« 桜谷軽便鉄道から生まれた童話作品
『”のりちゃん”の銀河鉄道』
| トップページ | 遊びの原点 »

2012年2月22日 (水)

トンネル山成長か…!?

Yama01
トンネル山からトロッコ線を望む

当社裏庭線が開業して
まもなく10周年を迎えることになる。
思えば10年前、まだ幼かった息子たちと一緒に、
全くの更地から始まった裏庭線の建設工事である。

Yama02
作っているのか?壊しているのか?(泣)

木橋を設置するために、
地面を掘って池を作り、
木製トンネルを設置するために、
掘った土や新たに購入した土で
トンネル山を作ったわけである。

Yama03_2
山崩れ続発(泣)

トンネル山の建設当時は、
草木も生えていないはげ山だった。
しかも息子たちは、盛り土するたびに
その山を滑り台代わりにして遊んでいた。
そのたびに、土は山から滑り落ちて線路上に散らかった。

Yama04
チャボヒバへの水やり(水遊び…!?)

そんなはげ山にチャボヒバなどの木々を植え、
その時々で山の形にも変化はあったものの、
木々は着実に成長していった。

Yama05
開業当初のトンネル山

しかし、長年の経年変化によって
木製トンネルや木橋の痛みも激しくなってきた。
そんな頃、ひょんなことから
15インチゲージへの改軌を決断し、
車庫前から玄関前までの15インチゲージの
延伸工事が始まったことで、
裏庭線は長らく放置されたままだった。

Yama06
開業当初のトンネル山

それが、今回、息子たちの突然の思いつきで始まった
裏庭大リニューアル計画がスタートし、
まずは裏庭線開業当時に設置した
キッズルームが取り壊された。
そして、キッズルーム後、
トンネル山を拡張するとともに、
トンネル山に残土を盛り土することとなった。

Yama07
朽ち果てつつある木製トンネル

そんなわけで、10年を経てトンネル山が成長!?
することとなったのである(笑)。
裏庭線の広軌化準備工事も
まだ始まったばかりだし、
これから、トンネルや木橋の作り直しなど
課題は山積みである。
さて、どうなることやら…(笑)。

Yama08
トロッコ線からトンネル山を望む

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 桜谷軽便鉄道から生まれた童話作品
『”のりちゃん”の銀河鉄道』
| トップページ | 遊びの原点 »

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

そうですか、15インチゲージの車輌が通れる程度のトンネルを造るために山を成長させてるんですか(笑)。

投稿: 松本哲堂/松本浩一 | 2012年2月22日 (水) 午後 06時16分

松本哲堂/松本浩一様
確かに5インチゲージの時よりも
多少トンネル断面は高くなるとは思いますが、
5インチゲージも人が乗って運転する限り、
トンネル断面や橋の幅は、
1分の1としなければ人が通過できませんから、
それほど大規模な変更はしなくてもいいのです。
路盤の幅も、枕木の長さを詰めることで、
おおよそ2倍くらいの拡張(ブロック1枚分から2枚分に)で済むようにしています。

投稿: どてかぼちゃ | 2012年2月23日 (木) 午前 06時32分

山に植えてあった木(チャボヒバ?)がこんなに大きくなったのですか。驚きました。最後におじゃましてから5年くらい経ってますもんね。

投稿: みてつ | 2012年2月24日 (金) 午後 11時22分

みてつ様
チャボヒバは、檜の園芸品種で、
成長が遅いという点が、
庭木としては有り難い所ですが、
さすがに10年も経つと、
幹も太くなったなーって思います。
あまり高くなりすぎてしまうと、
剪定が難しくなりますので、
そろそろ先端は切り詰めようと思っています。
この木々を見ると、10年も経ったんだなーって実感がひしひしと伝わってきます。
要するに、歳をとったんですねーそれだけ(泣・笑)。
体力も衰えてくるわけです(泣)。

投稿: どてかぼちゃ | 2012年2月26日 (日) 午前 05時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/54045076

この記事へのトラックバック一覧です: トンネル山成長か…!?:

« 桜谷軽便鉄道から生まれた童話作品
『”のりちゃん”の銀河鉄道』
| トップページ | 遊びの原点 »