鉄道模型

2012年1月30日 (月)

夕日町三丁目の街並み
ALWAYS 三丁目の夕日’64
東京タワーの想い出

Tokyotower01

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の
情景フィギュア’64にくわえて、
セブンイレブンでは、
「東京タワーの想い出(タカラトミー)」
というのも売っていて、
2000分の1スケールの東京タワーが入っている。

Tokyotower02
夕焼け調照明LED付の昭和42年以降か?

このシリーズもブラインドパッケージで、
大きく分けて昭和33年完成当時と
昭和42年以降の2種類であって、
それぞれに夕焼け色仕様、クリア仕様、
夕焼け調照明LED付があって、
全部で6種類のラインナップである。
ちなみに、私が手にしたのは、
夕焼け調照明LED付の
昭和42年以降と思われる。

Tokyotower03
旧情景フィギュア(鈴木オート・茶川商店・たばこ屋)

Tokyotower04
万亀堂(情景フィギュア’64)

Tokyotower05
リハツカワイ(情景フィギュア’64)

というわけで、「東京タワーの想い出」と
手持ちの新旧の情景フィギュアを全員集合させて、
記念写真を撮ってみた(笑)。
そして、最後は、情景フィギュア’64の
鈴木オート、茶川商店、万亀堂、リハツカワイと
東京タワーをそれらしく並べて、
夕日町三丁目の街並みを作ってみた。
ただ並べただけだが、
暗くした中で撮影すると、
なかなかいい感じである(アホ・笑)。

Tokyotower06
新旧情景フィギュア

三丁目の夕日の3作目が公開されたばかりだし、
次回作があるのかどうかはわからないが、
さて、こののち夕日町三丁目の街並みは、
どうなっていくのだろう…!?
昭和39年(1964年)以降も
まだまだ元気な昭和は続くが、
私自身の物心が付いた頃の昭和は、
駆けずり回って遊んでいた
田んぼ・畑、野山が、
都市化の波に呑み込まれ、
次から次へと失われていき、
車や工場の煤煙、工場排水や生活雑排水で、
空や川の汚れは深刻となっていった。
それこそ、隅田川は、
幼き頃、「澄んだ川」ではなく、
「真っ黒い川」だから
「隅田川」というんだと思っていた。

Tokyotower07
夕日町三丁目の街並みと東京タワー

果たして、このまま美しい
三丁目の夕日は続くのだろうか…!?
と心配になってくる。
そう考えると、なんか複雑な思いになるが、
きっと夕日町三丁目の人たちは、
そんなことも乗り越えていくのだろう。

Tokyotower08
夕日町三丁目の夕日(夜景?)

ALWAYS 三丁目の夕日
http://1.always3.jp/05/

ALWAYS 続・三丁目の夕日
http://2.always3.jp/07/

ALWAYS 三丁目の夕日’64
http://www.always3.jp/

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

雨でも体験運転はやりますよ!!
JAM第12回鉄道模型コンベンション
もいよいよ最終日!

Dsc06010

JAM第12回鉄道模型コンベンションも
いよいよ本日最終日となります。
昨日は、真夏だというのに、
曇でとても涼しく、
屋上にも多数の方々がご来場下さいまして、
誠にありがとうございます。
また、スタッフ不足で
説明不足の点も多々あったことをお詫びするとともに、
もし、ご不明な点や疑問な点がございましたら、
当社の掲示板などにご質問いただけたら幸いです。

Dsc06057

本日はすでに朝からあいにくの雨ですが、
てトロの体験運転を含めて
Gゲージ、5吋ゲージ、15吋ゲージの
会員各位の車両のデモ走行も
初日同様、当社倶楽部は
雨でも可能な限りやりますので、
宜しくお願いします。

Dsc06015_2

一応、体験運転に関しましては、
安全確保のために、
以下のような体験運転の時間を
設定させていただいていますが、
雨模様の場合は、初日のように
テント下の小型エンドレスでの運行となりますが、
てトロの体験運転を
体験運転時間外であっても
状況によって実施する予定です。
なので、時間外での体験運転を希望する場合は、
一声スタッフにお声をおかけ下さい。
なお、スタッフの人数にも限りがありますので、
安全確保のため、参加希望人数、時間帯や
天候の状況によっては、
体験運転をお断りする場合も御座いますことを
予めご了承下さい。

Dsc06048

朝から雨模様で少々意気消沈という部分もありますが、
庭園鉄道や自家用実用軌道の魅力を伝えるべく、
最終日もスタッフ一同、気合いを入れて
がんばっていきたいと思いますので、
ご乗車の程、宜しくお願い申し上げます。

Dsc05987

【八木軽便鉄道倶楽部主な出展内容】
出展場所:東京国際展示場(ビックサイト)の屋上展示場
・5吋ゲージ・15吋ゲージの
 人力動車(てトロ127形・てトロ381形)の体験運転
 1)11:00〜11:30
 2)13:30〜14:00
 3)16:00〜16:30
※体験運転は無料ですが、人力動車は、
 あくまでも個人が趣味として楽しむための車両ですから、
遊園地の遊具設備のような安全性の保障はありません。
 体験運転される方は自己責任で
 安全に心掛けて運転してください。
 また、安全のため、スタッフの指示には必ず従ってください。
 (スタッフの指示に従えない場合は
 安全のため、体験運転をお断りさせていただく場合が
 ありますことを予めご了承下さい。)
※上記以外の時間帯には
 倶楽部会員の作品のデモ走行を行う予定です。
※雨天の時など天候によっては上記時間帯以外でも
 体験運転を実施する場合がありますので、
体験運転に関しては会場にて直接スタッフにお尋ね下さい。
・Gゲージの急曲線仮設レイアウトでのデモ走行
 ポーターの亀の子、ドコービルのL型機、
 ハートランドの2軸車等
・5吋ゲージの自作車両の展示及びデモ走行
 電気機関車、ハフ、ナベトロ、自由形車両等
・15吋ゲージの自作車両及び自作線路の展示及びデモ走行
  平トロ、箱トロ、ナベトロ、人力動車
 鈍端分機器、渡り板(ざら板)軌框、6キロレール軌框等
※1日1回程度、見学希望者がいた場合は、
 6kgレールのレール曲げ実演を考慮しています。

【第12回国際鉄道模型コンベンション】
主催:JAM(日本鉄道模型の会)
公式HP:http://jam.gr.jp/
期間:2011年8月19日(金)~21日(日)
会場: 東京国際展示場(ビックサイト)西展示棟及び屋上展示場
開場時間:10:00~18:00 (最終日は17:00まで)
入場料:1,500円(会期中何度でも入場可能)
※中学生以下無料(小学生以下は保護者の同伴が必要です).

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

JCFCの公式ホームページ誕生!

Jcfc1

JCFCの会員であり、
当社ホームページにも
リンクを貼らせていただいている
伊豆エメラルド鉄道の内山氏から、
JCFC(Japan Coupler Friends Club)の
公式ホームページが誕生した旨の
メールをいただいた。

JCFCは、
「ライブスチームを中心とする
大型模型を趣味とする者を会員とし、
その技術の向上および
会員相互の親睦を深めること」を目的に、
3インチ半及び5インチゲージの
ライブスチームを主体とした
大型鉄道模型の愛好家で作る
会員数約80の全国組織である。

JCFCは、当社にとっては、
雲の上のような存在であるが、
公式ホームページでは、
多くの方々に大型鉄道模型の
醍醐味を伝えていくべく、
JCFCの活動を
知らせていきたいということである。

今までJCFCの活動は、
知る人ぞ知る存在ではあったが、
ネットや雑誌上での情報は少なかっただけに、
新たに開設されたJCFCの公式ホームページは、
当社としても今後の展開が大いに楽しみであり、
いろいろと勉強させていただきたいと思っている。
また、ライブスチームや大型鉄道模型に興味のある方々や
新たに始めてみたいという方々にとって、
JCFCの活動は大いに参考になると思うので、
JCFCの公式ホームページは
大いなる朗報であり、
大いにオススメのホームページだと思う。
当社ブログ「八木軽便鉄道・社長室」の
「庭園鉄道会社リンク」にも
早速、リンクを貼らせて頂いたので、
ご参照下さい。
内山様、JCFCの
公式ホームページのご案内、
ありがとうございました。

JCFC公式ホームページ
(JAPAN COUPLER FRIENDS CLUB)

http://jcfc.la.coocan.jp/

伊豆エメラルド鉄道(内山氏のホームページ)
http://homepage2.nifty.com/h-uchi/

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

やっぱりインチキが分相応
最近の鉄道模型事情

Ginza01
カツミ有楽町店

昨日、元同僚の結婚披露宴に出席する合間に、
久しぶりに有楽町(銀座)の模型店の双璧
天賞堂とカツミに立ち寄った。
この所、5インチゲージ、15インチゲージと広軌化して、
鉄道模型店にはほとんど足を向けなくなったので、
たまに鉄道模型店に行くと、
妙に新鮮な気分である(笑)。

Ginza02
築地界隈

まずストラクチャーも含めて
Zゲージが充実してきたなって感じた。
また、16番ゲージから離れて久しいが、
今の世の中を反映してか、
16番ゲージはブラス(真鍮製)とプラ(プラスチック製)の
完全な二極化だなーってことを実感した。
それこそ、当社の場合、
ブラスの編成物なんてとても買える財力はないので、
まったく無縁な話なのだが…(泣・笑)。

Ginza03
有楽町駅前

GゲージのレーマンのLGBは、
相変わらず高価だが、
品揃えはかなり復活してきたなと感じた。
当たり前だが、ナローモデルは、
カツミはほぼ皆無、天賞堂でも少ない感じだった。
というわけで、ちょうどいい時間調整にはなった。
でも、今どきの鉄道模型を本気でやるのは、
当社の視力・体力・金力からして
絶対に無理だなって改めて感じた次第である(泣)。
やっぱりインチキが分相応だね(笑)。

天賞堂-Tenshodo
http://www.tenshodo.co.jp/

鉄道模型のカツミ-KTM
http://www.ktm-models.co.jp/

Ginza04_2

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

掲示板「庭鉄広場」設置
鉄分の有無に関係なく
自由にご乗車を!!

Ylrhiroba

突然ですが、
当社ブログ「八木軽便鉄道・社長室」の
補完的な情報提供の場と交流の場として、
このたび掲示板「庭鉄広場」を設置させていただきました。

設置のひとつの理由は、
ブログの記事に残すほどではないが、
とりあえず備忘録として残しておきたい情報を
書き込んでいこうと思ったからです。

また、当社ブログの交流の場として、
ブログにコメントするよりも、
掲示板の方が気楽にできるという方々や、
また、ブログの話題とは離れた
書き込みがしたい方々のためにも
掲示板があった方がいいのではないかと思ったからです。

というわけで、当社ブログへの
乗車記念としてのコメントはもとより、
15インチゲージ・5インチゲージをはじめとした
大型鉄道模型や自家用鉄道、庭園鉄道、
ガーデニング、花便り、ナローゲージ、トロッコなどなど
大きく脱線していない限り、特に内容は問いませんので、
鉄分の有無に関係なく、
自由にご乗車(ご利用)いただけたら幸いです。

但し、当社が不適切な内容と判断した場合は、
投稿者の同意無く削除する場合がございますので、
予めご了承下さい。
当社ブログ「八木軽便鉄道・社長室」ともども
ご乗車の程、宜しくお願い申し上げます。
なお、ブログへは下記のURL
または、右の「↓掲示板はこちら」をクリックしてみて下さい。
(八木軽便鉄道倶楽部ブログからも入れます。)

八木軽便鉄道・社長室掲示板「庭鉄広場」
http://6726.teacup.com/yagikeitetsu/bbs

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

あっ俺たちだ…!(笑)
大鉄道博2010で「てトロ」大人気!

Daitetsudouhaku201001_2

今日から息子たちも新学期。
昨日は親子で最後の夏休みに、
「大鉄道博2010」に行って来た。

Daitetsudouhaku201002

実は、今年の大鉄道博では、
日頃大変お世話になっている
せんろ商会の岡本憲之氏が
企画・運営に関わっており、
しかも、今年は、
せんろ商会とみたちおもしろ機械工房との
共同開発商品である人力鉄道車両
「てトロ127形」のエコ鉄道体験が行われたのである。
その関係で、チラシやポスターに載せるということで、
息子たちが初めててトロに乗った時の画像が、
使われたのである。
(それにしても老けたナー・笑)

Daitetsudouhaku201003

そんなわけで、息子たちは、ポスターやチラシを見て、
「あっ、俺たちだ」と大喜びだったのである(笑)。
正直言って、山手線の中吊り広告にも
載っていたのにはびっくりしたのである(笑)。

Daitetsudouhaku201004

大鉄道博を見に行くのは今回で2回目だが、
前回お邪魔した時とはだいぶ趣向が違っていて、
鉄道マニアや鉄道模型趣味人向けというよりは、
プラレールの大パノラマを中心とした
プラレール博のような感じで、
鉄道好きな子ども向きという印象を受けた。
(実際、客層も子ども中心の家族連れが多かった。)
個人的には、精密模型がズラリと並んでいても、
最近は、凄いけど「ふーん」という感じ
(どうせ作れないし…泣)なので、
むしろ、プラレールの大胆なレイアウトの方が、
当社のトロッコ遊びに相通じる感じで、
とても参考になった。

Daitetsudouhaku201005

また、個人的には、鉄道には直接関係ない
昭和の街並みのセットが一番惹かれた所である(笑)。
長男が、由美かおるのホーロー看板をみつけて、
「これうちのと同じだー」って言っていたのが、
これまた笑えた所である(笑)。

Daitetsudouhaku201006

てトロ127形のエコ鉄道体験だが、
入場料とは別料金(2周200円)
であったにもかかわらず、
かなりの人気で乗車待ちの列ができていた。

Daitetsudouhaku201007

今年の大鉄道博の会場は、
品川駅近くの
「グランドプリンスホテル新高輪」
の大宴会場「飛天」であったこともあるのか、
乗客である子どもたちも
とても上品な感じというか、
実にゆっくりとてトロを運転していると思った。

Daitetsudouhaku201008

でも、よくよく見てみると、
運転会場には、「バック運転の禁止」の表示がされ、
さらに、係の人が、「ゆっくりと運転して下さい」と
スピード制限のお願いをしていたのである。
さすが約1ヶ月間(8月5日~31日)も
行われていた大イベントだけあって、
細かい心遣いがされ、
安全にも十分配慮されているなーって思った次第である。
てトロに乗っていた子たちはみんな楽しいそうだったし、
親も乗車代が高いという印象はなかったようだ。
とにかく、てトロは、
自分で運転できるというのがとても新鮮なようで、
同じ5インチゲージの
ミニトレインを圧倒する大人気であった。

Daitetsudouhaku201009

息子たちはいつもタダで乗れるので、
はじめは乗らなくていいとは言っていたが、
折角、チラシやポスターのモデル?
になったこともあったので、
結局、記念に乗ることになったのである(笑)。
息子たちも、会場の空気を読んで
珍しく上品に乗っている姿が、
実に滑稽で終わらず笑ってしまった(笑)。

Daitetsudouhaku201010

今回の体験運転では、
緑の新色のてトロ127形も走っていたが、
実に爽やかな色合いでなかなか感じであった。
それから、てトロ全車には、
緩衝器が取り付けられていて
これが安全確保と良きアクセントになっていた。
また、絨毯敷きの床や柵、背景の雲など
お金がかかっているなーと思いつつも、
JAMコンベンションのてトロの体験運転では、
ただ軌框を置いただけで
実に殺風景だナーと思っていたので、
来年以降は、大鉄道博を見習って、
少し趣向を凝らしたいなーって思った次第である(泣・笑)。

Daitetsudouhaku201011

ミニトレイン(こちらは1周300円)の方には、
息子たちはいつも乗っているからと言って乗らなかったが、
個人的には、乗車の注意事項など
参考になるなーと思った次第である。

Daitetsudouhaku201012

まー、息子たちは、
ただ見るだけ、運転するだけの大鉄道博よりも、
自分たちが主体となってやれた
JAMコンベンションの方が楽しかったとは言っていたが、
あまり鉄分のない息子たちとしては、
それなりに楽しんでいたようである。
それこそ、長男は、
鉄に目覚めたとふざけ半分に言いながら、
お土産に新幹線のスプーンとフォークを買っていた(笑)。

Daitetsudouhaku201013

というわけで、約半日、最後の夏休みを
親子で満喫させていただいたのである。
ちなみに、せんろ商会の岡本憲之様と
みたちおもしろ機械工房の皆々様は、
17時の閉館後、エアコンが止まった中、
夜遅くまで撤収作業が続いたそうである。
大鉄道博の終了、本当にお疲れ様でした。
それから、楽しいイベントを
本当にありがとうございました。

Daitetsudouhaku201014

大鉄道博2010
http://www.fujitv.co.jp/events/daitetsudohaku/

せんろ商会
http://senro.na.coocan.jp/

みたちおもしろ機械工房(HP)
http://www.sunfield.ne.jp/~mitachi2/
みたちおもしろ機械工房奮闘記(ブログ)
http://saba.tea-nifty.com/omoshiro/

Daitetsudouhaku201015_2

5年ぶりの新車納車「てトロ127形」
八木軽便鉄道・社長室

http://ylr.cocolog-nifty.com/ylr/2007/04/post_a9df.html

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

7月6日が「ナローの日」なら、
10月6日は「トロッコの日」…!?(笑)

Tro01
下ノ沢鉄道に乗り入れる当社15インチキ機関車
(沢鉄祭より)

7月6日、今日は「ナローの日」である。
「誰が決めたんだー」という方も多いと思うが、
「ナローの日」は、
昨年、熊野簡易軌道のくまかん氏が
提唱されたもので、
当社もその趣旨に便乗して賛同したものである。

まー、率直に言えば、
「ナローの日」とは単なる語呂合わせなのだが、
今や日本の祝日ですら、
「勤労感謝の日」、「体育の日」、「成人式」などは
休日を増やすことを目的に
本来の記念日ではない日に
動かされていることを考えると、
語呂合わせの方が
はるかに本来の「記念日」の趣旨に
沿っているのではないかと思うのである。

とは言うものの、「ナローの日」を提唱された
熊野簡易軌道のくまかん氏は、
語呂合わせで始まった「ナローの日」が、
ナローの日にふさわしい記念日となるように、
今年も、「ナローの日」にちなんで、
熊野簡易軌道では一大イベントが展開される予定である。
(詳細は熊野簡易軌道の「7月6日はナローの日」の記事参照)

Tro02
羅須地人鉄道協会のまきば線のトロッコ列車

昨年、当社は悪のりして、
「ナローの日」があるなら、
「15インチゲージの日」があってもなんて悪のりして、
1月5日を「15インチゲージの日」にするとか、
11月15日を「いい15インチゲージの日」
するなんてことをつぶやいてみた
7月6日は「ナローの日」…!?
ついでに15インチゲージの日も…(笑)
)が、
「ナローの日」も定着していないのに、
今思えば、「何を無責任なことを…」という感じである。
(くまかん様、すみません・猛省)

ところで、くまかん氏は、「ナローの日」だと
軽便鉄道とかナローとかに詳しい人ならば理解できるが、
一般の方には伝わりにくいので、
いっそのこと「ナロー&トロッコの日」の方が
わかりやすいのでないかと、
改名を提唱されている。

確かに、NHKの朝の連続ドラマでも
川越の街角トロッコが取り上げられたし、
今年は、芥川龍之介原作の
小説「トロッコ」が映画化されたので、
「ナロー」よりも「トロッコ」の方が
知名度は高いと思われる。
でも、一般の大多数の方々のトロッコのイメージは、
嵯峨野観光鉄道などに代表されるような
「トロッコ列車」のイメージが強いように思う。
実際、「トロッコ」だけで検索すると、
多くは「トロッコ列車」にたどり着くことが多い。

Tro03
京都の嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車

私自身としては「ナローの日」を提唱された
くまかん氏に反旗を翻す気は毛頭ないし、
私のような似而非ナローゲージャーが
偉そうなことを言えるものでもないが、
せっかくの「ナローの日」なんだし、
逆に、「ナローの日」に因んで、
国鉄型に代表されるサブロクゲージとは
少々味わいをことにするサブロクゲージ未満の
「ナローゲージ」の魅力や
芥川龍之介の短編小説「トロッコ」や
町工場の産業軌道や
商店の街角トロッコに代表される
いわゆる本来の「トロッコ」の魅力が
鉄道趣味人や鉄道模型趣味人だけでなく、
少しでも広く一般の方々にも伝わる機会となれば、
それこそ、「ナローの日」の定めた
趣旨に沿うのではないと思うのである。

当社の昨年の記事では、
「ナローゲージ」について簡単に書いてみたので、
そこで、今年は「ナローの日」に因んで、
「トロッコ」について考えてみようと思う。

Tro04
芥川龍之介の小説「トロッコ」の
トロッコがプロトタイプの
せんろ商会製15インチゲージトロッコ

「トロッコ」とは、英語の「truck(トラック)」が
なまったものらしく、単に「トロ」と呼ぶ場合もある。
また、英語では「棺桶を載せる四輪の手押し車」のことを
「bier(ビア)」と言うことから、
山梨県などの一部では、
工事用の手押しのトロッコのことを
「ビール」と呼ぶそうだ。

当初は、レールの上を鉱石・土砂・石材・煉瓦などを積んで
人力によって走らせる手押し車を指したようだが、
その後、軽便鉄道や産業鉄道における貨車の一種のことも
「トロッコ」と呼ばれるようになり、
現在は、嵯峨野観光鉄道の代表されるような
下回りに貨車などを用いたオープンな客車を牽引する
観光用の列車のことも「トロッコ列車」と称するようになっている。
(こちらの方が知名度が高いが…。)

Tro05
木製箱トロッコ(430mmゲージ)

「トロッコ」は、元来、山林・鉱山・工場・商店などで
場所が狭く自動車のトラックが利用できない場合や、
トンネルやダムの建設などで
道路を作るより早く設置が可能な場合や
決まった2点間で大量の貨物を搬出する場合などに利用されるが、
現在は、舗装道路を整備されたことで、
その地位を自動車や手押しの台車にとってかわられている。

Tro06
人車(足尾銅山観光内)

トロッコの歴史は古く、
ギリシャ・ローマ帝国時代に
馬車道上の切石を用いた軌道を
牽引されたのが最初ではないかとされる。
そして、16世紀半ばに入ると、
イギリスやドイツで木製のレールが使用されはじめ、
18世紀後半に産業革命が起こると、
鉄製のレールが使用されはじめ、
当社が憧れる「トロッコ」の原形が確立することになる。

今や現役の「トロッコ」は風前の灯火だが、
効率優先の時代だからこそ、
あえて不効率と思える「トロッコ」の存在に魅せられるし、
トロッコごっこ遊びレベルだが、
「自家用実用鉄軌道」としての
「自家用トロッコ」を再現したいと思うのである。

Tro07
下ノ沢鉄道の迫力満点の平トロ

浅学非才の身である私のことなので、
間違った記述があればご容赦願いたいが、
ここでまたまた語呂合わせの悪のりをさせてもらえば、
「トロッコ=トロ=16」、
「16世紀に木製レールによるトロッコの使用=16」。
なんて考えると、「10月6日」は「トロッコの日」。
毎月「16日」は「トロッコの日」なんていうのもおもしろいかも…(笑)。
そもそも「16日」は、私にとっては「結婚記念日」なので、
私にとって「16日」は「月命日」ようなものなのだが…(笑・汗)。
なんて何をオバかなことを…という感じだし、
これも、「語呂合わせ」と言われてしまえばそれまでだが、
「ナローゲージ」の言葉が醸し出すイメージと
「トロッコ」の言葉が醸し出すイメージは、
被る部分と微妙に違う部分があるようにも思えるので、
「ナローの日」があるなら、
「トロッコの日」があってもいいのかなー
なんて無責任に思ったわけである。

現在、当社は、「7月6日」を
「ナローの日」ということに賛同していながら、
自社として独自にイベントができる状況にはないし、
くまかん氏の一大事業のお祝いに
馳せ参ずることも叶わないので、
せめて、7月6日を「ナローの日」と勝手に賛同した者として、
ナローゲージやトロッコに興味や関心が持てるネタが
少しでも提供できたら…なんて思ったわけである。
もっとも当社ごときが記事を書いた所で
波及効果は皆無に等しいところだが…(笑)。
くまかん様、今日の「ナローの日」が、
熊野簡易軌道の「大切な記念日」となり、
さらに、「ナローゲージ」や「トロッコ」
への関心が高まることを
心からお祈りしております。

Tro08
一番使い勝手のいい当社平トロ

熊野簡易軌道
http://kumakankidou.blog5.fc2.com/

「7月6日はナローの日」(2009年7月5日)
http://kumakankidou.blog5.fc2.com/blog-entry-161.html

「ナロー&トロッコの日」(2010年7月6日)
http://kumakankidou.blog5.fc2.com/blog-entry-497.html

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

本物同様な模型を楽しむか?
実物に似せた模型を楽しむか?

Mokei01
下ノ沢鉄道に乗り入れた当社15インチキ機関車
(沢鉄祭より)

ゲージ(軌間)の幅が広くなるほど、
スケール(縮尺)が大きくなればなるほど、
見た目(形)だけでなく、
実物と同様の材料や
機能・構造で作っていけばいくほど、
「ライブスチーム」に代表されるように、
それは実物ではないにしても、
模型(実物の形に似せて作ったもの)というよりは、
小さいとはいえ本物そのものになっていくといえる。

Mokei02
5インチゲージライブスチーム
小川精機「ドイツBR24」

逆に、下回りに対して上回りを小さく作る「がに股方式」や
レストランのショーウインドーにある蝋細工のように、
材料を実物とは違う
紙や木、プラスチックなどの素材を使ったり、
外観以外を省略したり、
急曲線通過を可能にしたり、
速度の抑制・簡易な制動装置にするなど
実物の構造を簡略化したりする方向は、
実物の形(見た目)をいかにそれらしく似せるか、
実物をアレンジしたり、ディフォルメしたりして
実物の構造や機能の美味しい部分だけを凝縮するかなど
あえて実物を似せてつくる模型であるといえる。

どっちの模型スタイルを選択するか、
どっちの傾向の模型をどの程度楽しむか、
それは人それぞれ。
その人の拘りはもとより、
その人の知識・技量・様々な環境によって
決まるのではないかと思うが、
ただ、模型が大きくなればなるほど、
模型が本物に近づけば近づくほど
実物同様の楽しみがある一方で、
実物同様の危険性も増していくので、
大型乗用鉄道模型を楽しむためには、
それなりのリスク(危険性)が伴うことを十分認識し、
製作・運用の割り切りと工夫が求められることは確かだし、
自己責任で楽しむことが鉄則の世界なんだと思う。

Mokei03
15インチゲージに改軌した下ノ沢鉄道の箱トロ

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

下手の横好きにはピッタリかも…(笑)
「自家用実用鉄軌道」で
私の趣味が大同団結!?(笑)

15inchki02
下ノ沢鉄道に乗り入れた当社15インチキ機関車
(沢鉄祭にて)

ガーデニング(園芸?)は
物心ついた頃には好きだった。
カメをはじめ生き物の飼育も
幼き頃から好きだったし、
小学生時代はいつも飼育係だった(笑)。
小学生の頃は田宮模型の
ミリタリーミニチュアシリーズの
プラモデルにはまっていた。
鉄道模型を始めたのは、中学生から。
マイカメラを初めて買ってもらったのは高校時代。
大場久美子がCMキャラクターだった
オリンパスOM10である。
ビデオカメラを初めて買ったのは大学時代。
あの頃は、大きく重く高かった(泣)。
ワープロ、そしてパソコンを初めて買ったのは
就職してしばらくしてから、
これまた高かったー(泣)。
あの当時、ハードディスクが
120MBもあったら一生使えると思ったが、
今やRAMもGバイトの時代である(泣・笑)。
いやー、思えばいろいろな趣味に手を出し、
今もマイブームの中で
右に行ったり左に行ったりという感じだが、
共通して言えることはどれも大成していない。
まさに下手の横好き、全てが中途半端なことである(泣・笑)。

そんな下手の横好き、てんでんバラバラのような趣味が、
今、15インチキの「自家用実用鉄軌道」という趣味に
収斂されようとしている。
はっきり言って、15インチキは車両だけ見ただけでは、
ただの馬面背高胴短がに股のインチキ車両だし、
鉄道模型趣味的に何が楽しいのって感じかもしれない。
だが、裏庭の広軌化と表庭への延伸が完了すれば、
まさに「実用軌道」としての利用が期待されている。
でも、それだけではないのである。
「自家用実用鉄軌道」が
完成(建設中も含めて)すれば、
好きなカメラやビデオカメラで撮り鉄もできるし、
乗り鉄も可能である。
さらに、好きなガーデニングと組み合わて、
カメたちと一緒?に鉄道風景を楽しむこともできる。
そして、それらの一部始終を好きなパソコンを使って、
ホームページやブログにアップすることもできる。
さらに、ネットで知り合った方々との交流も深まってくる。
まー、息子たちは鉄そのものにはあまり興味がないが、
モノづくりや泥んこ遊びは好きなので、
親子の絆も深まるし…。
もっとも、家内には
呆れられている(見捨てられている?)が…(汗・笑)。
うーん、まさに私の好きな趣味の大同団結である。
その意味では、多少問題はあるかもしれないが、
私のような下手の横好き、
何をやらせても中途半端な人間には、
このいい加減な15インチキの「自家用実用鉄軌道」が、
一番しっくりくる趣味なのかもしれない(笑)。
ホントにおバカな私である(泣・笑)。

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

御礼!ベスト10入り!!!
瞬間最大風速の第9位!
にほんブログ村への一押しに感謝!

Best1001

現物合わせは基本です2」&
現物合わせは基本です」の
同僚の○○氏つながりで、
ランキングサイトの
にほんブログ村に登録して、
今日でちょうど1週間が過ぎた。

義理人情に厚い
当社ブログのお客様の一押しのお陰で、
昨日、ついに「鉄道模型ランキング」において
ベスト10入りを果たすことができ、
今朝は、瞬間最大風速の
第9位に輝くことができました。
当社ブログへのご乗車と一押し。
本当に感謝!感謝!です。

Best1002

それにしても、
鉄道模型ランキングの前後を見てみますと、
同僚の○○氏の
「現物合わせは基本です」を除けば、
ほとんどがNゲージや16番ゲージで、
大型乗用鉄道模型は皆無です。
改めて5インチゲージや
15インチゲージといった
大型乗用鉄道模型のジャンルが、
鉄道模型趣味の中でも
少数派であることを実感しました。

本当は、当社のようなブログの場合、
「庭園鉄道」とか、「自家用鉄道」なんて
カテゴリーがあれば一番しっくりくると思うのですが、
なんせ前述のような状況なので、
「鉄道模型」と「庭・花壇づくり」の
2つのカテゴリーに登録しているというわけです。

Best1003

何はともあれ、わざわざの一押し。
本当に有難う御座います。
率直に言って、
にほんブログ村のランキングは、
当社の鉄道経営への
大いなる励みになっておりますので、
「一日必ず一押しを」なんて
図々しいことはとっても言えません(笑)が、
「まー、たまには押してやるかー」
程度で構いませんので、
今後とも当社ブログへのご乗車と
たまには一押しを宜しくお願い申し上げます。

【にほんブログ村の「八木軽便鉄道・社長室」のランキング】
(2010年3月10日早朝時点)
・鉄道ランキング 23位
 └鉄道模型ランキング 9位(70%割振)
 INポイント378 OUTポイント434
・花ランキング 344位
 └庭・花壇づくりランキング 15位(30%割振)
 INポイント162 OUTポイント186
・総合ランキング 4422位
 INポイント540 OUTポイント620

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧