雑記

2012年2月16日 (木)

安全をとるか?価格をとるか?
屋内用カセットガスストーブを購入

Iwatani01

仕事柄暖房のない場所で
作業をすることも多いので、
非常用ということで、
先だって、最近流行のカセットガス式の
小型ガスストーブを購入した。
今回購入したのは、
イワタニ(岩谷産業株式会社)の
カセットガスストーブ
CB-STV-1である。

Iwatani02

イワタニのストーブの一番の特徴は、
カセットガスストーブの
殆どが屋外専用であるのに対して、
不完全燃焼防止装置など、
万が一のトラブル時にも、
ガスを自動的に遮断する安全機能を搭載し、
屋内用となっていることである。

まー、その分、屋外用が
3千円台で購入できるのに対して、
その3倍くらいの価格である。
でも、今回は、「非常用・防災用」として、
特別予算が計上されたので、
小遣いを取り崩さずに済んだのである。
それも「屋内で使用できる」という
キャッチフレーズのお陰である。

では、価格の安い屋外用を
屋内用として使用したらどうなるのか?
それは当然メーカー保障外である。
毎年、冬になると、
必ずと言っていいほど、
不完全燃焼による
一酸化炭素中毒が発生している。
まー、理屈から言えば、
確実に完全燃焼させることができれば、
起こりえないわけだし、
きちんと換気されていれば、
未然に防ぐことは可能なわけだが、
不完全燃焼しているかどうかは、
なかなか素人が見ただけでは判断できないし、
気がついた時には体が動かなくなっている
というのがよくあるケースである。

つまり、屋内用としての各種安全装置が
ついていない屋外用を屋内用として
使用するということは、
非常にリスクが高く、
万が一事故に見舞われたとしても、
「自己責任」であって、
メーカーの保証も得られないし、
不幸にして失った命は、
二度と戻らないということである。

そもそもきちんとした
安全装置を搭載した設計になっていたとしても、
稀に製造段階での不良や
使用条件や経年変化などによる
故障はつきものである。
なので、仮に正しく使っていたとしても、
安全装置がついていても
壊れる時は壊れるわけである。

その部分では、どんな製品でも、
100%安全ということはあり得ないし、
「屋外用」を使ったとしても、
ストーブの構造そのものは
基本的に大差ないわけだから、
それなりに管理すれば、
「屋内用」として使用できないこともないとは思う。

しかし、それはあくまでも「自己責任」でやることだし、
命のリスクがより高まることを
覚悟しての使用になるということだし、
当然のことながら、事故が起こっても
メーカーの補償は得られないことになる。

もっとも「屋内用」を使って事故にあって、
メーカーの補償がされたとしても、
失った命が戻ることはないわけではないので、
万が一の事故が発生した場合の
不幸な結末に大差はないとも言えるのだが、
少しでもリスクを回避したいと
思うのは当然である。

まっ、このあたりは、
各自の価値観の違いもあるが、
単純なランニングコストだけの
問題ではないと思う。
はっきり言えることは、
メーカーが推奨する条件以外で使用した場合は、
どんな製品を使用しようとも
「メーカー保障」は得られないし、
万が一、事故を起こしてしまい、
他人様に損害を与えてしまえば、
当然、その損害賠償責任も含めて
すべて「自己責任」ということである。
さて、リスクを冒してまで自己責任でやるか、
それは全て本人次第ということだ。

まー、過信は禁物だが、
私としては、屋外用の3倍程度の価格で、
多少なりとも安全・安心が
ある程度保障されるならば、
安いのかなーとも思った次第である。

ちなみに、ストーブそのものの性能は、
私個人の乾燥としては、
電気式の電熱ストーブ同様、
サブ暖房程度の熱量って感じである。
それでも、ないよりは間違いなくあった方がいいし、
この間、仕事で使った時も大助かりであったことは
言うまでもないので、
「非常用・防災用」としては
実に有効ではないかと思った次第である。

Iwatani03

Iwatani
http://www.iwatani.co.jp/jpn/newsrelease/detail.php?idx=1108

イワタニのカセットガスストーブ
イワタニアイコレクト

http://www.iwatani-i-collect.com/event/CB-STV-1/?banner_id=g1207&product_id=1607

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

焼け石に水(泣)
撒水車と自然の力

Sansui01

9月に入っても酷暑が続いている(泣)。
今週、職場では過酷な丸一日の外仕事(泣)だが、
熱中症対策として
少しでも地温を下げるために、
地面に撒水をすることになった。
しかし、散水栓の調子が悪いということで、
急遽、200リットルの水タンクに、
穴を開けた塩ビパイプを取り付けて、
さらに「ゴリラカート」なる
商品名で売られていた
アメリカ型リアカー?に
2×4材で作った木枠を載せて、
その木枠の上に水タンクを括り付けて
撒水車を作ってみた。
何となくトロッコっぽい感じが気に入っているが、
これで線路を上を走れたら…
なんてすぐに思ってしまうのである(笑・アホ)。

早速、初日から使用してみたが、
「ゴリラカート」は、
耐荷重500kg以上を運搬できるとあったが、
さすがに200リットルの
水タンクを満水状態で運ぶのは、
結構力を要する作業となった(泣・笑)。
いやー、線路のあるなしで
いかに抵抗が違うのかを
つくづく実感した次第である(笑)。
とは言いながらも、
日本のリアカーからすると、
随分、きゃしゃな作りに見えるのだが、
かなりガッチリとした働きをしてくれた。

結局、初日は、12回給水したので、
2.4トンの水を撒いたことになるが、
なんせ約1ヶ月以上もほとんど
雨らしい雨が降っていない地面は、
カラカラだし、日射しも強いので、
撒水する水は、瞬く間に蒸発してしまい、
まさに焼け石に水であった(泣)。
まっ、それでも撒いた瞬間は、
一瞬気化熱でほんのちょっと涼しくなるし、
裸足でヤケドする
なんてことにはならずにすんだのだが…。

それこそ、夕立などで一雨降れば、
あっという間に
地面が水たまり状態になることを考えると、
自然の力のもの凄さを
改めて実感したし、
特に、昨日の午後3時過ぎから
降った台風の雨は、もの凄かったし、
あんな風に一度に降らずに、
定期的に降ってくれーって感じだった(泣・笑)。

そんなわけで、昨日は、
台風のエネルギーを目の当たりにして、
たった1人の人間ができることなんて
本当にちっぽけなことしかできないんだなーって
つくづく思い知らされた次第である(泣・笑)。
でも、この撒水車、作ったはいいけど
このあとどうする…!?(笑)

【商品名】
ゴリラカート
(ガーデンダンプカート/ガーデンカート/リアカー)

【メーカー】
Gorilla Carts

【デザイン/製造】
アメリカ/中国

【サイズ】
高さ約64cm×横約107cm×奥行き約58cm
(荷台部分約100cm×53cm×H25cm)
重量31kg

【耐荷重量】
1.000lbs/約453kg/ 約 180 kg (ダンプ能力)

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

救世主「ジクロテクト」!!
筋肉痛が一晩でほぼ解消!

Photo

実は、先週、本業での
長時間のパソコン業務が祟って、
背中・肩・胸がガチガチになったので、
いきつけの整体に行った。
お陰で、背筋が伸びて実に良かったのだが、
逆に、今まで縮んでいた
肋骨まわりの筋肉が伸ばされ、
それ以来、ちょっと動いただけで、
机の上から床に背中から
落ちた時のような激しい痛みが走り、
ほとんど肋間神経痛状態に…(泣)。
というわけで、今週は、肋骨まわりの筋肉が、
ホントに殆どの動作の時に使われることを
体で体感する羽目となったのである(泣)。

そんな時に、同僚のK氏が、
筋肉痛には「ジクロテクト(第1類医薬品)」が
絶対に効くと言われたので、
昨日、薬局に行って、
ジクロテクトゲル(大正製薬)と
ジクロテクトテープL(大正製薬)を
買いに行ったのである。
(ちなみに、ジクロテクトは、
薬剤師が購入者に医薬品の利用法についての
説明義務がある第1類医薬品なので、
薬剤師が常駐する薬局でないと買えない医薬品である。)

早速、試してみたところ、
これが本当によく効いて、
今朝は絶好調であった。
(多少痛みは残っているが、
息ができないような痛みはなくなっていた。)
いやー、それにしても筋肉痛が
一晩でほぼ解消するなんて
「ジクロテクト」恐るべしである。
まさに私にとっては
救世主「ジクロテクト」である(涙・笑)。
K様には本当に感謝、感謝である。
ありがとうございました。
それにしても、歳はとりたくないものである(泣・笑)。

ちなみに、「ジクロテクト」であるが、
これはあくまでも私には効いたという話であるし、
私は医者でも薬剤師でもないので、
あらゆる筋肉痛に効くとか、
あらゆる人に効くと言い切れるものではないので、
もし、同様の症状が出ている方が
使用する場合は、
きちんと医師や薬剤師に相談の上で、
利用して下さいね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

土いじりはダメ…!?
まもなく冬土用入り!

Doyou01

例年、この時期になると、
「土いじりはダメ」
とばあばに言われる。
理由を聞いても、
とにかくダメの一点張りである。
そこで、どうしてダメなのか
いろいろと調べてみた。

ばあばの戒めの言葉は、
どうやら中国から伝わった
陰陽五行説の考え方が
もとになっているようだ。

陰陽五行説では、
全ての自然界の事柄を
木・火・土・金・水の5つに分類して考え、
春は「木気」夏は「火気」
秋は「金気」冬は「水気」と割り当て、
残った「土気」は季節の変わり目である
立春・立夏・立秋・立冬の
前18日間を「土用(「土旺用事」の略)」
と呼ぶのだそうだ。

その土用は、土を司る神、
土公神(どこうじん・どこうさま)が
支配する期間で、
土の作用(エネルギー)が強くなるのだそうだ。
土公神は、季節によって遊行するとされ、
春は「かまど」、夏は「門」、秋は「井戸」、
冬は「庭」にいるとされているそうだ。
遊行している季節ごとに
「かまど」・「門」・「井戸」・「庭」に関して
土を動かす工事を行うと土公神の怒りをかい、
祟りがあるとされているそうだ。

なので、人々の間には
土公神の祟りを恐れて、
「土いじり」は、もちろんのこと
土を掘ったり、柱を立てたり、
基礎工事をしたり、壁塗りをしたり、
井戸掘りをしたり、土葬はしたりなど
初めて土を動かすことや
殺生を忌む習慣ができたそうだ。
ただし、土用に入る前に着工している作業は
土用中も作業を続けることは差し支えないようだ。

更に調べていくと、このような習慣にも、
ちゃんと抜け道があることもわかった。
土用の日は18日間×4=72日間もあるので
これでは、仕事にならないということで
「間日(まび)」が設けられているのである。

この間日には、土公神は
天上界に招かれ宴会をなさるそうなので、
下界の出来事にも
目をつぶってくださるというわけだ。

ちなみに季節ごとの土用の間日は、
干支で決まっていて、2010年は、

【冬土用】1/17~2/3
1/17(卯)・1/19(巳)・1/28(寅)
1/29(卯)・1/31(巳)
【春土用】4/17~5/4
4/17(酉)・4/25(巳)・4/26(午)
4/29(酉)
【夏土用】7/20~8/6
7/21(申)・7/28(卯)・7/29(辰)
8/2(申)
【秋土用】10/20~11/6
10/24(未)・10/26(酉)・10/28(亥)
11/5(未)

の日に当たるそうだ。

土用にまつわる習慣が
生み出された背景には、
「土用中は季節の変わり目であるため、
農作業など大仕事をすると
体調を崩しやすい」という
先人からの戒めの言葉というわけだ。

なので、土用の期間は、
土をさわらない。
木を植えたり、
土いじりをすると腰を痛めるそうだ。
また、喧嘩をしたり、言い争いをしても、
泥沼になってまとまらないそうだ。
また、新しいことを始めても
続かずうまく行き難いそうだ。
引越し・旅行もタブーで、
遊びに行くときは、日帰りに限るそうだ。
生ものや冷たいものも、
体調を崩しやすいので気をつける。
というわけだ。

まー、このような戒めの言葉は、
迷信と言ってしまえばそれまでなのだが、
確かに季節の変わり目に無理をすると、
体調を崩すのも確かだし、
長年続けられている習慣を
「迷信だから」と排除するのは
難しいのも確かだし、
とりあえず、我が家では、
地権者であるばあばの言葉は、
ある意味、土公神様の祟りよりも
絶対的なものなので、
とりあえず、広軌化に向けての作業は、
間日をうまく使いながら行い、
冬土用を乗り切ろうと思う。

【参考】土用と間日の日付計算
http://koyomi8.com/sub/doyou.htm

Doyou02


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

訪問者の皆々様にとって
当社ブログはどんな存在…!?
ブログのアクセス解析結果と
アンケート設置のお知らせ

Touhyou01_2

当社ブログにも、
アクセス解析というものがついていて、
日々の訪問者数やサイト内の
検索状況などがわかるようになっている。
もっぱら自分の備忘録として
作っているブログだが、
やはり見てくれていると思うと、
やはり励みにはなるものである。
そこで、このアクセス解析状況の中から、
当社ブログでは、
「アクセス地域ランキング」、
「人気記事ランキング」
「検索フレーズランキング」
を3つの項目について載せているが、
しばしば意外な結果に驚かされることがある。

ちなみに、「アクセス地域ランキング」では、
1位の東京都の次の2位は、
当社の地元・千葉県(3位)を押さえて、
いつも愛知県が占めている。

続く「人気記事ランキング」では、
かなり古い記事なのだが、
「わが家にニホンイシガメがやってきた」が
いつも上位にランクインしているのである。
また、「検索フレーズランキング」でも、
「ニホンイシガメ」は常に上位を占めているのである。
ということは、鉄道模型やガーデニングよりも、
ニホンイシガメ飼育の方が
メジャーということか…!?(笑)

アクセス地域ランキング(2009年11月8日現在)
1位:東京
2位:愛知
3位:千葉
4位:大阪
5位:神奈川

人気記事ランキング(2009年11月8日現在)
1位:絵本とともに当社の線路も続く!(笑)
   絵本「せんろはつづく」の続編「せんろはつづく まだつづく」発刊!
2位:15インチゲージ線路(50cm)は割安か…!?
3位:15インチゲージ無限軌道ゲット!
   職場の文化発表会に向けて準備始動!
4位:わが家にニホンイシガメがやってきた
5位:いい加減がいい加減…!?
「自家用実用鉄軌道」としての15インチゲージを考える

検索フレーズランキング(2009年11月8日現在)
1位:明野軽便鉄道
2位:ニホンイシガメ
3位:オキザリス 桃の輝き
4位:15インチゲージ
5位:松葉菊

Touhyou02

さて、今回、@niftyの「@nifty投票」という
無料レンタル投票サービスを使って、
当社ブログのどんな部分に
興味を持たれているのかということと
大型鉄道模型の楽しみ方と
やってみたいゲージについて
アンケートを作ってみた。

訪問者の皆々様にとって
当社ブログはどんな存在なのか…!?
当社としても、
来訪者の皆々様がどんな思いで、
当社のブログにご乗車下さっているのか、
ちょっと気になるところである。
訪問者の皆々様、
お暇な時にポチッと
投票いただけたら幸いである。

*なお、3つのアンケートは、
 記事の最下部と左のサイドバーと
 八木軽便鉄道倶楽部ブログ
 左のサイドバーに設置してあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

社長室リニューアル
ココログの設定変更

Newblog

ココログでブログを始めて早2年を過ぎた。
いやー、絵日記すら満足に続けられなかっただけに、
本当によく続いていると思う。

ところで、ココログ(当社が利用しているブログ)は、
年に1回くらい大きなバージョンアップをしている。
しかし、いつもトラブルばかり続いているので、
今までばーじょんにはあまり関心がなかった。

ところが、最近、ココログが
携帯電話からも閲覧できる設定があることを知った。
この機能は、私自身も
時々携帯電話でインターネットを見ることがあるので、
実に便利だと思った。
それから、ブログパーツガーデンなるものがスタートした。
要するに、ブログに天気予報などを追加できるものである。
何と言っても、このブログ「社長室」は、
私にとっては大切な備忘録代わりなのだが、
ココログの標準設定のままでは、
バックナンバーやカレンダーから記事を捜したりするので、
記事の検索が実に面倒でなかなか素早く捜せなかった。

そんなわけで、早速、新機能を使ってみようと思い、
まず、携帯電話からもブログが見られるように、
QRコードの設定をした。
続いて、ブログパーツガーデンから、
ココログ最強カレンダー」、「ココログ最強検索」を設定してみた。
また、アクセス解析機能を公開できるブログパーツから、
「アクセス地域ランキング」、「人気記事ランキング」、
「検索フレーズランキング」を設定してみた。
ちなみに、各ランキングは過去30日間のベスト5を示している。
(更新は1日1回)

いずれの機能も、見ていただく皆々様には、
あまり重要度の高い機能ではないと思うが、
もし、たまたま読んだ記事から
他の記事や過去記事に関心をもたれた時には、
「ココログ最強カレンダー」、「ココログ最強検索」などの機能は、
便利ではないかと思う。
(携帯電話のQRコードはあまり必要性がないとは思うが…。)

早速、検索機能などを使ってみたが、
なかなか便利である。
ということで、各種設定変更と合わせて、
気分転換で画面のデザインも少しリニューアルしてみた。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

散財記念日…!?(泣・笑)

Sanzai01

結婚して丸10年となった。
世間一般では「スイートテン」など言われているそうだが、
私にとってはただの「散財記念日…!?」でした(泣・笑)。
私にとってみれば、あんな小さな石よりも、
ライブスチーム(蒸気機関車)の方が
はるかにうれしいところだが…(笑)。
まー、息子たちもケーキに大喜びだったし、
家内もニコニコだったので良しとしますか(泣)。
小川精機のコッペルが欲しいーっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

お汁粉の食べ過ぎでキーボードがご臨終(泣)

Key_1

1月11日は鏡開きである。
というわけで、朝からお約束のお汁粉を食べる羽目に。

とは言っても、締め切り間近の急ぎの仕事(ボランティア?)。
お汁粉片手にノートパソコン作業をしていたのが運の尽き。
手元が狂ってノートパソコンのキーボードにお汁粉の汁が
ドドッとこぼれてしまった(ガーン・泣)。
急いでお汁粉の汁を吸い取ったりしたが、
もうあとの祭り。
お汁粉を食べ過ぎたキーボードは、
あれよあれよという間に動作不良になってご臨終(泣)。

でも、これから年度末にかけては仕事が集中。
ノートパソコンの修理をすぐに出すわけにはいかない。
どうしたものかと朝から途方に暮れたが、
幸いにもキーボード以外のパソコン本体は無事だった(たぶん)。

とりあえず、外付けキーボードを購入して急場を凌ぐことにした。
何のためのノートパソコンかわからないが、
パソコンを修理するまでは背に腹は替えられない。
しばらく不自由な日々が続きそうである(泣)。
でも、テンキーがついているので
結構これはこれで使いやすいかも…!?(泣・笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)