« 裏庭大リニューアル計画
スタート…!?
| トップページ | 桜谷軽便鉄道から生まれた童話作品
『”のりちゃん”の銀河鉄道』 »

2012年2月20日 (月)

実物?模型?本物?贋物?
当社15インチゲージって何もの…!?

Dsc05671

ところで、自称「自家用実用鉄軌道」としている
当社の15インチゲージって何ものなんだろう…!?
当社15インチゲージは、
「実物」となるのか?、「模型」となるのか?
「本物」となるのか?、「贋物」となるのか?
以下、どうでもいいことを
あーでもないこーでもないと考えてみた(アホ・笑)。

「鉄道」とは、広く見れば、
線路(案内路)の上に列車を走らせ、
人や貨物を運ぶ陸上交通機関となる。
その意味では、本物の「鉄道」と言える。
しかし、「鉄道事業法」・「軌道法」などの
法令が定める鉄道事業には該当しないし、
「労働安全衛生規則」で定める
「軌道装置及び手押し車両」の要件も
満たせていない。
なので、少なくとも法令で定める
「鉄道」とはなり得ないので、
その意味では、贋物の「鉄道」(似而非鉄道)と言える。
また、作りも模倣品(模造品)と言えるほど
精巧な出来でもないので、
その部分では、「贋物」とも言い難い。

一方、まがりなりにも
「人や貨物を輸送している」
という点では、「実物」と言えるが、
町工場の産業軌道や街角トロッコの形に
似せて作っているという点では、
「模型」と見ることもできる。

しかし、この「模型」という言葉が曲者で、
辞書で引けば
「実物の形に似せて作ったもの」とされるが、
どこがどのようにどこまで
実物の形に似せて作られていれば、
「模型」となり得るのか?という所である。
少なくとも当社の機関車やトロッコは、
実物を正確に縮小したものではない。
しかし、トロッコとしてのギミックは、
実物同様の機構となっている部分もあるので、
その部分では「模型」と言えるのかもしれない。

以上のように、
結局、全てが中途半端の
当社の15インチゲージは、
「実物」にも「模型」にも
「本物」にも「贋物」にも
なりきれていないことがわかる。

まっ、実のところ、当社にしてみれば、
そんなことはどうでもいいことなのである。
要するに、自宅の庭で、誰に気兼ねすることなく、
町工場や商店で使われている(いた)
産業軌道の機関車らしきものやトロッコらしきものを使って、
軌間15インチゲージ(381ミリ)の線路の上で、
鉄道(トロッコ)ごっこ遊びをしながら、
ついでに輸送手段として
実用的に活用できたら面白いだろうなってことである。
もっと端的に言えば、当社15インチゲージは、
「大の大人のための単なる遊び道具(玩具)」なのである。

それこそ、端から見れば、
実に中途半端でいい加減な
当社15インチゲージなのだが、
この「いい加減がいい加減」なのである。
とにかく、実際に、やってみると、
これが実に面白いからやめられないのである(アホ・笑)。
いやー、自宅の庭に線路があって、
いつでも遊べる楽しさ。
それが当社15インチゲージの魅力なのかもしれない(アホ・笑)。

Dsc05672

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 裏庭大リニューアル計画
スタート…!?
| トップページ | 桜谷軽便鉄道から生まれた童話作品
『”のりちゃん”の銀河鉄道』 »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/54042369

この記事へのトラックバック一覧です: 実物?模型?本物?贋物?
当社15インチゲージって何もの…!?
:

« 裏庭大リニューアル計画
スタート…!?
| トップページ | 桜谷軽便鉄道から生まれた童話作品
『”のりちゃん”の銀河鉄道』 »