« 線路作りが楽しい15インチキ | トップページ | 勝手に進む裏庭の延伸工事…!?(笑) »

2012年2月13日 (月)

母屋周回の可能性は…!?

Gan04
ドックホーン型エンドレス構想

一昨日、玄関前から車庫前までを結ぶ本線から、
母屋の裏側に向かう支線を
わずか1.5m程度の仮設ではあるが、
延伸させてみた。

Gan03
単複線+鈍端分岐器+単複線

以前、単複線+鈍端分岐器+単複線を作った時に、
母屋と裏庭をそれぞれ周回する
長期計画を打ち出したが、
実際、それは実現可能なのか…!?
少なくとも裏庭に関しては、
木製トンネルと木橋が朽ちてきているので、
それらを作り直しする必要はあるものの、
すでに5インチゲージ線を敷設していたので、
その廃線跡に沿って敷設すればいいだけなので、
実現の可能性は十分ある。
(5インチゲージも人が乗って運転するので、
15インチゲージと実質の設置面積はほとんど変わらない。)

Omoyarail01
支線へ分岐

しかし、母屋の周回については、
植え込みや水道、エアコンの室外機もあるし、
通路そのものが狭いので
果たして角の部分で曲がりきれるのか?
とちょっと考えただけでも課題は山積みである。

まー、普通ならば、そんなに悩むならば、
敷地を測量して、図面を起こして
シミュレーションすればいいことだろうが、
そこは、某社と一緒で当社も
「現物合わせは基本です」なので、
昨日は、鉄パイプ軌框を
母屋のまわりに実際に並べてみて、
母屋周回の可能性を探ってみたのである(アホ・笑)。

Omoyarail02_2
鉄パイプ軌框を並べてみる

まずは、本線から分岐した区間だが、
雨戸の戸袋、エアコンの室外機、植え込みがあるので、
分岐後、緩やかなS字カーブにし、
千両の植え込みを移植すれば、
なんとか雨戸の戸袋、藤の木、
エアコンの室外機を避けられることがわかった。

Omoyarail03
月桂樹の植え込みをどう避けるか…!?

続いて、母屋の角の部分で曲がって、
母屋の裏側に出る部分だが、
ここはブロック塀側から曲線区間に入り、
裏側の月桂樹の植え込みを移植するか、
S字カーブに逃げれば、
何とか半径2mで曲がりきれることがわかった。

Omoyarail04
玄関前からの延伸どうする…!?

母屋の裏側には、ゴミ置き場や水道、
エアコンの室外機等が設置されているが、
水道の流し場部分を撤去すれば、
何とかクリアできそうである。

Omoyarail05
鉄パイプ軌框をトロッコで運び込む

最後は、玄関前から母屋の裏側に出る角である。
ここは、玄関のタタキ部分の一部を
欠き取らない限り、延伸は不可能である。
また、垣根としているツゲやサツキなどの
植え込みも移植しないと厳しいが、
こちらも何とか半径2mでの通過は可能のようである。

Omoyarail06
かなりの難工事とはなりそうだが…

以上のように、相当な難工事が予想され、
実現はかなり厳しい感じだが、
課題をひとつひとつクリアしていけば、
母屋を半径2mで周回することが
全くの夢物語ではないことが確認できた。

Omoyarail07
玄関のタタキの角を欠き取らないと…

そもそも当社の15インチゲージ線を
実用軌道と捉えた場合、
母屋と裏庭を周回させて
エンドレスにする必要性はない。
普通の公共鉄道の計画線ならば、
間違いなく計画断念だろう。
それに、実際に、この難工事を進めるだけの
体力(技術力)・資金力が
当社にあるかとなると、?である。
しかも、工事を始めれば、周辺住民(家族)から、
歩きにくいといった苦情が出ることは予想されるし、
植え込みなどを勝手に動かすことも御法度だろうし、
ましてや玄関のタタキを欠き取るなんてことは、
かなりの交渉力が要求されるだろう(泣・笑)。

Omoyarail08
ツゲの垣根の移植が必要

結局、夢物語の未成線となる可能性は大であるが、
少なくとも母屋裏側のゴミ置き場まで延伸することは、
多少なりとも有用性があることは確かであるので、
超長期的な展望とはなるが、
夢は夢として持ち続けたいものである(アホ・笑)。

Omoyarail09
角は曲がりきれたがその先には流し場が…

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 線路作りが楽しい15インチキ | トップページ | 勝手に進む裏庭の延伸工事…!?(笑) »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

それはすべて煉瓦敷きのおしゃれな併用軌道で……

投稿: skt | 2012年2月13日 (月) 午前 09時37分

「母屋周回の可能性を探ってみた」って、、、単に既成事実を作ってしまおうとなさっているだけなのでは(笑)。

投稿: 松本哲堂/松本浩一 | 2012年2月13日 (月) 午後 05時42分

出っ張りや植栽にむけて、現物を会わせて、あーでもないこーでもないとやるのも楽しいのですよね。

タタキは叩き壊す 基本です。笑

こんなところにという所にレールがあるのがポイントなんですよね。

長期展望 長期計画 ゆっくり期待してます。

うちもそろそろ

あれ、でも二月は作業やらないのでは?立春すぎればいいのか。読み返してみますね。笑

投稿: 元同僚の○○元 | 2012年2月14日 (火) 午前 12時03分

skt様
レンガ敷きができたのも在庫処分があったからですし、
レンガ敷き区間は、結局、
色も揃わず適当配置になりました(泣・笑)。
当社の本線区間のほとんどはざら板(渡り板)軌框というのも、財政難の結果です(泣・笑)。
それに、いろいろな雰囲気の線路を作りたいという思いもありますから、
全区間レンガ敷きなんてことは、
絶対に実現しないことでしょう。

投稿: どてかぼちゃ | 2012年2月14日 (火) 午前 07時14分

松本哲堂/松本浩一様
精力的に撮り鉄(ドル?)に励まれておられますね(笑・失礼)。
既成事実の構築は大切なことですが、
今回の検証は、今の財政状況からして、
ほとんど夢物語の構想ですし、
実用軌道として
そもそも周回させる意味はあまりないのも事実です。
ただ、行きは表側経由、帰りは裏側経由なんて感じで乗り鉄を楽しむことができますが…(アホ・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2012年2月14日 (火) 午前 07時18分

元同僚の○○元様
もう節分は終わりましたから、
土木作業は解禁ですよー(笑)。
そうそうこんなところになんで線路があるの?って大切なポイントですよね(アホ・笑)。
叩き壊すタタキなど
これからまだまだお楽しみは
続くって感じです。
大手鉄道会社ならば、一日仕事なんでしょうけど、
それを何年もかけて楽しめる(苦しめる?)のが、
マイ庭園鉄道の楽しみですね(アホ・笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2012年2月14日 (火) 午前 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/53970897

この記事へのトラックバック一覧です: 母屋周回の可能性は…!?:

« 線路作りが楽しい15インチキ | トップページ | 勝手に進む裏庭の延伸工事…!?(笑) »