« トロッコファンお薦めの台湾本2冊
「最新版 台湾鉄道の旅 完全ガイド」
「台灣鐵路火車百科2 台灣輕便鐵道小火車」
| トップページ | 相通じる
小型レイアウトと自宅庭園鉄道 »

2012年2月10日 (金)

広軌化こそオケチへの道(笑)

Dsc09102

当社もしがない俸給労働者の小遣い生活者である。
小遣いの範囲でできることに限りはあるし、
貯金を取り崩すことにも限界がある(泣)。

かつては自作やキット改造でなければ
存在もしなかった車両も含めて、
今や金さえ出せばNゲージや16番ゲージは
数限りないラインナップである。
最近は、鉄道模型趣味の普及によって、
プラ製品の低価格品も
多数出回るようにはなったが、
一方で某社の銀箱は今や?十万円である(泣)。
それこそ、そんなものを煩悩の赴くままに
コレクションしていったら、たちまち破産である(泣)。

その部分では、15インチゲージに
広軌化して思うことは、
確かに初期投資にはそれなりにかかるし、
車両にしても作り方や作り込みにもよるが、
それなりの費用がかかることも事実である。
でも、庭に限りがある以上、
線路の延伸にも限りがあるし、
車両とて増備したとしても
数量程度が限界である。
なので、Nゲージや16番ゲージのように
コレクションに走りようがないというか、
走れないのである。
そう考えていくと、
広軌化こそオケチへの道かもしれない(笑)。

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« トロッコファンお薦めの台湾本2冊
「最新版 台湾鉄道の旅 完全ガイド」
「台灣鐵路火車百科2 台灣輕便鐵道小火車」
| トップページ | 相通じる
小型レイアウトと自宅庭園鉄道 »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

確かにそれはありますね。Gスケール程度でもそう感じます。
でもね、Time Money Spaceがゆるせば、どんな大きさでもどんどんレイアウトの規模もコレクションも拡大していくんではないでしょうか?
欠伸軽便鉄道さんなどをみていると、どうもそんな感じが……少なくともTMSに関しての制限や我慢はない環境にあるわけで、べつにそのことをうらやましい、とはおもいませんが、その点が自分とはちがうのかもしれないなあ、と感じたりもします。
八木軽便1/1トロッコもやってみたいけど、それは自分の環境では出来ないのが、ちょっとうらめしいかな?

投稿: skt | 2012年2月11日 (土) 午前 11時29分

skt様
趣味というか人生で大切なことは、
与えられた環境の中で、
いかに工夫して楽しむかに
あるように思います。
多少なりとも大人買いができるようになったことは幸せではありますが、
幼き頃、小遣いを必死で貯めて買った時の
感動に勝るものはないように思います。
まー、どんなゲージを採用したとしても、
足かせというか、自分なりの制限を作らないと、
煩悩を押さえ込むことは難しいですね(笑)。

投稿: どてかぼちゃ | 2012年2月11日 (土) 午後 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/53953487

この記事へのトラックバック一覧です: 広軌化こそオケチへの道(笑):

« トロッコファンお薦めの台湾本2冊
「最新版 台湾鉄道の旅 完全ガイド」
「台灣鐵路火車百科2 台灣輕便鐵道小火車」
| トップページ | 相通じる
小型レイアウトと自宅庭園鉄道 »