« 真壁のひな祭り再び
真壁のひな祭り・その1
| トップページ | 貴重な「奉安殿」と
元石屋さんのトロッコ線路跡
真壁のひな祭り・その3(最終回) »

2012年3月 4日 (日)

石田金物店の街角トロッコは健在
真壁のひな祭り・その2

Ishida01

昨日、茨城県桜川市で行われていた
真壁のひな祭りに家族で行って来た。

Ishida02

Ishida04

家族のお目当ては当然のことながら、
江戸時代から現代に至るまでの
様々なひな人形の数々や
歴史ある古き良き街並みである。
当然のことながら、私自身も思いは同じであるが、
もうひとつ気になることは、
昨年もお邪魔した石田金物店の街角トロッコが、
どうなっているかである。

Ishida05

Ishida06

石田金物店につくや否や、
街角トロッコが目の前に飛び込んできた。
金物店で、バケツとひしゃくを買ったあと、
「トロッコの線路を見せてください」
とお願いしたところ、快諾してくださった。

Ishida07

Ishida08

トロッコの線路については、
昨年も見せていただいたのだが、
トロッコの線路というのは、
何度見ても新鮮な感動があるから不思議である。
線路そのものは、金物店と倉庫の間にある
細い町道のところで、
線路が途切れている所も含めて、
昨年とまったく変わらない姿を見せてくれていた。

Ishida09

Ishida10

トロッコの線路の終端は、
大きく左にカーブを描いて
倉庫に吸い込まれていくのだが、
昨年は閉まっていたシャッターが、
今年は空いていて中まで
拝むことができたのである。
線路そのものは、シャッターがあることで
この部分でも途切れてはいるのだが、
線路を敷設した当時は、
表の金物店とこの倉庫を結び、
荷役に大活躍していたことだろう。

Ishida11

Ishida12

お店の方のお話だと、
このトロッコは分断部分があって、
使いにくくなってはいるものの
今でも現役だそうである。
町道部分で分断されている線路は、
水道工事の時に撤去されたそうである。
「再びつなげられたら…」
という思いはあるそうで、
トロッコファンとしては、
いつの日か復活することを
大いに期待したいところである。

Ishida13

Ishida14

何はともあれ、今年も石田金物店の
トロッコも線路も健在だったことに、
ホッとするとともに、
その元気な姿に大満足だったのである(アホ・笑)。

Ishida15

【石田金物店の街角トロッコ】
軌間:508mm
距離:50~100mくらい(目測)
区間:店舗入口から倉庫内
    (途中、町道を跨ぐ箇所と倉庫入り口のシャッターの所で寸断)
トロッコ:2軸木製平台車(2008年新製)、車輪は永瀬工場製
レールの継ぎ目:相対式継目が基本、一部区間は相互式継目

真壁・石田金物店のしびれる現役・街角トロッコ
http://ylr.cocolog-nifty.com/ylr/2011/02/post-ff04.html
※2011年2月11日(金)の訪問記

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 真壁のひな祭り再び
真壁のひな祭り・その1
| トップページ | 貴重な「奉安殿」と
元石屋さんのトロッコ線路跡
真壁のひな祭り・その3(最終回) »

旅行・地域」カテゴリの記事

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/54135193

この記事へのトラックバック一覧です: 石田金物店の街角トロッコは健在
真壁のひな祭り・その2
:

« 真壁のひな祭り再び
真壁のひな祭り・その1
| トップページ | 貴重な「奉安殿」と
元石屋さんのトロッコ線路跡
真壁のひな祭り・その3(最終回) »