Nゲージ

2012年1月30日 (月)

夕日町三丁目の街並み
ALWAYS 三丁目の夕日’64
東京タワーの想い出

Tokyotower01

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の
情景フィギュア’64にくわえて、
セブンイレブンでは、
「東京タワーの想い出(タカラトミー)」
というのも売っていて、
2000分の1スケールの東京タワーが入っている。

Tokyotower02
夕焼け調照明LED付の昭和42年以降か?

このシリーズもブラインドパッケージで、
大きく分けて昭和33年完成当時と
昭和42年以降の2種類であって、
それぞれに夕焼け色仕様、クリア仕様、
夕焼け調照明LED付があって、
全部で6種類のラインナップである。
ちなみに、私が手にしたのは、
夕焼け調照明LED付の
昭和42年以降と思われる。

Tokyotower03
旧情景フィギュア(鈴木オート・茶川商店・たばこ屋)

Tokyotower04
万亀堂(情景フィギュア’64)

Tokyotower05
リハツカワイ(情景フィギュア’64)

というわけで、「東京タワーの想い出」と
手持ちの新旧の情景フィギュアを全員集合させて、
記念写真を撮ってみた(笑)。
そして、最後は、情景フィギュア’64の
鈴木オート、茶川商店、万亀堂、リハツカワイと
東京タワーをそれらしく並べて、
夕日町三丁目の街並みを作ってみた。
ただ並べただけだが、
暗くした中で撮影すると、
なかなかいい感じである(アホ・笑)。

Tokyotower06
新旧情景フィギュア

三丁目の夕日の3作目が公開されたばかりだし、
次回作があるのかどうかはわからないが、
さて、こののち夕日町三丁目の街並みは、
どうなっていくのだろう…!?
昭和39年(1964年)以降も
まだまだ元気な昭和は続くが、
私自身の物心が付いた頃の昭和は、
駆けずり回って遊んでいた
田んぼ・畑、野山が、
都市化の波に呑み込まれ、
次から次へと失われていき、
車や工場の煤煙、工場排水や生活雑排水で、
空や川の汚れは深刻となっていった。
それこそ、隅田川は、
幼き頃、「澄んだ川」ではなく、
「真っ黒い川」だから
「隅田川」というんだと思っていた。

Tokyotower07
夕日町三丁目の街並みと東京タワー

果たして、このまま美しい
三丁目の夕日は続くのだろうか…!?
と心配になってくる。
そう考えると、なんか複雑な思いになるが、
きっと夕日町三丁目の人たちは、
そんなことも乗り越えていくのだろう。

Tokyotower08
夕日町三丁目の夕日(夜景?)

ALWAYS 三丁目の夕日
http://1.always3.jp/05/

ALWAYS 続・三丁目の夕日
http://2.always3.jp/07/

ALWAYS 三丁目の夕日’64
http://www.always3.jp/

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

Nゲージサイズで新旧揃い踏み
ALWAYS 三丁目の夕日
情景フィギュア’64

Newold01
鈴木オート(右から1作目・2作目・3作目)

先だって、映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」を観てから、
我が家ではちょっとした
三丁目の夕日ブームとなっている(アホ・笑)。

Newold02
3作目の鈴木オート(赤い車は含まれず)

Newold04
鈴木オート(右から1作目・2作目・3作目)

セブンイレブンで売られている
Nゲージサイズと16番ゲージサイズの
情景フィギュアだが、5箱買ってダブりなしである。
まさにゴッドハンドだが、
こんな所で運を使い果たしたくない所である(笑)。
あと揃っていないのは、トヨタパブリカのみだが、
さてさてどうしたものか…!?
(続・三丁目の夕日の時よりも
販売数量が少ないのか、人気が高いのか…!?
セブンイレブンといっても
どこでも売っているわけではない。)

Newold03_2
親子で組立中

というわけで、親子で組立を楽しんだのである。
そして、早速、前作「続・三丁目の夕日」の時の
情景フィギュアと並べて
鈴木オートと茶川商店の新旧揃い踏みである(笑)。
第3作目(昭和39年・1964年)は、
第1作目(昭和33年・1958年)から
6年が経った設定だが、
随分と建物もグレートアップしたものである。

Newold05
3作目の茶川商店

Newold06
茶川商店(左から1~2作目・3作目)

Newold07
茶川商店(左から1~2作目・3作目)

Newold08
茶川商店(左から1~2作目・3作目)

ALWAYS 三丁目の夕日
http://1.always3.jp/05/

ALWAYS 続・三丁目の夕日
http://2.always3.jp/07/

ALWAYS 三丁目の夕日’64
http://www.always3.jp/

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

「情景フィギュア’64」買っちゃった
「ALWAYS三丁目の夕日’64」
まもなく公開

Dsc09072

「ALWAYS三丁目の夕日」の第3弾
「ALWAYS三丁目の夕日’64」が、
まもなく公開になる。

Dsc09080

今日、仕事帰りにセブンイレブンに寄ったら、
「情景フィギュア’64」(日テレサービス)
なるものが売っていた。
全8種の中身の見えないブラインドパッケージのため、
何が出るかお楽しみということになる。
「試しに1個」ということで、
止せばいいのに思わず買っちゃったのである(笑)。

Dsc09116

早速、開けてみると、
鈴木オート(第1作版)が出てきた。
前作「続・ALWAYS三丁目の夕日」の
情景フィギュアとは同じ鈴木オートでも、
建物の正面向かって右側の部分が違っている。
おまけに今回のパッケージには、
鈴木オートのダイハツミゼット付である。
ちなみに、スケールは、150分の1で、
ちょうどNゲージサイズである。
それにしても、前作とは微妙に違うパッケージなので、
きっとまた買ってしまうかも…(アホ・笑)。
最近、この手のレトロな感じに
コロッと逝ってしまうようになりました。
やはり、歳ですねー(泣・笑)。

Dsc09073

ちなみに、オフィシャルサイトで、
先だって、夕日町住民登録もしてみた。
氏名(ハンドルネーム可)と生年月日、
三択の簡単なアンケートに答えると、
住民票が発行される。
年齢は?ということで、
職業は「板金屋」になった(笑)。
なお、1964年に生まれていなくても、
住民登録は可能で、
その場合、夕日町年齢には、
「まだ生まれていません。」と書かれ、
但し書きに、
「1964年はあなたが生まれる?年前です」
と書かれる。
何はともあれ、公開が楽しみな
「ALWAYS三丁目の夕日’64」である。

Alwyays3_card2
個人情報保護のため、生年月日等を消してあり、
オリジナルではありません

「ALWAYS三丁目の夕日’64」オフィシャルサイト 
http://www.always3.jp/

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」夕日町住民票
http://www.always3.jp/card/index.html

↓乗車の記念に一押しを
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

命を削りながら作った力作
「現物合わせは基本です」の
Nゲージレイアウト

Ndouryou001

10月30日(金)に行われた
職場の文化発表会「秋芽祭(しゅうがさい)」の
当社出展の15インチキ機関車について紹介したが、
同じ会場には、普段はネット上でしか見られない
現物合わせは基本です」の
同僚の○○氏の
「Nゲージレイアウト」も出展されたので、
チラッと紹介したい。
いやー、やっぱりレイアウトとビールは
「生」がいいですね(笑)。

写真を撮影した時には、
すでにお百姓さんが倒れてしまっているが、
こちらも黒山の人集りで、
来場者の大きな注目を集めていた作品である。
レイアウトは、市販のストラクチャーを使いながらも、
神社をはじめ各種小物をスクラッチビルトした
超力作である。

ちなみに、同僚の○○氏も、
この日の出展のために、
自転車などの小物を追加すべく、
度数の高い老眼鏡をかけて、
それこそ自分自身の命を削りながら
(目から血<充血?>を出しながら)、
最後の仕上げに
当日の午前1時過ぎまでかかったそうである(拍手)。
なお、このレイアウトの詳細については、
現物合わせは基本です」の
過去記事をご覧下さい。

それから、同僚の○○氏が、
現在製作中の手回しトロッコは、
まだ未完ということで
今回は出展を見合わされたのが
実に残念であった。
ぜひ次回(あればの話だが…)は、
出展していただき、
当社のインチキ機関車との夢?の競演を
実現して欲しいところである(笑)。

同僚の○○様、
良き目の保養になりました。
ありがとうございました。

Ndouryou002

同僚の○○氏の公式ブログ
「現物合わせは基本です」

http://yellow.ap.teacup.com/bonnow108/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

模型作りにせっかちは禁物
駅舎とホームの工作

Eki01

定期購読の申し込みをしていないので、
いまだ21号までしか買っていない
昭和の鉄道模型をつくる」(講談社)である。
ところで、11月28日(水)に、
駅前に商店街がない矛盾」と題して、
駅前に商店街がないのは
矛盾するのではないかと指摘したが、
結局、そのまま同じに組み立てるのも
おもしろくないと考えた。

そこで、駅舎とホームを
ひとつにまとめることにした。
「昭和の鉄道模型をつくる」のベースとなっている
トミーテックのジオコレは、
低価格なためにゆがみなどが著しい反面、
反面、材質が柔らかいので、
カッターなどで簡単に加工できるのが利点である。

と言うわけで、加工は順調に進んだのだが、
調子に乗りすぎて、
カッターで景気よく切断したり、
削っていたら、つい手元が狂って、
左手の指の先も一緒に切ってしまったのである。
しかも、立て続けに2箇所も…(泣)。
最大の原因は、完成を急ぐ余り、
せっかちに削ったことである。

ちなみに、1箇所は、
絆創膏をきつめにとめただけで、
すんなり止血できたのだが、
もう1箇所は爪の先と一緒に、
結構景気よく切ってしまったので、
血が止まらないのである。
そこで、家内の「バッカじゃないの?」
という視線を浴びながら、
お恥ずかしい話だが、近くの救急病院の
夜間診療を駆け込むことに…。
いやー、モデラーの端くれの端くれとは言いながら、
模型作りを趣味とする者として
こんな作業で怪我をするなんて
実にみっともない話である。

というわけで、工作は途中でストップ。
年末年始にいろいろと計画していた
庭仕事や大がかりな工作はしばらくお預けかも…(泣)。
今も、指に巻かれた包帯で、
パソコンがブラインドタッチで
うまく打てず不自由なところである(泣)。
模型作りにせっかちは禁物だと、
改めて思った次第である(猛省)。

Eki02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

駅前に商店街がない矛盾
「昭和の鉄道模型をつくる」
のパネルに思うこと

Dai01

昭和の鉄道模型をつくる」(講談社)
のパネルを組み合わせてみると、
今後、ついてくる建物が
どのような配置で並ぶのかがよくわかる。
このパネルを見ると、
これだけ狭いスペースの中に
いろいろな建物を
実によく配置しているなと感心する。
でも、一方で、駅前(駅舎側)に
メインの商店街がないのが
大きな矛盾点のように思える。

そうは言いながらも、
地方都市に行くと、
街のはずれに駅があるということは
よくあるケースなので、
それも道理と考えてもいいのだが、
「明治」の頃ならばまだしも、
「昭和」という時代の街並みと考えたら、
やはり駅前にメインの
商店街があって欲しいものである。

まー、そんなことを言うならば、
そもそもこんな狭いスペースに
詰め込むこと自体が
矛盾とも言えるのだが…(笑)。

さて、いかにして、
この矛盾を解消すべきか…!?
いろいろと悩むところだが、
この限られたスペースの中で、
建物や線路を並べながら、
あーでもないこーでもないと考えるのも
なかなか楽しいものである(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

キハ41000(キハ04)の動力化
ワンマイル・Nゲージ
リアルダイキャストシリーズ

Kiha0401
(写真1)動力化後のキハ04

当社のNゲージのミニレイアウトは、
トミックスミニカーブを使用しているので、
5インチゲージの庭園鉄道同様、
入線できる車両が限定される。
当然のことながら
20m級の車両は入線不能である。

Kiha0402
(写真2)下回りの比較

ということで、ワンマイル
リアルダイキャストシリーズの
新製品として発売された
キハ41000(キハ04)
国鉄気動車標準色を
今回新しく買ってきたのである。
ただ、この製品は、動力なしの
ディスプレイモデルなので、
トミーテックの15m級動力ユニット
TM-04を使って動力化することにした。

Kiha0403
(写真3) キハ04の別パーツ

写真2の上がワンマイルの下回りで、
写真2の下がトミーテックの動力ユニットである。
見てもらうとわかるように、
トミーテックのものは車長が短い上に、
台車位置や台車幅が違っている。
幸い車長については、写真3の別パーツが
ワンマイルの製品に同梱されている。
ただ、そのまま取り付けようとしても、
写真4の赤い部分の窓ガラスが
動力ユニットとぶつかるのと、
車幅が微妙に広いので、
写真5のように動力ユニットが
出っ張ってしまうのである。

Kiha0404
(写真4)窓ガラス

そこで、窓ガラスの赤い部分を
カッターでカットする(4箇所)とともに
動力ユニットの車幅をほんの少し
ヤスリで削ったのである。
そして、最後に、鉛のおもりを
削り取って写真6のように取り付け、
空いたスペースに、キハ04の床下から
取り外した床下パーツを
それらしく取り付けて完成である。

Kiha0405
(写真5)未改造のまま取り付けた動力ユニット

厳密に言えば、台車位置・車幅が違うので、
それも改造しなくてはいけないのだが、
それではお気楽改造にはならないし、
私としてはそれらしく見えればいいので、
そのままとした。
正直なところは、そんな難しい改造は
当社の技術力では無理なので…(泣・笑)
早速、ミニレイアウトを走らせてみたが、
ボディがダイキャスト製ということもあって、
トミーテックの鉄道コレクションよりも
なかなかスムーズな力強い走りである。
おまけに、気動車はレイアウトに
架線柱を立てる必要がないのもメリットである。

Kiha0406
(写真6)改造後の動力ユニット

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

建築ラッシュ
街コレ・甲州街道編

Stetudou07

日通営業所の組み立てに
味をしめた正美が、
「おーちゃん、他にもないの?」
と聞いてきた。
仕方なく、先々どこかで使えるかも…と思って
ストックしておいた
街並みコレクション(トミーテック)の
第6弾「甲州街道編」の中から
1つ取り出したら、
正美は、ニコニコ顔で組み立て始めた。
まだ細かいパーツの組み立てはできないが、
箱にすることはできるので、
正美もおもしろいらしい。
程なく組み上がると、
「もう1つ作ろう」と始まった。
「そんなに作っても置く場所がないよ」
と言うと、
家内は、横目で見ながら、
「捨てちゃうぞー」と一言。
でも、正美はそんな言葉にどこ吹く風で、
「いいよ、いいよ」と作り続けたのである(笑)。
そんなわけで、しばらく
建築ラッシュが続きそうな当社である(笑)。

Stetudou08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

横取りされた日通営業所

Stetudou05

ここ数日で買い集めた
トミーテックのジオコレたち。
昨日、日通営業所を組み立てようとしたら、
正美が、「ミーが組み立てる」と言い出し、
私から、日通営業所のキットを
横取りして組み立て始めた。

こちらは、冷や冷やしつつも、
なんせ記号に合わせて
組んでいくだけなので、
正美でも大まかなところは
組み立てることができた。
最後は、私が微調整して完成である。
正美は自分が作ったと大満足。
私自身は、
「うっ、私の作る楽しみは…!?」
とは思ったが、
鉄分注入の撒き餌になるなら、
まっいっか!という感じである(笑)。

Stetudou06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

久々のプラモ作り
GM「火の見櫓」

Hinomi01

今日は、昼過ぎまでは本業だったが、
それ以降は久しぶりに時間が取れたし、
息子たちは家内と一緒に出かけていたので、
グリーンマックスから出ている
「火の見櫓」を組み立てて、
命の洗濯をすることにした。

ジオコレのキット形式とは言いながらも、
接着剤がほぼ不要で組み上がるのに対して、
グリーンマックスの「火の見櫓」は、
完全なキット形式のプラモデルである。
プラモデルなんて高校以来作ったことがないので、
プラモデル作りなんで本当に久々である。
思えば、あの頃は、田宮模型
35分の1の
ミリタリーミニチュアシリーズのプラモを
何度作っては壊したことか…。
(今でも物置の片隅に
作っていないキットがいくつも残っているが…。)

そんなわけで、プラモを作るための
工具や塗料などはすでにないので、
工具・筆・塗料・スプレーなどを
改めて買ったのである(散財)。
それこそ、「火の見櫓」1つ組み立てるために
いくらかかったことか…(泣・笑)。
まー、作ることそのものが楽しみと考えれば、
多少の出費は致し方ないところだろう。
とは言うものの、数が少なければ、
ジオコレのような塗装済みキットとか、
完成品の方が安上がりなのは確かである。

などと文句を言いつつも、
木材や金属を使っての工作から比べれば、
はるかにお気楽なプラモ作りを
大いに堪能したのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)