家用鉄道の草分けである
大阪府豊能郡豊能町(とよのちょう)にある
「桜谷軽便鉄道」の製作者の
持元節夫(もちもとせつお)氏の
鉄道建設における業績をもとに、
創作物語をくわえた童話作品なのである。

Skt02
JAM2006大阪にて

物語は持元氏をモデルにした
主人公・岸本和夫という
70代半ばのおじいさんと
私立の小学校に通っている
中沢法子(通称”のりちゃん”)
という女の子との心の交流を描いているのだが、
この物語には、もうひとつ大阪府池田市で起きた
大阪教育大学付属池田小学校の児童殺傷事件を
もとにした部分があって、
のりちゃんが殺人事件に巻き込まれて殺されてしまう
という実に痛ましいストーリー展開となるのである。
そんな痛ましい現実を目の当たりにしながら、
主人公の岸本さんは、
息子さんと2人の協力者とともに、
生前、のりちゃんが、
本物の蒸気機関車に乗りたがっていた夢を
新風台での第2の鉄道建設で実現するのである。

Skt03
JAM2006大阪にて

この本は2007年に出版されていて、
すでに絶版となっているようだが、
たまたまネットショップに在庫があったので、
このたび手に入れて読んだのである。
童話作品としては、殺人事件まで起こる
かなりショッキングな物語ではあるが、
あの痛ましい事件をいつまでも風化させてはならないという
作者の思いが伝わってくる部分でもありますし、
「桜谷軽便鉄道」を建設された持元氏の
優しいお人柄と優れた業績が伝わってくる
実に素晴らしい作品であると思った次第である。

Skt04
JAM2006大阪にて

ちなみに、現在、この作品は、
書籍版(原版)と改訂版の両方を
下記の投稿小説サイトで、
無料で読むことができるようになっている。
「桜谷軽便鉄道」の知られざる一面に触れられる
15インチゲージャーや
自家用庭園鉄道ユーザーにとっては、
オススメの一冊ではないかと思う。

Skt05
JAM2006大阪にて

【作者紹介】
河田 哲(かわた あきら)。
ペンネーム
堀田 俊二 (ほった しゅんじ)
常盤 肇 (ときわ はじめ)
1963年7月、大阪府吹田市生まれ。

【桜谷軽便鉄道関係サイト】
桜谷軽便鉄道公式ホームページ
http://www.nakanoke.com/sakuradani/

楽しい汽車の旅(旧トロッコリンク)
http://blogs.yahoo.co.jp/torokkolink/

トロッコむら便り - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/torokkolink

日本の金属鉱山
http://www.miningjapan.org/index.html

【『”のりちゃん”の銀河鉄道』が読めるサイト】
クリエーター応援サイトforWriter

http://www.i-dream.co.jp/cos/index.php
読むのも載せるのも無料のネット小説サイトです!!

『”のりちゃん”の銀河鉄道(原版)』
http://www.i-dream.co.jp/cos/work-info.php?work_id=W410770311

『”のりちゃん”の銀河鉄道(改訂版)』
http://www.i-dream.co.jp/cos/work-info.php?work_id=W160770352

オンライン小説投稿 NEWVEL-LIBRARY
http://www.newvel.jp/library/

”のりちゃん”の銀河鉄道(改訂版)[NEWVEL LIBRARY]
http://www.newvel.jp/library/867-30861-index.html

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 実物?模型?本物?贋物?
当社15インチゲージって何もの…!?
| トップページ | トンネル山成長か…!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/54043608

この記事へのトラックバック一覧です: 桜谷軽便鉄道から生まれた童話作品
『”のりちゃん”の銀河鉄道』
:

« 実物?模型?本物?贋物?
当社15インチゲージって何もの…!?
| トップページ | トンネル山成長か…!? »