« 石田金物店の街角トロッコは健在
真壁のひな祭り・その2
| トップページ | 支え合う人の心のやさしさ
映画「エクレール お菓子放浪記」 »

2012年3月 5日 (月)

貴重な「奉安殿」と
元石屋さんのトロッコ線路跡
真壁のひな祭り・その3(最終回)

Makabe01

二度目の来訪となった
茨城県桜川市真壁のひな祭りだが、
今回は、前回よりも範囲を広げ、
廃線となった筑波鉄道の旧真壁駅の方まで
足を延ばして街並み散策を堪能した。

Makabe02

駅前付近を歩いていると、
「奉安殿」が保存されていた。
「奉安殿」とは、戦前戦中にかけて
全国の学校に天皇皇后両陛下の
御真影(御写真)と教育勅語を
納めていた建物のことである。
戦後、多くは解体されたので、
実物を見たのは初めてである。
なお、この「奉案殿」は、
真壁小学校正門に建てられていたそうで、
木造が多かった「奉案殿」の中では、
大変珍しいタイプだそうである。

Makabe03

そして、旧真壁駅から
石田金物店の方に戻る道すがら
車庫となっているコンクリートの
タタキにふと目をやると、
わずか数mではあるが、
街角トロッコの線路跡を見つけたのである。

Makabe04

石田金物店の店員の方のお話によると、
石屋さんの所にもトロッコがあって
昔は使われていたということだった。
もしかすると、この線路がそうかも…と思った。
地元の方にお聞きした所、
やはりこの線路は石屋さんが石の加工をする時に
使われていたものだそうだ。

Makabe05

見知らぬ町を散策すると、
いろいろと新しい発見があって、
それが楽しみなところでもあるが、
今回は、実に貴重な「奉案殿」を
拝見することもできたし、
石田金物店だけでなく、
もうひとつの真壁の街角トロッコの
線路跡を見ることができたことは、
とても有意義であった。
また、機会があったら、
ぜひお邪魔したいところである。

Makabe06

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

|

« 石田金物店の街角トロッコは健在
真壁のひな祭り・その2
| トップページ | 支え合う人の心のやさしさ
映画「エクレール お菓子放浪記」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

15インチゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5714/54135509

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な「奉安殿」と
元石屋さんのトロッコ線路跡
真壁のひな祭り・その3(最終回)
:

« 石田金物店の街角トロッコは健在
真壁のひな祭り・その2
| トップページ | 支え合う人の心のやさしさ
映画「エクレール お菓子放浪記」 »