八木軽便鉄道倶楽部

2011年8月22日 (月)

仮設レイアウトの限界
第12回国際鉄道模型コンベンション閉幕!
ご来場ありがとうございました!

Dsc05997
コンベンション当社倶楽部出展ブース

JAM第12回鉄道模型コンベンションが
昨日、開幕しました。
今年のコンベンションは、
初日と最終日が雨に見舞われましたが、
JAM事務局の公式アナウンスによると、
今回の来場者数は、
8月19日(金) 13,336人
8月20日(土) 13,993人
8月21日(日) 11,971人
3日間の来場者数 39,300人
だったそうです。
雨天の足下の悪い中を多くの方がご来場下さり、
心からお礼申し上げます。
特に、雨が降っているにもかかわらず、
八木軽便鉄道倶楽部の屋上出展にまで
多くの方がお越し下さり、
誠にありがとうございました。

さて、当社倶楽部は、
どんなに短くても、どんなに急曲線であっても、
たとえ手押し(人力)であっても、
とにかく自宅に線路を敷いてみたいという方々
(そんな底なし沼!?にはまってみたいという方々)に向けて
自宅庭園鉄道や自家用実用鉄軌道の魅力を
少しでもお伝えできたら…と考えて
会員一同、日頃、自宅で遊んでいる
車両や線路の作品を持ち寄って出展しました。

しかし、現実的には、
庭園鉄道や自家用実用鉄軌道の魅力を、
屋上の単純エンドレスの
仮設レイアウトで伝えるのはなかなか難しいことですね。
それこそ、大規模なガーデニングショーのように、
自宅から木々や建物まで持ち込んで
自宅を模したレイアウトを再現できるのが一番いいですし、
それならば、実際の自宅の雰囲気を堪能していただけると思います。

しかし、現実的には、私自身も、
自家用ワゴン車に加えて、
1.4t車をレンタルし、
さらに大学時代の旧友の2人で
自宅の15吋ゲージのトロッコや
軌框を引っぺがして持っていくわけですが、
クレーンやホイストなどもなく、
全て人力のみでの運び出しとなりますので、
6キロレール(1mで6kg)を使った
半径2m(45度角)や直線1.8m程度の軌框ならば、
なんとか一人でギリギリ運べる重さなのですが、
鈍端分岐器となると、
2人でもヒーヒーしながら積み込むことになります。
そんなわけで、本当は鈍端分岐器を
2つ持ち込むつもりではいましたが、
根性がなくもう1つの
鈍端分機器の積み込みは断念しました。
それでも渡り板(ざら板)軌框も含めて
自宅に敷いている3分の2以上の
15吋ゲージの線路を積み込みましたし、
それ以外に5吋ゲージの
エンドレス2組(半径1m用・半径2m用)と
15吋ゲージの鉄パイプ簡易軌框のエンドレス1組と
15吋ゲージのトロッコ2両に
その他各種小物(小物と言ってもかなり大きく重いが…)を
2人で大汗かきかき何とか積み込みました。

というわけで、コンベンション会場はご覧の通り、
当社倶楽部の屋上出展は、
どうしても車両中心となってしまい、
およそ自宅庭園鉄道や自家用実用軌道とはほど遠い姿の
仮設レイアウトということになってしまうわけです。

また、体験運転にしても、
会員の車両そのものを運転していただければ、
少なくとも自宅庭園鉄道や自家用実用軌道ならではの
関係者(選ばれし者?)だけしか味わえない
危険と隣り合わせのスリリングな運転を
楽しんでいただけるのですが、
それも万が一事故が起こった場合に、
十分な保障をすることができませんので、
今回もお声をおかけ下さった大人の方に限って、
一部車両の体験運転をするのみに留め、
未来の鉄道少年(お子様)向けには、
てトロ127形・てトロ381形
(せんろ商会販売・みたちおもしろ機械工房製造)の
体験運転中心ということになり、
いわゆるイベント向けの客寄せパンダのような
体験運転ということになってしまうわけです。

Dsc05962
某社主力人力動車のデモ走行

正直言って、自宅庭園鉄道や
自家用実用軌道の魅力を堪能するには、
実際に会員各位の自宅に敷設された
庭園鉄道や自家用実用鉄軌道を
イギリスのオープンガーデンのように
実際に観てもらうのが、
一番いいわけですけど、
会員も関東地方を中心に全国各地に
散らばっていますし、
もともと自宅庭園鉄道や自家用実用軌道は、
本来、関係者(選ばれし者?)のみを
対象としたものですから、
それこそ、コンベンションのように
何百人もの方々に観てもらえるものでもありませんから、
これもまた現実的には難しいところです。

はっきり言って、出展にあたって
いつもこの部分が一番悩むところですが、
自宅庭園鉄道や自家用実用軌道の魅力が
ほんの少しでも伝われば…と思いながら、
倶楽部としては不本意ながらも、
各会員の予算(自腹)や
人員(実働できる会員数)にも限りがありますので、
倶楽部としても無理せずできる範囲でやっていこうと
前述のような出展となってしまっています。

そんなわけで、ご来場いただいた方々に
どれだけ自宅庭園鉄道や自家用実用軌道の魅力を
お伝えできたのかというと?だったと思います。
まー、自宅庭園鉄道や自家用実用軌道は、
そもそも関係者(選ばれし者?)しか楽しめない所が
一番の醍醐味なので、
自宅庭園鉄道や自家用実用軌道は、
「百聞は一見にしかず」であり、
「習うより慣れろ」という部分がありますので、
とにかくはじめの一歩を踏み出せるかにかかっています。
そんなはじめの一歩の(泥沼に踏み込む)手助けを
当社倶楽部がほんの少しお手伝いできたら…
(自宅庭園鉄道菌や自家用実用軌道菌を
ばらまくことができたら…笑)と思いで、
家族も交えての会員同士や同好諸氏が
楽しく語らい、遊んでいる姿こそが、
来場者にとっても刺激になるのかなーなんて思いつつ、
今年も準備を含めて4日間、
何とかやってきたというのが正直な所です。

とにかく、自宅庭園鉄道や自家用実用軌道は、
「はじめの一歩(やってみる)」ことが大切です。
たった数mの線路でもいいから、
自宅の庭に敷いてみると、
それだけで癒されるのがこの世界です。
騙されたと思って、はじめの一歩
(底なし沼への第一歩)を踏み出してみませんか…!?(笑)

会員一同も仮設レイアウトの限界は
重々承知していたつもりですが、
来場者の皆々様には、
天候も含めてやや消化不良と
なってしまった部分に関しましては、
前述の言い訳をご理解の上、
ご容赦いただけたら幸いです。
なお、今回の出展内容や
自宅庭園鉄道や自家用実用軌道につきまして、
疑問な点などございましたら、
気兼ねなく、当社ブログや掲示板で
ご質問いただけたら幸いです。
改めまして、悪天候の中、
当社國分の出展場所まで足をお運び下さった皆々様、
本当にありがとうございました。

Dsc06175
雨の中、とりあえず復旧した自宅トロッコ線

【第13回国際鉄道模型コンベンション】
主催:JAM(日本鉄道模型の会)
公式HP:http://jam.gr.jp/
期間:2012年8月17日(金)~19日(日)
会場: 東京国際展示場(ビックサイト)西展示棟及び屋上展示場
※来年(次回)のコンベンションの予定は上記の通りです。
 なお、当社倶楽部が出展できるかどうかはまだ未定です。

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

雨でも体験運転はやりますよ!!
JAM第12回鉄道模型コンベンション
もいよいよ最終日!

Dsc06010

JAM第12回鉄道模型コンベンションも
いよいよ本日最終日となります。
昨日は、真夏だというのに、
曇でとても涼しく、
屋上にも多数の方々がご来場下さいまして、
誠にありがとうございます。
また、スタッフ不足で
説明不足の点も多々あったことをお詫びするとともに、
もし、ご不明な点や疑問な点がございましたら、
当社の掲示板などにご質問いただけたら幸いです。

Dsc06057

本日はすでに朝からあいにくの雨ですが、
てトロの体験運転を含めて
Gゲージ、5吋ゲージ、15吋ゲージの
会員各位の車両のデモ走行も
初日同様、当社倶楽部は
雨でも可能な限りやりますので、
宜しくお願いします。

Dsc06015_2

一応、体験運転に関しましては、
安全確保のために、
以下のような体験運転の時間を
設定させていただいていますが、
雨模様の場合は、初日のように
テント下の小型エンドレスでの運行となりますが、
てトロの体験運転を
体験運転時間外であっても
状況によって実施する予定です。
なので、時間外での体験運転を希望する場合は、
一声スタッフにお声をおかけ下さい。
なお、スタッフの人数にも限りがありますので、
安全確保のため、参加希望人数、時間帯や
天候の状況によっては、
体験運転をお断りする場合も御座いますことを
予めご了承下さい。

Dsc06048

朝から雨模様で少々意気消沈という部分もありますが、
庭園鉄道や自家用実用軌道の魅力を伝えるべく、
最終日もスタッフ一同、気合いを入れて
がんばっていきたいと思いますので、
ご乗車の程、宜しくお願い申し上げます。

Dsc05987

【八木軽便鉄道倶楽部主な出展内容】
出展場所:東京国際展示場(ビックサイト)の屋上展示場
・5吋ゲージ・15吋ゲージの
 人力動車(てトロ127形・てトロ381形)の体験運転
 1)11:00〜11:30
 2)13:30〜14:00
 3)16:00〜16:30
※体験運転は無料ですが、人力動車は、
 あくまでも個人が趣味として楽しむための車両ですから、
遊園地の遊具設備のような安全性の保障はありません。
 体験運転される方は自己責任で
 安全に心掛けて運転してください。
 また、安全のため、スタッフの指示には必ず従ってください。
 (スタッフの指示に従えない場合は
 安全のため、体験運転をお断りさせていただく場合が
 ありますことを予めご了承下さい。)
※上記以外の時間帯には
 倶楽部会員の作品のデモ走行を行う予定です。
※雨天の時など天候によっては上記時間帯以外でも
 体験運転を実施する場合がありますので、
体験運転に関しては会場にて直接スタッフにお尋ね下さい。
・Gゲージの急曲線仮設レイアウトでのデモ走行
 ポーターの亀の子、ドコービルのL型機、
 ハートランドの2軸車等
・5吋ゲージの自作車両の展示及びデモ走行
 電気機関車、ハフ、ナベトロ、自由形車両等
・15吋ゲージの自作車両及び自作線路の展示及びデモ走行
  平トロ、箱トロ、ナベトロ、人力動車
 鈍端分機器、渡り板(ざら板)軌框、6キロレール軌框等
※1日1回程度、見学希望者がいた場合は、
 6kgレールのレール曲げ実演を考慮しています。

【第12回国際鉄道模型コンベンション】
主催:JAM(日本鉄道模型の会)
公式HP:http://jam.gr.jp/
期間:2011年8月19日(金)~21日(日)
会場: 東京国際展示場(ビックサイト)西展示棟及び屋上展示場
開場時間:10:00~18:00 (最終日は17:00まで)
入場料:1,500円(会期中何度でも入場可能)
※中学生以下無料(小学生以下は保護者の同伴が必要です).

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

大雨の屋上出展に!(泣・笑)
ご来場ありがとうございます!
JAM第12回鉄道模型コンベンションが開幕!

Egbook_image02
大雨が降る屋上の当社出展場所

JAM第12回鉄道模型コンベンションが
昨日から開幕しました。
初日はあいにくの大雨
(あらゆる警報が出ていましたが…)でした(泣)。
おそらくこんな大雨の中でもコンベンションは、
初めてだと思います。
そんなわけで、当社倶楽部以外の屋上出展の団体は、
早々に撤退されました。
しかし、当社倶楽部は、
全天候で楽しめる庭園鉄道の魅力を伝えるべく、
終日、出展を続けしました(アホか?)し、
テント内にも半径1mの小型エンドレスを急遽設置して
大雨の中、わざわざ足を運んで下さる
奇特なお客様のために準備をしました。
ただ、哀しいことに大雨の時は、
さすがにテント内でも雨が吹き込んできましたし、
床は水浸しでしたので、現実的には雨が弱くならないと
さすがに体験運転ぱ難しい現状でしたが…。
雨が降る前(開場前は降っていなかった)に
お待ちいただいていたのに、
大雨で来られなくなってしまった皆々様、
本当にすみませんでした。

Dsc05931
当社の15吋ゲージの新作(更新改造)トロッコ2題

そんな状況の中、
それこそ、傘をさしていてもずぶ濡れになる大雨の中で、
わざわざ当社出展に足を運んで下さった方々が
いらっしゃったことは、本当に感謝・感謝でした。
日頃、ブログでお付き合いのある方をはじめ、
いつもブログを見ていますという方、
ブログを見て庭園鉄道を始めたとか始めようという方、
さらには、毎年、体験運転常連の親子連れの方々など、
さすがに例年に比べれば数こそ少なかったですが、
逆にいつもならば、ご挨拶程度でのお付き合いの所、
濃ーい交流ができましたことは、
不幸中の幸いといいますか、一番の収穫でした。
また、いつもならば、随分お持ちいただく体験運転も
待ち時間ほぼ0の貸切状態で
しかも何度も楽しんでいただけたことは、
スタッフとしても嬉しかったです。
スタッフの中には、今日は中止しようという声もありましたが、
あえて大雨の中でも体験運転や出展中止をしなくて
本当によかったと思いました。

Dsc05934
毎度お馴染みの15吋ゲージの某社人力動車

今日も明日も天気予報によると、
あまりはっきりしない天候のようですが、
少なくとも当社倶楽部は、
昨日のようにどんな天候であっても、
可能な限り、体験運転も含めて
出展を継続していくつもりですので、
ご面倒でしょうが、
当社倶楽部の屋上出展にも
ぜひ足をお運びいただけたら幸いです。
なお、体験運転の時間につきましては、
天候が回復していれば、告知通りの時間帯に行う予定ですが、
昨日のように天候によっては、
その時間に限らず、実施する場合もございますので、
体験運転につきましては、
会場にてスタッフにおたずねいただけたら幸いです。
ただスタッフの人数にも限りがありますので、
例年のように多数来場者がある場合は、
予定通り、告知した時間帯のみの体験運転となりますことを
予めご了承下さい。

Dsc05933
毎度お馴染みの15吋ゲージの某社主力トロッコ

今日もスタッフ一同、多くの皆々様の
ご来場を心からお待ちしております。
改めまして、昨日は、大雨の中、当社倶楽部の出展に
わざわざ足を運んで下さいまして、
本当にありがとうございました。

Dsc05932
下ノ沢鉄道の15吋ゲージのナベトロ

【八木軽便鉄道倶楽部主な出展内容】
出展場所:東京国際展示場(ビックサイト)の屋上展示場
・5吋ゲージ・15吋ゲージの
 人力動車(てトロ127形・てトロ381形)の体験運転
 1)11:00〜11:30
 2)13:30〜14:00
 3)16:00〜16:30
※体験運転は無料ですが、人力動車は、
 あくまでも個人が趣味として楽しむための車両ですから、
遊園地の遊具設備のような安全性の保障はありません。
 体験運転される方は自己責任で
 安全に心掛けて運転してください。
 また、安全のため、スタッフの指示には必ず従ってください。
 (スタッフの指示に従えない場合は
 安全のため、体験運転をお断りさせていただく場合が
 ありますことを予めご了承下さい。)
※上記以外の時間帯には
 倶楽部会員の作品のデモ走行を行う予定です。
※雨天の時など天候によっては上記時間帯以外でも
 体験運転を実施する場合がありますので、
体験運転に関しては会場にて直接スタッフにお尋ね下さい。
・Gゲージの急曲線仮設レイアウトでのデモ走行
 ポーターの亀の子、ドコービルのL型機、
 ハートランドの2軸車等
・5吋ゲージの自作車両の展示及びデモ走行
 電気機関車、ハフ、ナベトロ、自由形車両等
・15吋ゲージの自作車両及び自作線路の展示及びデモ走行
  平トロ、箱トロ、ナベトロ、人力動車
 鈍端分機器、渡り板(ざら板)軌框、6キロレール軌框等
※1日1回程度、見学希望者がいた場合は、
 6kgレールのレール曲げ実演を考慮しています。

【第12回国際鉄道模型コンベンション】
主催:JAM(日本鉄道模型の会)
公式HP:http://jam.gr.jp/
期間:2011年8月19日(金)~21日(日)
会場: 東京国際展示場(ビックサイト)西展示棟及び屋上展示場
開場時間:10:00~18:00 (最終日は17:00まで)
入場料:1,500円(会期中何度でも入場可能)
※中学生以下無料(小学生以下は保護者の同伴が必要です).

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

久々に鉄分補給中!(笑)
JAM第12回
国際鉄道模型コンベンションまで
あと4日!(汗)

P8220357
昨年の国際鉄道模型コンベンションの模様

今年も、当社は、会員の皆々様とともに
JAM(日本鉄道模型の会)主催の
第12回国際鉄道模型コンベンションに
「八木軽便鉄道倶楽部」として出展します。

震災以来、公私ともにいろいろとあって、
当社自家用実用鉄軌道も大きな進展もなく、
玄関前から車庫前までの1日1往復の
トロッコ運行がほぼ唯一の鉄分補給という感じでした。
でも、この1日1往復が至福の時ではあるのですが…(アホ・笑)。

Dsc01077
レンガ運びに活躍中の平トロ

コンベンションまであと4日(汗)となり、
会員の皆々様も急ピッチで準備を進めているところですが、
当社も、現在、トロッコのリニューアル(作り直し)を
進めているところです(汗)。
以前の平トロとハコトロは急場仕立てで、
見た目は?でした。
でも、自家用実用鉄軌道としての実用性は抜群で、
もう少し見た目を重視した形に作り直そうとは思いつつも、
ずっとそのまま実用に供していた
(放置していた?)というのが現実です(笑)。

Dsc01024
荷物運びに活躍中のハコトロ

というわけで、現在、トロッコをリニューアル(作り直し)中で、
久々に鉄分補給中というわけです(笑)。
いやー、8月に入って蒸し暑さが厳しくなりましたが、
大汗あきながら製作進行中というところです。
ホントに完成するの…!?(泣・笑)
その顛末につきましては、
ぜひ会場でご覧いただけたら…と思います(汗・笑)。

Dsc03438
リニューアル中のトロッコ

ちなみに、今年のコンベンションでの
当社倶楽部の主な出展内容は、
例年通り、人力動車「てトロ127形・てトロ381形」を使用した
体験運転を中心に以下の通りになる予定です。
あくまでも予定ですから、
変更になる場合もありますので、
その点につきましては予めご了承下さい(汗)。

P1030448
15吋ゲージ線路敷設用の工具群

どんなに短くても、どんなに急曲線であっても、
たとえ手押し(人力)であっても、
とにかく自宅に線路を敷いてみたいという方々に向けて
自家用実用鉄軌道や自宅庭園鉄道の魅力を
少しでもお伝えできたら…なんて考えていますので、
ちょっとそんな深み(泥沼…!?)に
はまってみたいという皆々様は、
ちょっと足をお運びいただけたら幸いです。
会員一同、皆々様の多数のご来場を心からお待ちしています。

P1030464
会員の作品とてトロ127形・てトロ381形

【八木軽便鉄道倶楽部主な出展内容】
出展場所:東京国際展示場(ビックサイト)の屋上展示場
・5吋ゲージ・15吋ゲージの
 人力動車(てトロ127形・てトロ381形)の体験運転
 1)11:00〜11:30
 2)13:30〜14:00
 3)16:00〜16:30
※体験運転は無料ですが、人力動車は、
 あくまでも個人が趣味として楽しむための車両ですから、
遊園地の遊具設備のような安全性の保障はありません。
 体験運転される方は自己責任で
 安全に心掛けて運転してください。
※上記以外の時間帯には
 倶楽部会員の作品のデモ走行を行う予定です。
・Gゲージの急曲線仮設レイアウトでのデモ走行
 ポーターの亀の子、ドコービルのL型機、
 ハートランドの2軸車等
・5吋ゲージの自作車両の展示及びデモ走行
 電気機関車、ハフ、ナベトロ、自由形車両等
・15吋ゲージの自作車両及び自作線路の展示及びデモ走行
  平トロ、箱トロ、ナベトロ、人力動車
 鈍端分機器、渡り板(ざら板)軌框、6キロレール軌框等
※1日1回程度、見学希望者がいた場合は、
 6kgレールのレール曲げ実演を考慮しています。

【第12回国際鉄道模型コンベンション】
主催:JAM(日本鉄道模型の会)
公式HP:http://jam.gr.jp/
期間:2011年8月19日(金)~21日(日)
会場: 東京国際展示場(ビックサイト)西展示棟及び屋上展示場
開場時間:10:00~18:00 (最終日は17:00まで)
入場料:1,500円(会期中何度でも入場可能)
※中学生以下無料(小学生以下は保護者の同伴が必要です).

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

JAMコンベンションから早1ヶ月
「RM MODELS」183号に
当社倶楽部の出展が載る!

Rm_models183jam2010ylrc01
「RM MODELS」183号表紙
八木軽便鉄道倶楽部の出展紹介

昨日、今月号の「RM MODELS」183号
ネコ・パブリッシング刊)が発売された。
中をめくってみると、
JAM(日本鉄道模型の会)
第11回国際鉄道模型コンベンションの
特集が載っていて、八木軽便鉄道倶楽部が
小さいカラー写真2枚と短文で紹介されていた。

Yuminoko04
曲げたレールとレールを曲げるための治具等

当社倶楽部は、「5インチ・他」とされ、
15インチゲージという
ゲージそのものは紹介されていなかったが、
「今年は直線レールを曲げて
カーブの作り方を来場者にアピール。
市川正人さんによれば、
パイプベンダーを改造した
レールベンダー!?が大活躍するそうです。」
とレールの曲げと
改良レールベンダーのことが、
写真入りで紹介されていた。

Yuminoko03
「RM MODELS」で紹介された改良レールベンダー

また、「てトロ127形」が
せんろ商会製の「てトロ」は
子どもたちに大人気!やはり子どもたちの
手でハンドルを回して、自分の力で走るという
行為が面白いのでしょう。
取材の翌日、熊岡の8歳の娘と
3歳の息子(写真)にこれを見せたら、
5回も列に並んで順番待ちをしていました。 」
と「てトロ127形」がアップに写った
カラー写真とともに紹介されていた。

Jam2010201
ズラリと勢揃いしたてトロ127形&381形

それにしても、MP部門の紹介で、
特定のメーカーの製品が
メーカー名入りで紹介されるのも
異例のことかなーなんて思うが、
取材して下さった方は、
親子共々てトロを
気に入って下さったようである。
逆に言えば、てトロがなかったら、
当社倶楽部は紹介されなかったかも…(笑)。
ホントにてトロに感謝・感謝です。
ちなみに、「とれいん」・「鉄道模型趣味」は
当然のことながら、
当社倶楽部の出展はスルーでした(泣・笑)。

Jam2010207
15インチゲージの単複線&鈍端分岐器

というわけで、5インチゲージと
15インチゲージの会員の皆々様の作品や
15インチゲージの単複線&鈍端分岐器が
他誌も含めて載ることはなかったが、
「RM MODELS」では、
「てトロの体験運転をはじめ、
庭園鉄道や自家用鉄道は、
ちょっとした割り切りと工夫さえすれば、
遊園地のミニ鉄道にはない
楽しみ方ができる。」
という当社倶楽部のモットーの片鱗を
きちんと伝えてくれていたように思うのである。
それにしても、田中秀樹氏の所も、
5インチゲージの作品は大々的に紹介されていたが、
15インチゲージの出展そのものは紹介されていなかったので、
15インチキゲージャーとしては少々寂しい所だが、
まっ、15インチケージや
15インチキなんてそんなもんでしょう(泣・笑)。

Jam2010202
ちんたら工場氏の5インチゲージ

それにしても、コンベンションには
準備も含めて4日間もいたのに、
改めて今月号の鉄道模型趣味誌各誌を見ると、
こんなものも展示されていたのかと
新たな発見があるからこれまた笑えるところである(笑)。
とにかく、酷暑の中、コンベンションの当社倶楽部の出展に
わざわざ屋上までお越し下さった皆々様、
改めまして本当にありがとうございました。
コンベンションから早1ヶ月が過ぎたわけだが、
9月に入っても何かと忙しく、
未だコンベンションの片付けすら
終わっていないというのが現実である(泣)。

注)田中秀樹氏の15インチゲージの動力台車は、
  今月号の「とれいん」で写真入りで紹介されている。

【てトロ127形&てトロ381形の問い合わせ先】
せんろ商会(販売元)
http://senro.na.coocan.jp/

みたちおもしろ機械工房(製造元)
http://www.sunfield.ne.jp/~mitachi2/(公式ホームページ)
http://saba.tea-nifty.com/omoshiro/(ブログ)

T38101
プラ車輪仕様のてトロ381形量産型

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

日に日に増長?する
息子たち(泣・笑)
JAMコンベンション最終日
皆々様、本当に有難う御座いました!

Jam301
てトロの体験運転

JAM(日本鉄道模型の会)主催の
第11回国際鉄道模型コンベンションも
いよいよ今日で最終日を迎えた。

Jam302
試運転に乗せてもらう息子たち

ところで、息子たちは、率直に言って、
鉄道そのものが好きなわけでもないし、
鉄道模型にもまったく興味なしである(泣・笑)。
それこそ、今回のコンベンションに向けての
線路敷設工事や軌框作りなどの
手伝いをしてくれたのも、
泥んこ遊びや水遊びができるからであり、
鉄道模型作りが好きというよりは、
ただドリルドライバーなどの工具を
いじくってみたいからである。

Jam303
6kgレールを切断中の長男

そんな息子たちがどういう風の吹き回しか、
今回のコンベンションでは、
前日準備も含めて4日間、
ほぼ終日、やって来たのである。
それこそ、今までは
他のイベントにも行けることもあって、
お義理程度に1回だけ来ていたことから考えると
信じられないことである。

Jam304
切断完了に満面の笑み

そんな息子たちを
当社倶楽部の会員&有志の皆々様は温かく迎えてくれて、
常任幹事長のゆかろん様は、
体験運転の手順などを仕込んで、
息子たちをうまく飽きさせないように、
体験運転の指示を出す係をやらせてくれたのである。
また、休憩時間中に好き勝手にトロッコや
てトロで遊ぶ息子たちに付き合ってくれたり、
息子たちに飲料水などのエサ?を買って下さったのである。
(ホントにすみません。)

Jam305
トロッコ作りをする息子たち

特に、最終日にちんたら工場様は、
15インチゲージのトロッコを展示すべく、
組み立てている時に、
息子たちが興味を示す(邪魔をする?)と、
大切な作品作りを快く手伝わせてくれて、
息子たちは大満足だったのである。
それこそ、次男坊は、
もうトロッコの作り方を覚えたので、
今度、マイトロッコを作りたい
と言い出す始末である(泣・笑)。

Jam306
トロッコで遊ぶ息子たち

いやー、ただでさえ、暑い中でいろいろと
ご面倒なことをお願いしている所なのに、
おまけに息子たちの子守りまでして下さった
会員&有志の皆々様には本当に感謝・感謝である。
本当にありがとうございました。
それこそ、日が経つにつれ、
だんだん慣れてきて態度もでかくなって
会員&有志の皆々様にも横柄な口を利くようになり、
本当にご迷惑をおかけしました。

Jam307
親子で展示用線路作り中

というわけで、息子たちは、
会員&有志の皆々様のお陰で
大人と同じ一丁前な手伝いもさせてもらって
この4日間は大満足だったようである。
また、この4日間の手伝い(邪魔)と遊びによって、
いまだ鉄道模型にこそ興味は示していないが、
モノを作ったり、トロッコやてトロで遊ぶことは
本当に楽しかったようである。
そして、最終日のコンベンションから帰宅後、
今まであまりやる気のなかった
夏休みの宿題である自由工作の設計図を
息子たちは書き出したのである。

Jam308_2
展示用線路作りをする次男坊

まっ、三歩歩けばすぐに忘れてしまう息子たちなので、
一過性に終わる可能性大なのは間違いないのだが、
この4日間、日に日に増長(泣)する息子たちを、
会員の皆々様が一丁前なスタッフの一員として
温かく迎え入れて下さったお陰で、
息子たちも少しは成長できたのかなーなんて思った次第である。
改めまして会員&有志の皆々様、本当にありがとうございました。

Jam309
撤収作業開始

ところで、今年のコンベンションでは、
例年以上に遠方であるにもかかわらず、
多くの方々が炎天下の中で当社倶楽部の出展に
わざわざ足を運んで下さり、
誠にありがとうございました。
それから、てトロ127形&てトロ381形
せんろ商会みたちおもしろ機械工房製)の
体験運転もお陰様で、
錆びたレールと車輪がピカピカになるほどの大人気で、
のべ名の方々が参加して下さいました。
この場を借りて改めまして、御礼申し上げます。

Jam310
15インチゲージ簡易軌框を運ぶ次男坊

また、会員の皆々様も、例年以上に多くの作品を展示して下さり、
それこそ、日に日に展示物が増えていったわけだが、
会員の皆々様、多くの大切な作品を展示して下さいまして、
本当にありがとうございました。
また、準備・撤収、さらには子守りまでして下さいまして、
本当にありがとうございました。

Jam312
トラックへの積み込み準備完了

率直に言って、出展に向けての作品作りに始まり、
出展のための前日準備、そして3日間の本番は、
猛暑の中で行われたこともあって、
本当に辛かったのだが、
会員&有志の皆々様の支えと
来場して下さった皆々様の励ましで
何とか乗り切ることができました。

Jam311
トラックの到着を待つ次男坊

今年の出展を通して、
来場して下さった皆々様、会員&有志の皆々様にとって、
大型鉄道模型や庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)作りの
きっかけになってくれれば幸いです。
ホントにホントにありがとうございました。

Jam313
積み込み完了(この後が…(泣・笑))

【てトロ127形&てトロ381形の問い合わせ先】
せんろ商会(販売元)
http://senro.na.coocan.jp/

みたちおもしろ機械工房(製造元)
http://www.sunfield.ne.jp/~mitachi2/(公式ホームページ)
http://saba.tea-nifty.com/omoshiro/(ブログ)
※てトロについて会期中、いろいろとご質問をいただきましたが、
 てトロについては上記のメーカーで
 製造・販売されていますので、
 詳細につきましては、上記のサイトにてお問い合わせ下さい。

【第11回国際鉄道模型コンペション来場者数】
1日目 1万1565人
2日目 1万3765人
3日目 1万1420人
合 計 3万6750人
※上記来場者数は暫定人数なので、正式な来場者数は
 JAM公式ホームページにて
 後日アナウンスされるのではないかと思われます。

【当社倶楽部の体験運転参加のべ人数】
1日目
1回目:24人 2回目:146人 3回目:114人 合計:284人
2日目
1回目:45人 2回目:131人 3回目:120人 合計:296人
3日目
1回目:45人 2回目:145人 3回目: 88人 合計:278人
3日間の参加のべ人数は858人でした。
大勢のご参加、本当にありがとうございました。

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

猛暑の中、
子どもたちの笑顔が励み!
JAMコンベンション2日目

Jam2010201
屋上の当社倶楽部出展場所

JAM(日本鉄道模型の会)主催の
第11回国際鉄道模型コンベンションも
昨日で2日目を迎え、いよいよ今日は最終日である。

Jam2010202
ちんたら工場氏の湘南型電車

いやー、過ぎてしまえば、
あっという間とも言えるが、
今年の猛暑の中での自宅での出展準備に始まり、
18日(金)の前日準備、
そして、初日、2日目と日に日に猛暑が厳しくなる中で、
海風があるとは言いながらも、
屋上での出展はなかなか過酷を極めている(泣)。

Jam2010203
ちんたら工場氏の樽貨車

当社倶楽部の会員からも、
スポットクーラーや扇風機の必要性を
強く説く声も聞かれるほどだ。
率直に言って、そのことは私も十分認めるし、
買いたい気持ちは山々なのである。

Jam2010204
ちんたら工場氏の15インチゲージ軌框

しかし、コンベンションの準備に向けて、
いろいろと材料などを買い足していき、
それこそ、毎年のことなのだが、
コンベンションの前日準備を迎える頃には、
資金がほとんど底をつき、
例年、コンベンションで何か出物があっても、
それを買うことすら満足にできない状況なのである(泣・笑)。

Jam2010205
みかも鉄道氏の運転台車の足回り

おまけに今年は、鋼材価格の高騰の煽りを喰らって、
6kgレールやレールクリップなども軒並み値上がりして、
予定外の出費となってしまったので、
自力購入を断念せざるを得なかったのである(泣)。
(7月以降更に値上がりしているそうだ。)

Jam2010206
当社の単複線・鈍端分岐器を作るための
日曜大工レベルの工具群と治具

しかも、今年は、自宅のエアコンがいよいよ故障したので、
エアコンの交換を控えることになってしまい、
財務大臣の家内からも、「そんなのどこに置くの?」
と事業仕分けで却下されてしまったのである。
というわけで、あと1日、会員の皆々様にも
お辛い思いをさせる結果となりますが、
宜しくお願いします(泣)。

Jam2010207
当社のインチキ単複線部分(泣・笑)

率直に言って、私自身も、
さすがに昨日の午後あたりから、
かなり堪えているのは事実で、
今朝も筋肉痛なども手伝って、
辛いのが現状であるが、
昨日、一昨日と遠くは、
西日本からも日頃、ネット上で
お世話になっている方々が、
当社出展にわざわざ顔を出して下さったり、
毎年、てトロの体験運転を楽しみにしていると
何度も乗りに来てくれる子どもたちの笑顔には、
大いに励まされるし、
あと一日頑張らねば…と思うのである。
猛暑の中、わざわざ当社出展まで
足をお運び下さった来場者の皆々様、
本当にありがとうございました。

Jam2010208
来場者に鈍端分岐器の説明

というわけで、
いよいよ今日は最終日、
今日も猛暑が予想されるが、
猛暑の中でわざわざ屋上展示まで
足を運んで下さる来場者の皆々様のために
会員の皆々様と有志の皆々様、
暑さに負けず、撤収作業も含めて
あと1日気合いを入れて頑張っていきましょう。
皆々様の来場を心からお待ちしておりますので、
気軽にお声をおかけいただけたら幸いです。

Jam2010209
日が傾いてやっと涼しくなった屋上(泣)

【第11回国際鉄道模型コンベンション】
期日:2010年8月20日(金)~22日(日)
時間:10:00~18:00(最終日17:00)
場所:東京ビッグサイト
入場料:1500円
     ※会期中何度でも入場可能
     ※中学生以下は無料(小学生以下は保護者同伴)
主催:日本鉄道模型の会(JAM)
    http://jam.gr.jp/
後援: 国土交通省・JR東日本
    JR東海・JR西日本・JR北海道
    JR四国・JR九州・JR貨物(申請中)

【八木軽便鉄道倶楽部出展の要旨と内容】
当倶楽部は、オンライン上での活動が主ですが、
「もっと手軽に、もっと気楽に」をモットーに、
日頃、会員各自が自宅で「大型乗用鉄道模型」と
ガーデニングを組み合わせた
「庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)」で
楽しく大らかに遊んでいます。

当倶楽部の出展では、
大型乗用鉄道模型
(5インチゲージ&15インチゲージ)が
ちょっとした割り切りと工夫をすれば、
比較的低価格で、
なおかつ、ホームセンターなどで手に入る材料で、
しかも日曜大工の延長で作れることや
工夫次第で狭い庭でも
「庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)」を
存分に楽しめることを
会員各自の作品展示や
実演を通して紹介していきます。

主な紹介内容としては、
今回新たに製作した
15インチゲージの単複線(片側)と
試作鈍端分岐器とその製作に使用した
工具・治具の実物展示をはじめ、
昨年、展示出展した15インチキ機関車の展示、
平トロによる物資運搬実演、
会員各氏の作品などです。

また、大型乗用鉄道模型と
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)を
趣味として楽しんでいる方々や
これから楽しみたいという方々との相互交流と
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)の魅力を
より多くの方々に知って頂くことを目的に、
大型乗用鉄道模型(てトロ127形・てトロ381形)の
体験運転を会場にて実施します。

なお、当倶楽部が実施する「体験運転」に
使用する車両及び設備(線路)は
あくまでも個人が自己責任のもとで
自宅で庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)を
楽しむために作られたものなので、
遊園地やテーマパークの
ミニ鉄道のような遊戯施設ではないことをご理解の上、
当倶楽部の「体験運転」に参加した結果、
何らかの不利益や損害などを被られた場合でも、
日本鉄道模型の会(JAM)及び
八木軽便鉄道倶楽部は
いかなる賠償責任も負えないことを
予めご同意いただいて、
「体験運転」をお楽しみ下さい。

また、今年は、大型であるがゆえの危険性も指摘しつつ、
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)を
自宅でいかに安全に楽しむかということについても、
実演を交えて紹介していきます。

大型乗用鉄道模型や
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)について
ご不明な点などございましたら、
スタッフにお気軽に
お声をかけていただけたら幸いです。
多くの方々のご来場を心からお待ちしています。

【体験運転(無料)予定時刻】
10:30~11:30
14:00~15:00(最終日13:30~14:30)
16:30~17:30(最終日15:30~16:30)

※変更する場合あり

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

息子たちもスタッフに加わる…!?
第11回国際鉄道模型コンペションが開幕!

Taike02

いよいよ昨日からJAM(日本鉄道模型の会)
第11回国際鉄道模型コンベンションが開幕した。
ところで、例年、息子たちは、
コンベンションの1日に家内と一緒に
お付き合い程度に顔出しする感じなのだが、
今年は、どういう風の吹き回しかわからないが、
息子たちが一昨日の前日準備から参加し、
昨日も朝から出かける気満々で、
コンベンションの開始から終了まで
ずっと当社倶楽部出展会場に
ほぼ終日詰めていた。

Taike04

というわけで、息子たちは、
朝着くや否や待合室のテントから
台車に載せて「てトロ」を
線路上に運び入れてくれたり、
車から荷物を出したり、
待合室の組み立てを手伝ってくれた。
また、一通りの準備が整うと、
試運転までしてくれたのである(半分遊びだが…・笑)。
そして、コンベンションが始まり、
体験運転の時間帯になると、
当社倶楽部の常任幹事長のゆかろん様の指導の元、
体験運転に参加する子どもたちに、
スタッフの一員として、
もっともらしく説明をしたり、
体験運転の合間に急曲線の線路に、
車両のスベリをスムーズにするために
固形石鹸を塗ってくれるなど
いろいろと手伝ってくれたのである。
まっ、もっともそれ以外の時は、
てトロで爆走したり、
まるでこんな危ない遊びをすると、
怪我をしますよ的に遊びを、
真ん中のトロッコを使って遊んでいたのだが…(泣・笑)。

Taike05_3

まー、今回の当社倶楽部の出展のテーマは、
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)の魅力を紹介するとともに、
その大きさゆえの危険性や安全対策についても
紹介していこうということだったので、
その意味では、どこまで自己責任として遊ばせるのか、
ここまでやるとこういう怪我の危険性があるということを
息子たちが実演していたという見方もできるのだが…(泣・笑)。
実際、息子たちは、真ん中のトロッコを蹴飛ばしあっていた時に、
次男坊が足をトロッコにぶつけて痛い思いをしているし…(自業自得)。

Taike06

率直に言って、平トロにプラ車輪を使用し、
軽量化を図るなど安全性を高める対策はしているが、
そもそも15インチゲージのトロッコ遊びは、
決められたルートをただ乗って遊ぶだけの
遊園地のミニ鉄道では決して味わうことのできない
危険と隣り合わせの遊びである所に魅力があるわけで、
多少の生傷は勲章みたいなものであると言えるわけだが、
そうは言っても、「命あっての物種」であるし、
大怪我をしてしまって(させてしまって)は元も子もないので、
このあたりをどこまで自己責任の名のもとで、
親の判断で遊ばせるか、大人同士で遊ぶかといった
ひとつのたたき台となれれば…と思うのだが、
息子たちの傍若無人ぶりは、
「ちょっとあそこまでは…」
ということにはなったのではないかと思う(汗・笑)。

Taike07_2

まっ、何はともあれ、
昨日は平日であったにもかかわらず、
遠路はるばるから多くの方々が来場し、
わざわざ炎天下の当社倶楽部の
出展に足を運んで下さいました。
本当にありがとうございました。
また、体験運転もスタッフの充実…!?(泣・笑)もあって、
無事に事故や怪我もなく終えられたことに
ホッとしている。
会員の皆々様と有志の皆々様、
本当にお疲れ様でした。
ちなみに、今日も息子たちは行く気満々なので、
いろいろとご迷惑もおかけしますが、
宜しくお願い申し上げます。

今日も一日暑くなりそうですが、
ご興味や疑問のある皆々様は、
当社出展にも足を運んでいただけたら幸いです。
スタッフ一同、
心から皆々様のご来場をお待ちしています。

Taike01

【第11回国際鉄道模型コンベンション】
期日:2010年8月20日(金)~22日(日)
時間:10:00~18:00(最終日17:00)
場所:東京ビッグサイト
入場料:1500円
     ※会期中何度でも入場可能
     ※中学生以下は無料(小学生以下は保護者同伴)
主催:日本鉄道模型の会(JAM)
    http://jam.gr.jp/
後援: 国土交通省・JR東日本
    JR東海・JR西日本・JR北海道
    JR四国・JR九州・JR貨物(申請中)

【八木軽便鉄道倶楽部出展の要旨と内容】
当倶楽部は、オンライン上での活動が主ですが、
「もっと手軽に、もっと気楽に」をモットーに、
日頃、会員各自が自宅で「大型乗用鉄道模型」と
ガーデニングを組み合わせた
「庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)」で
楽しく大らかに遊んでいます。

当倶楽部の出展では、
大型乗用鉄道模型
(5インチゲージ&15インチゲージ)が
ちょっとした割り切りと工夫をすれば、
比較的低価格で、
なおかつ、ホームセンターなどで手に入る材料で、
しかも日曜大工の延長で作れることや
工夫次第で狭い庭でも
「庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)」を
存分に楽しめることを
会員各自の作品展示や
実演を通して紹介していきます。

主な紹介内容としては、
今回新たに製作した
15インチゲージの単複線(片側)と
試作鈍端分岐器とその製作に使用した
工具・治具の実物展示をはじめ、
昨年、展示出展した15インチキ機関車の展示、
平トロによる物資運搬実演、
会員各氏の作品などです。

また、大型乗用鉄道模型と
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)を
趣味として楽しんでいる方々や
これから楽しみたいという方々との相互交流と
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)の魅力を
より多くの方々に知って頂くことを目的に、
大型乗用鉄道模型(てトロ127形・てトロ381形)の
体験運転を会場にて実施します。

なお、当倶楽部が実施する「体験運転」に
使用する車両及び設備(線路)は
あくまでも個人が自己責任のもとで
自宅で庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)を
楽しむために作られたものなので、
遊園地やテーマパークの
ミニ鉄道のような遊戯施設ではないことをご理解の上、
当倶楽部の「体験運転」に参加した結果、
何らかの不利益や損害などを被られた場合でも、
日本鉄道模型の会(JAM)及び
八木軽便鉄道倶楽部は
いかなる賠償責任も負えないことを
予めご同意いただいて、
「体験運転」をお楽しみ下さい。

また、今年は、大型であるがゆえの危険性も指摘しつつ、
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)を
自宅でいかに安全に楽しむかということについても、
実演を交えて紹介していきます。

大型乗用鉄道模型や
庭園鉄道(自家用実用鉄軌道)について
ご不明な点などございましたら、
スタッフにお気軽に
お声をかけていただけたら幸いです。
多くの方々のご来場を心からお待ちしています。

【体験運転(無料)予定時刻】
10:30~11:30
14:00~15:00(最終日13:30~14:30)
16:30~17:30(最終日15:30~16:30)

※変更する場合あり

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

とりあえずYLRCの出展決定!
JAM(日本鉄道模型の会)
第11回国際鉄道模型コンベンション

Jam20081001m
2009年第10回国際鉄道模型コンベンションより

JAM(日本鉄道模型の会)のMP分科会事務局から、
「プレゼン審査の結果、貴殿の作品の2010年
第11回国際鉄道模型コンベンションへの
参加をお願い致します。」
というメールで届いた。

というわけで、まだスペースなど
具体的なことはよくわからないが、
とりあえず、八木軽便鉄道倶楽部(YLRC)の
JAM第11回国際鉄道模型コンベンションへの
出展にGOサインが出た。

ちなみに、出展予定内容は、
以下の通りであるが、
スペースなどの諸般の事情で
変更を余儀なくされる場合もあるので、
今後、出展内容の詳細については、
決まり次第、順次お知らせしていくつもりである。

何はともあれ、倶楽部の代表として
ホッと一息である反面、
また、今年も暑い夏がやってくるんだなーと
今からワクワクドキドキである(笑)。
そんなわけで、今年も宜しくお願い申し上げます。

Jam20081002m
2009年第10回国際鉄道模型コンベンションより

【当社倶楽部のプレエントリー内容】
出展名→八木軽便鉄道倶楽部
ゲージ・スケール→15インチゲージ、5インチゲージ
出展内容
大型乗用鉄道模型で楽しむ自家用実用鉄軌道(庭園鉄道)の魅力を、
人力動車とバテロコ機関車の体験運転、
作品の展示及びデモ走行で紹介。
希望ブースタイプ→屋外
一言アピール→乗用鉄道模型で楽しむ自家用実用軌道(庭園鉄道)の魅力

【第11回国際鉄道模型コンベンション】
開催日:2010年8月20日(金)~22日
場 所:東京ビッグサイト西4ホール、屋上展示場
搬入日:2010年8月19日(木)
撤収日:2010年8月22日(日)

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

コンベンションの
屋外エントリーは5団体!
第11回国際鉄道コンベンション
MP部門の
ブースサイズ別エントリー状況判明!

Mptop01

JAM(日本鉄道模型の会)
第11回国際鉄道模型コンベンションの
MP(モデラーズ・パフォーマンス)部門の
ブースサイズ別エントリー状況がアップされた。
それによると、屋外ブースでは、
5団体が申請していることが判明した。

昨年の出展団体と
今年のMPプレエントリーの状況を見る限り、

15.八木軽便鉄道倶楽部
24.新機区
25.市川蒸気鉄道クラブ
31.OSLSC関東

当社倶楽部を含めて上記の4団体が
屋上ブースだとは思われる。
当社倶楽部を覗けば、
いずれもレギュラー出展の
5インチゲージ、
7.5インチゲージの重鎮である(汗)。

Mptop02

それ以外には、
ituncle氏の
「6.Tsudanuma Indoor Railway」が、
すでにGゲージと合わせて
5インチゲージのペパクラC62等の
出展を表明されていることと
Hidepon Works氏の
「32.田中秀樹 --Hidepon Works--」が、
5インチゲージあるいは
15インチゲージ?の車両を
出展される可能性があるが、
レイアウトまで自前で出展されるかどうかは
これまた不明である(謎)。

なので、屋外ブースの
残り1団体のエントリーが
どの団体なのか?が
今ひとつ読み取れない所である(汗・笑)。

Mptop03

なお、プレエントリーの記入要領と
プレゼンテーション用紙は、
JAMの以下の頁(MP-TOP)から
ダウンロードできるようになっていた。
出展要項では、屋上ブースの
サイズ制限は明記されていないので、
これから、3月31日の
プレゼンテーション用紙の
提出締切に向けて
当社倶楽部の社内掲示板等を通じて、
倶楽部の会員の皆々様と相談しながら、
事務局の審査通過を目指して
具体的な出展内容を詰めていきたいと思う。

当社倶楽部の会員の皆々様、
参加者、作品、アイデア大募集中なので、
宜しくお願い申し上げます。
また、当社ブログの読者の皆々様、
実現可能かどうかは別にして、
何か希望やアイデアがありましたら、
当社宛にコメントなり
メールなりをいただけたら幸いです。

Mptop04

MP-TOP
http://www.jam.gr.jp/mp-top.html

第11回国際鉄道模型コンベンション
開催日:2010年8月20日(金)~22日
場 所:東京ビッグサイト西4ホール、屋上展示場
搬入日:2010年8月19日(木)
撤収日:2010年8月22日(日)

【ブースサイズ別エントリー状況】
Aブース(間口2.5m× 奥行き2m・代金¥5,000)
21組(募集ブース数24組)
Bブース(間口3.5m×奥行き2.25m・代金¥5,000)
13組(募集ブース数12組)
Cブース(間口5.25m×奥行き2.25m・代金¥8,000)
12組(募集ブース数16組)
Dブース(間口3.5m×奥行き6m・代金¥12,000)
17組(募集ブース数12組)
Eブース(間口7m×奥行き6m・代金¥25,000)
8組(募集ブース数5組)
Fブース(間口12.25m×奥行き6m・代金¥40,000)
2組(募集ブース数2組)
屋外<屋上>(展示スペースに規定なし・代金¥10,000)
5組(募集ブース数に規定なし
合  計→78組
※屋内展示は原則として変形サイズの
 対応はできないことになっているが、
 逆に、屋外展示は展示スペース代金は
 規模にかかわらず一律となっているので、
 サイズは交渉次第ということか…!?

【最新エントリー・リスト】
出展名 (2月18日午前11時現在。申し込み順)
1.開成学園 模型部
2.鉄ちゃん倶楽部
3.B-net
4.欠伸軽便鉄道
5.林 信之
6.Tsudanuma Indoor Railway
7.チ-ムおやびん
8.ふれあい鉄道開発室
9.Railway Fan Club(RFC)
10.IHTモジュール倶楽部
11.レイアウト仕業人Kenと美女軍団
12.奥武蔵鉄道道楽会
13.ポッポ屋
14.鉄道模型の運転制御
15.八木軽便鉄道倶楽部
16.うみ電★やま電
17.「ジオつく」
18.モデルアイゼンバーンクラブ
19.結伝杜
20.宮崎正雄・小池令之
21.井上・星野
22.渡辺隆
23.日台鉄路愛好会
24.新機区
25.市川蒸気鉄道クラブ
26.東海道線物語(神奈川運転倶楽部)
27.Nゲージ鉄道横浜
28.NAMRAC
29.千樹会
30.昭和の街角
31.OSLSC関東
32.田中秀樹 --Hidepon Works--
33.Terminal Bahnhof Verein
34.花里 寿幸
35.くらぶ たぁみなる
36.JMLC
37.深谷 宏
38.VISTA工房 若原 暁
39.HOMP Hawaiian Pacific Railroad
40.柴田 出海
41.Hitrack N グループ
42.HMC
43.飯田靖彦
44.伊勢参宮鐵道
45.TT9クラブ
46.横浜ライブスチームクラブ
47.超デスクトップレイアウトII
48.日大豊山鉄道部
49.小松商店街鐵道
50.日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部
51.TJ倶楽部
52.おもちゃ博物館 鉄道模型の会
53.NGJ(ナローゲージジャンクション)
54.ブリキワールド
55.西部文理大学
56.小泉 美紀
57.ローガンズ
58.芝浦工業大学中学高等学校鉄道研究部
59.Hbf
60.特攻野郎Bチーム
61.多摩あかつき鉄道
62.蘇我臨鉄クラブ
63.American N scale Association
64.モカミワークス
65.早稲田大学理工学部職員鉄道模型同好会
66.ディアス・デイヴィッド
67.箱庭日和
68.矢部 高宏
69.峠の駅 Season3
70.吉野伸志
71.長島 賢
72.東京運転クラブ
73.久保幸夫
74.麻布学園鉄道研究部
75.関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究会
76.Japan Railway Model Sound
77.武蔵高中鉄道研究部
78.成城学校鉄道研究部

以上78組

| | コメント (4) | トラックバック (0)