« 貴重な「奉安殿」と
元石屋さんのトロッコ線路跡
真壁のひな祭り・その3(最終回)
| トップページ | 3冊のトロッコ本…!?
古写真と時刻表でよみがえる
「明治・大正」の鉄道
廃線跡の記録3
歴史鉄道 酔余の町並み »

2012年3月11日 (日)

支え合う人の心のやさしさ
映画「エクレール お菓子放浪記」

Eclair01

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震 )から
今日11日で1年を迎えた。
昨日、東日本大震災復興支援チャリティー映画会として、
映画「エクレール お菓子放浪記」が
松戸市民会館で上映された。

Eclair02

この映画は、東日本大震災発生前に
宮城県石巻市などで撮影が行われ、
震災後、ロケ地の建物や
エキストラ協力者らが被災されたことで、
復興運動の象徴ともなっている映画で、
ぜひ一度観てみたいと思っていた映画であった。

作家・西村滋氏の
自伝的作品「お菓子放浪記」を
原作としているこの映画は、
戦中から戦後にかけて、
孤児の西村アキオ少年(吉井一肇)が、
戦中戦後を懸命に生き抜く姿や
少年を支える周囲の大人たちの
出会いと別れを通して、
「支え合う人の心のやさしさ」を
懐かしい昭和の街並みを感じさせる
宮城県の美しい風景とともに、
実に美しく感動的に描いている。

Eclair03

「あなたがお菓子になって」
「みんなの心を優しい気持ちにしてあげて」
の台詞はアキオ少年の透明感あふれる
「お菓子と娘」の歌声とともに、
心にしみ込んできた。

1945年(昭和20年)
3月10日午前0時08分、東京大空襲。
2011年(平成23年)
3月11日14時46分18秒、東日本大震災。
決して忘れない、決して忘れてはならない日。
そんな日に、
「命の尊さ」と「平和のメッセージ」を
伝えてくれたこの映画。
エクレール、それは、生きる希望
この歌を今、あなたの心に…

「エクレール お菓子放浪記」の公式WEBサイト
http://www.eclair-okashi.com/

Eclair04_2
石巻「希望の缶詰」
写真集「南三陸から」(佐藤信一)・絵葉書

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 貴重な「奉安殿」と
元石屋さんのトロッコ線路跡
真壁のひな祭り・その3(最終回)
| トップページ | 3冊のトロッコ本…!?
古写真と時刻表でよみがえる
「明治・大正」の鉄道
廃線跡の記録3
歴史鉄道 酔余の町並み »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント


感動して隣で泣いてました~

でも、その1時間後には、エクレアぱくついてましたが…。お疲れ様でした。

投稿: 同僚の○○ | 2012年3月11日 (日) 午後 11時22分

同僚の○○様
いやー、昨日は、私も泣けました。
そのあと、勤務先に戻って現実に引き戻されましたが…(泣)。
ホントにお疲れ様でした。

投稿: どてかぼちゃ | 2012年3月11日 (日) 午後 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/54193217

この記事へのトラックバック一覧です: 支え合う人の心のやさしさ
映画「エクレール お菓子放浪記」
:

« 貴重な「奉安殿」と
元石屋さんのトロッコ線路跡
真壁のひな祭り・その3(最終回)
| トップページ | 3冊のトロッコ本…!?
古写真と時刻表でよみがえる
「明治・大正」の鉄道
廃線跡の記録3
歴史鉄道 酔余の町並み »